QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もう詐欺罪適用しろよ。

うなぎのときは食わなければいいかと思ったけど、鶏肉じゃそういうわけにはいかないしな。だから叩く。

  東京・江戸川区の食肉販売会社、ブラジル産鶏肉を国産と偽り学校給食に納入 書類送検(FNNニュース)


 

東京・江戸川区の食肉販売会社が、ブラジルから輸入した鶏肉を「国産」と偽って学校給食に納入していたとして、この会社の社長らが書類送検された。
ブラジル産鶏肉を「岩手県産」と偽り、学校給食用に納入していた食肉販売会社「山形屋」の奥山芳雄社長(65)は、産地偽装を「当たり前」と豪語した。
奥山社長は「(先方に納入する時は何て伝えた?)それは『国産』って言いましたよ。今、みんなそういうふうに多いじゃないですか。だから、食べ物の商売っていうのは、みんな大なり小なり、やってることが当たり前なんだよね、今ね。わたしはそう思うんだけどさ」と話した。
奥山社長は9日、不正競争防止法違反の疑いで書類送検された。
偽装に手を染めてしまった理由について、奥山社長は「量的に間に合わなかったからやった(偽装した)っていうんですよ。国産をやろうと思ったんだけど、品物が対応できないから、何て言えばいいのかなあ、それで一応ブラジル産で間に合わせたの」と話した。
奥山社長は2006年7月、あわせて14回にわたり、ブラジル産の鶏肉1.2トンを「岩手県産」と偽装表示し、千葉・浦安市の給食センターなど3カ所に納入した疑いが持たれている。
奥山社長はその都度、産地証明書を改ざんして提出したという。
奥山社長は「国産という学校からの指示があったんで。だって脂が少ないからね、ブラジル産はね。かえって、その方が良かったんじゃないですか」と語った。
また、当時の相場で、ブラジル産は岩手県産の半値ほどだった。
事件発覚のきっかけは、浦安市にかかってきたある1本の電話だった。
浦安市は会見で、「平成18年(2006年)7月12日の水曜日に、ある業者さんの方から、給食センターの担当者の方に『食品偽装のことで話がしたい』ということで、連絡をいただきました」と話した。
店を畳むという奥山社長は「お得意さん、なくなっちゃったもん。学校関係なんかの。わたしは考え甘かったから。これでもうお店は閉めます」と話した。
皮肉にも、店先には「適正表示の店」の文字があった。
調べに対し、奥山社長は「肉の見分けはつかないと思った」などと容疑を認めている。


>お得意さん、なくなっちゃったもん。
自分が失くしたんだろが。客の信頼を裏切るようなことをしておいてコイツ何言ってんだ。
築くは難く失うは一瞬。それが信用ってもんだろが。
「みんながやってるから自分もやっていい」
「自分が見つかったのは運が悪かった」
か。こういうヤツはどんな商売やってもまた同じようなことすんだろうな。

通常食品の表示偽装などの場合には不正競争防止法違反が適用されるが、こういう事件が起きるたび、詐欺罪が適用されるように法改正して欲しいな、と思う。


  詐欺罪 (Wikipedia)

量刑 10年以下の懲役


たしか5年以上の実刑になれば執行猶予はつかないわけで、このオヤジや「魚秀」の社長のようなバカは皆即刻刑務所にぶち込んでやればいいと思う。
そうすれば「みんなやってる」なんて堂々とうそぶくバカもちっとは減るんじゃねーか。
  1. 2008/07/13(日) 00:18:47|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


バーディーDECODE 2話>> | ホーム | <<Firefox3.0の問題点

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2357-1c0bcc87
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。