QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

キーマカレーふたたび

キーマカレー再びいちごと同じ店でトマトも安売りしてたので買ってまたキーマカレー作ってみた。
ちなみに大6個で100円だった。



 
 
みじん切りトマトトマトもいちご同様熟れ熟れの痛みかけだった。
傷んだ部分を取り除いてひたすらみじん切りというかざく切りにする。実はどうせ煮れば崩れてしまうので皮が1cm角以下程度になるように切る。皮はいくら煮ても崩れないし切れないから(消化もできないけど。)
土鍋には入りそうになかったのでワンサイズ大きめのホーロー鍋を久々に引っ張り出してみた。大6個切ると結構一杯。
トマトが多めなので今回は鶏肉も大きめのにしてみた。
 
1.とり胸肉2枚(600g)は皮をはずしてみじん切りにする。
2.タマネギ大1.5個、トマト大6個、ニンニク、しょうが(大きめ)各1片をみじん切りに、鷹の爪1を種ごと輪切りする。
3.鍋にトマトと鷹の爪、コンソメキューブ2、タマネギのスープベース1個分を入れて中火-弱火で煮詰める。
4.はずした鶏皮を適当な大きさに切り中華鍋でカリカリになるまで中火-弱火で脂を出す。
5.鶏皮を取り出し(→鶏皮せんべい)、出た鶏の脂でタマネギが狐色になるまで弱火で根気よく炒める。
6.さらにニンニク、しょうが、鶏肉を入れて色が変わるまでほぐしながら中火でよく炒める。
7.肉の色が変わってきたら、カレー粉大さじ1、ガラムマサラ小さじ1、クミンシード小さじ1、胡椒適宜を加えてさらに炒める。
8.7の中身を3の鍋に入れ、さらに白ワイン大さじ1で中華鍋の鍋肌を洗って鍋に加える。
9.塩、レモン汁等で味を整えつつ、好みの固さになるまで煮詰める。

えー、今回はとりあえずここまで。味見はしたけどまだ食ってない。実はここまでで2時間半かかってる。
こいつはひたすらみじん切りと煮込みの料理なので。何か痛いなと思って見たら人差し指の付け根に包丁ダコ出来てたよ(笑)。
実はトマトを煮つつひたすら他の具をみじん切りしててトマトをちょっと焦がしたのは秘密だ。
ホーローだと土鍋より焦げやすいみたい。注意。
フードプロセッサとかあれば切るのはすぐ終わるだろうけど。それも何だかねえ。圧縮されたガンプラのようで(笑)。

コンソメキューブとともに先日カビかけた新タマネギ1個を(傷んだ部分は当然取り除いて)バターでひたすら炒めてスープベースにしておいたのでそれも投入。新タマネギってサラダとか美味しいしいいんだけど痛みやすいのが難なんだよな。でもこの時期は普通のタマネギより安いし。

前回小さなフライパンで面倒だったので、今回タマネギととり肉を炒めるのは中華鍋で一気に。
この方が楽でいいや。ビバ中華鍋。

鍋に投入すればあとは時間が料理を作ってくれるわけで。だから煮込みとかって好きさ。
でも今回は煮詰めるのが面倒だったので画像ぐらいの粘度で火止めた。ちょっとドロッとした感じ。

前回食ったときに、インドカレーっぽさはクミンとショウガかな、と思ったので今回多めにしてみた。
甘みがもうちょっと欲しいかな、と思っていちごソース入れたら、味はいいんだけどいちごの甘い香りがほんのりと漂って、なんかけったいなカレーになった。いちごカレー(笑)。

副産物鶏皮せんべい副産物の鶏皮せんべい。
実は今回冷凍してたのと合わせて4枚使用した。
鶏皮4枚がこんなちょっぴりに。
鶏皮にいかに脂肪分が多いかわかるよね。信じられないぐらい脂出るしな。
こいつはビールでもありゃサイコーなんだろうが、下戸のオレは水飲みながらぱりぱりと。

しかし歯が痛いってーのに、こんなに大量に刺激物作っていいのか?
いいんです。いざとなりゃ冷凍できるし。
  1. 2008/06/15(日) 00:45:42|
  2. 食べ物 - 作ったもの/レシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


いちごジャム再び>> | ホーム | <<手を合わせてきました。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2305-6ee3802f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。