QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

FeliCa終了のお知らせ

また冬柴か!偽造されるに決まってんだろ。

  日中韓 共通IC乗車券実現へ(NHKニュース)


 

日本と中国、それに韓国は、観光客などの往来を拡大するため、3か国の公共交通機関の運賃の支払いを、同じIC乗車券で行えるシステムを構築することになりました。

これは、23日までの2日間、韓国南部のプサンで行われた、日中韓3か国の観光担当大臣による会合で合意したものです。それによりますと、3か国は、観光客などが、旅行先で、鉄道やバスといった公共交通機関を利用しやすくするため、どの国でも同じIC乗車券で運賃を支払うことができるシステムの構築を目指すとしています。鉄道やバスなどの支払いに使うIC乗車券は、日本にはJR東日本の「Suica」などがありますが、中国と韓国でも、同じようなIC乗車券が導入されています。国土交通省では、まず、韓国との間で、今年度中にデータの処理システムなどの共通化を図って、相互に利用できるIC乗車券を開発し、2011年の本格的な導入を目指す方針です。国土交通省では、実現すれば、世界で初めて、複数の国でIC乗車券が相互利用できるようになり、観光客などの往来の拡大が期待されるとしています。


(゚⊿゚)イラネ!
中韓行かねーし。つーか、関わんなよもう。

>観光客などの往来の拡大が期待されるとしています。
いや、来るな。
これであっちで買った偽造カードが日本の改札で読めなかったら日本のせいにされるんだろうね。
日本オワタ(AA略

このシステムには、日本でSuicaとかで採用されているFeliCaと中韓で採用されているMIFAREとの互換の方式を採用する予定らしい。ちなみにMIFAREはタスポ等でも使用されている国際規格。

日本の観光立国担当大臣は媚韓中売国政党公明党常任顧問の冬柴鐵三国土交通大臣の兼任。
中韓の観光ビザを恒久廃止した同じ公明党の北側一雄の後任だ。
今度は乗車券の共通利用ときたもんだ。


  冬柴鐵三(wikipedia)

在日外国人への地方参政権付与
在日朝鮮人への救済政策
韓国訪問時のブーイング
独立行政法人の改革へ反対
道路特定財源について誤答弁を謝罪
政治資金の収支が4年連続で同額
年金未納


トピックだけ適当に挙げとくから詳細はリンク先を読んでくれ。ちなみに選挙区は兵庫8区。北側は大阪16区。
まあ新しいシステムを立ち上げるということはそこにあたらしい利権が発生するということだしな。


ICカードが偽造され難い、といってもそれは「難い」ということであって、それもあくまで発行元が限定されていて、信用が確実であり、かつ暗号鍵の流出がない、という前提でのことだ。
破られない錠前は無い。
海外ではこんな記事もある。


  地下鉄切符や入場者管理用のスマートカード、ハッキングされる(Wired Vision)

オランダのセキュリティー研究者が、ロンドン地下鉄を終日無賃乗車した。通勤者が運賃精算に使う「スマートカード」を、普通のノートパソコンを使って簡単に模造したのだ。

このハッキング行為は、セキュリティー上の重大な欠陥を指摘している。同様のカードは、数多くの官公庁、病院、学校などに出入りするために使われているからだ。

地下鉄乗車用のスマートカードは『Oyster Card』と呼ばれ、1700万枚以上が発行されている。

ロンドン交通局では、このような悪用は乗客に脅威を与えるものではないうえ、「1回のカード偽造によって得られるものは、せいぜい1日の乗車に過ぎない」と述べている。しかしこの脆弱性は、無賃乗車や、カードに記録されている可能性がある個人情報を盗み出すことだけに留まらない。

Oyster Cardには、安全対策が施された多くの場所に出入りするためのセキュリティー・カードで使われているのと同じ『Mifare』チップが入っている。セキュリティーの専門家は、このような悪用は公共の安全にとって脅威となるため、カードを交換する必要があると指摘する。

セキュリティー・コンサルタントのAdam Laurie氏は『Telegraph』紙に対し、「(Mifareチップの)暗号技術は目的に合っていない」と話している。「非常に脆弱性が高いため、悪意を持つ人間にすぐにでもハッキングされることが予想される。まだハッキングされていなければの話だが」

オランダ政府はこの悪用を真剣に受け止めており、政府の建物の安全対策に使われるスマートカード・システムを改良しているところだという。オランダ内務省は報道記者に対し、「国家安全の問題だ。中央政府レベルの公務員12万人全員のカードを交換している最中だ」と述べている。

『Times』紙によると、[今回の出来事は、もともと、]オランダのラドボード大学研究者Bart Jacobs氏の研究チームが、オランダのある建物に入るためのカードを、普通のノートパソコンで模造したことだという。この方法が成功した後、彼らはロンドンに行って地下鉄で同じ技術を試した。

研究チームは、ロンドン地下鉄で多数設置されているカードリーダーの1つをスキャンして、システムの安全を守るとされている暗号鍵を集めた。

これらの鍵をノートパソコンにアップロードし、いわば携帯型カードリーダーとして機能するようにした。次に、チームのメンバーが別の乗客に軽く接触して、その乗客が持つOyster Cardの情報を無線で獲得した。この情報が手に入れば、これを使って新しいカードを作るのは簡単だった。

Jacobs氏によると、同じ技術を使うことによって、安全対策が施された建物に出入りするためのスマートカードを模造できるという。

Jacobs氏は『Times』紙に対し、「携帯型カードリーダーを持った人物が、従業員に身体をぶつけ、相手になりすますことができる」と話している。「自分の身分証明情報を盗まれても、何かが起こったことにはまったく気付かないだろう。技術レベルでは、いまのところ対処法はわかっていない」


この記事は構築される予定の新しいシステムに互換性を持つというMIFAREが簡単にハッキングされ得るということを示している。ICカードはリーダを持って接近すればハッキングすることも可能なので上記のように知らないうちにハッキングされているということも有り得るわけだ。

セキュリティというのは一般に利用者が少なくかつシステムがクローズドであるほど高くなる。
信用が有るとはいい難い連中にシステムを開放し、被ハッキング実績のあるシステムと互換にする。
正直日本人にとって上記の互換システムはデメリットが大きすぎるだろ。
テレホンカード、オレンジカード、ハイウェイカード、パッキーカードと散々偽造されてきてまだ学習してないのか?
せっかくある程度有効なセキュリティが確保されているのにわざわざ穴を開けようなんて、見識が無いの?馬鹿なの?

ていうか冬柴はヤツラへの利益供与が出来ればそれでいいのだろうけどね。
つーかしっかりしてくれよ兵庫県民と大阪府民。


ネタ元: 【日中韓】共通IC乗車券実現へ(ADON-K@戯れ言)
  1. 2008/06/26(木) 00:00:34|
  2. 愉快な国内政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


これはちょっとかわいいかも>> | ホーム | <<赤信号みんなで渡れば

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2323-d6af755e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。