QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

人民は二度死ぬ

一度は手を抜き金を抜く怠惰で強欲な役人によって、二度目は、面子に囚われる無能で頑迷な軍人によって。

  【中国・大地震】 「日本隊、早く帰れよ」「日本が生存者を発見したらメンツが」…日本の援助隊に、軍は不快感(痛いニュース)


 

17日、日本の援助隊は青川県の被災現場で活動したが、軍の兵士の1人は「あれは日本隊だろ。早く帰れよっていう感じだ」と口走った。それ以外にも不快感を示した救助関係者もいた。

ある中国筋は「軍が仕切る現場で日本隊に生存者を発見させると思うか?」と話す。日本の援助隊に中国側が指定した被災現場は、すでに捜索を終えたか、あるいは巨大な土砂崩れで埋まり、中国側も救助などは「無理」だと判断した小学校だった。同筋は「軍などがいったん捜索し救助活動をすでに終えた現場で、もし日本隊が生存者を発見したら、それこそメンツが立たない」ともいう。

それでも日本の援助隊が生存者を救出すれば、日中関係の改善にはプラスとなる。
現場の軍関係者などによる感情の吐露は、日本から援助隊を受け入れる土壌が整って
いないことを浮き彫りにしている。(前部略)
http://sankei.jp.msn.com/world/china/080518/chn0805182104011-n1.htm


まあそんなところだろう。
「日本の援助隊に中国側が指定した被災現場は、すでに捜索を終えたか、あるいは巨大な土砂崩れで埋まり、中国側も救助などは「無理」だと判断した小学校だった。」わけだしね。
日本人が生存者を発見した日にゃ軍の面目が立たないというわけだ。くだらねえ。
日本の救助隊受け入れについても政府内でかなり綱引きがあったみたいだしね。


   激震地に核施設と労働改造所…権力の空白生じた北京(東アジア黙示録)

「人民解放軍や武装警察の部隊が犠牲を恐れず救援にあたる感動的な場面や、復旧に取り組む当局の活動を強力に宣伝しなければならない」

党中央政治局常務委員の1人でプロパガンダ担当の李長春は12日の会議でハッキリと、そう指示した。
(中略)

我が国からの人的支援は、14日朝に拒絶された後、翌日に一転して受け入れる方向で動いた。その裏事情を、報道規制に憤慨したシナ人記者が告発している。

それによれば、温家宝らは受け入れに前向きだったが、反対派によって2度も否決されたという。反対理由は「被災地の詳細な情報や現場指揮の効率の悪さ」を指摘される可能性がある為だった。



温家宝に続いて胡錦濤までが現地入りし、国内メディアは人民解放軍の救助活動を殊更にヒロイックに報道する。
中共は政府と軍のイメージのてこ入れに余念が無い。現地ではKYと思われているようだが。


  胡主席ら訪問で救出2時間中断、被災者から苦情…香港紙(Yomiuri Online)

 【香港=吉田健一】17日付の香港英字紙サウスチャイナ・モーニングポストが報じたところによると、四川大地震の被災地を訪問する中国の胡錦濤・国家主席ら指導者に対し、被災者から、訪問歓迎のため救出作業が中断するなど貴重な時間の浪費につながると反発の声が出ている。

 学校倒壊など甚大な被害を受けた四川省北川チャン族自治県では、胡氏が16日に訪問した際、人民解放軍兵士らが胡氏を出迎えたため、捜索・救出活動が2時間にわたって完全に中断したという。

 同県の元中学教員は同紙に対し、「救助隊は学校の門付近でしか作業しなかった。胡氏に同行のメディアが気づいて、写真を撮るようにするためだ」と怒りをぶちまけた。


なんにしても形が大切。そのためには「演出」なんて当たり前だぜ。
ていうか中国人もう黙とうかよ。諦めはえーな。黙とうする前にまだやることがあるんじゃねーのか。
日本人では考えられない感覚だなあ。


  中国中央TV、校舎倒壊現場の黙とうで日本隊に「演出」(Yomiuri Online)

【北川チャン族自治県(中国四川省)=槙野健】日本の国際緊急援助隊が活動していた北川第一中学の校舎倒壊現場では19日、中国全土で一斉に行われた黙とうに合わせ、追悼が行われたが、国営の中国中央テレビの職員が「帽子は取ったほうがいい」「そこの隊はもっと右へ」などと動きを細かく指示して“演出”を図る場面があった。

 この現場には、日本隊のほか、中国人民解放軍や地元消防隊など総勢数千人が参加。同テレビの職員の合図で、一斉にがれきを掘り起こし始め、地震発生時刻の午後2時28分になると、全員が帽子を取って整然と黙とうして見せた。

 日本隊の小泉崇団長は「あんな演出があるとは思いもしなかった」と目を丸くしていた。同隊には19日、「ともに救助活動を取り組んだ場所で黙とうを」と中国外務省を通じて提案があったという。


「とりあえず捜索をしたという形だけを作れば、それでOKなんじゃないの?」ていうことか。
72時間で帰っちまうしな。アリバイさえあればメンツは立つと。

土石流などの二次災害を避けるために成都に戻った日本隊は帰国の準備に入るようだ。なんにしても無事に帰国することを願う。
日本政府は入れ替わりに医療チームの派遣を検討しているそうだ。

現地はこれから雨が増え6月下旬から雨季に入る。負傷者に加え、感染症、鳥インフルエンザ、さらには周囲の化学工場、核施設からの漏洩物質による障害の恐れもある。中共政府は否定しているが。
現地に行く人達には頑張ってほしいけど、「日本人が治療したから助からなかった」とか妙なネガティブキャンペーンに巻き込まれないといいな、と思う。

それにしてもこれまで震源地から西(すなわちチベット方向)の情報が全く出てこないのが不気味だな。
被害が無いなんてことがあるわけがないわけで。
中共政府が隠蔽しているに違いはないだろうけど。さぞ酷いことになってんだろうな。
平素彼らを虫けらのように弾圧する人民解放軍が災害のときだけ真摯に救助する、なんてことがあるわけないし。
上の「東アジア黙示録」さんの記事にもある労働改造所の収容者と同様に元からいなかったものとして処理されるんだろうなきっと。
  1. 2008/05/19(月) 23:24:51|
  2. 中華人民共和国ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


Transcend T.sonic 520>> | ホーム | <<窃盗犯謝る

コメント

石原が台湾で言ってた四川は原爆製造のメッカだから、援助隊の導入が遅れたってホントだろうか?
  1. 2008/05/20(火) 12:30:44 |
  2. URL |
  3. 阿呆 #-
  4. [ 編集]

>>阿呆 さん
四川省の西の方は外国人立ち入り禁止になってるそうですから核施設がヤバイのを隠蔽してる可能性もありますが、援助隊に関しては単純に面子の問題だと思いますね。
  1. 2008/05/20(火) 22:43:33 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2265-4f2f0c04
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。