QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とりあえずまともな判決

大野病院裁判は「無罪」と、とりあえず妥当な判決でよかったね。
亡くなられた方とその遺族にはお気の毒だとは思うが。


 
それでも医療崩壊は止まらないと思うけど。
この下らない裁判のせいで、産科医、小児科医を初めとする訴訟リスクを嫌う医師はますます逃亡し、そのおかげで死ななくて済んだはずの人間がこれからも死んでいくわけだ。


  産科医に無罪判決 帝王切開での女性死亡事故 福島地裁(asahi.com)

福島県立大野病院で帝王切開手術を受けた女性(当時29)が死亡した医療事故で、福島地裁(鈴木信行裁判長)は20日、業務上過失致死と医師法違反罪に問われた医師、加藤克彦被告(40)に無罪(求刑禁固1年、罰金10万円)を言い渡した。事件は、治療における医師の判断、手術法の選択にまで捜査当局が踏み込んだものとして注目されていた。

 判決では、加藤医師が女性の癒着胎盤をはがした判断と行為について「胎盤をはがさずに子宮摘出に移れば、大量出血は回避できた」としながらも、「胎盤をはがしはじめたら、継続するのが標準的医療。はがすのを中止しなかった場合でも具体的な危険性は証明されていない」と述べ、過失にあたらないとした。異状死の場合、死亡後24時間以内に警察へ届けなければならない医師法違反にも問えないとした。 (中略)

鈴木裁判長は「(検察側が証拠とする)一部の医学書と齟齬(そご)があるために、臨床現場で迅速な判断ができないのなら、医療現場に混乱を与える」と検察側の立証の甘さを指摘した。


医者は神様でないし、どのように手を尽くしても人は死ぬときは死ぬ。医学は万能ではない。
ましてや、亡くなった妊婦は、前置胎盤が判明した際に医大病院への転院を進められたが断り、第3子を望むので子宮も残して欲しいと望んでいたそうだし。
検察は控訴して恥の上塗りをするのだろうか?そこがちょっと心配。


  <大野病院医療事件>判決に被告は安堵 遺族は目を閉じ…(Yahooニュース)

医師の判断に「過失」はなかった--。全国の医療関係者が注目した「大野病院事件」で20日、無罪判決が言い渡された。判決の瞬間、医師の加藤克彦被告(40)は小さく息を吐き、安堵(あんど)の表情を見せた。昨年1月の初公判から判決まで15回の公判すべてを傍聴した被害女性の父渡辺好男さん(58)は前かがみで目を閉じ、聴き入っていた。
(中略)

加藤医師は初公判から「切迫した状況でできる範囲のことを精いっぱいやった」と無罪を主張しつつ、謝罪も口にし、今年5月の最終意見陳述では「できる限り一生懸命行ったが悪い結果になり、非常に悲しく悔しい思い」と述べていた。
(中略)

渡辺さんは判決を控えた今月12日、毎日新聞の取材に応じ、公判で繰り返し謝罪した加藤医師に対し「わびるなら、娘が生きている間になぜ医療の手を差し伸べてくれなかったのか。絶対許さないという気持ち」と怒りをあらわにした。
(中略)

25年前に医療事故で娘を亡くした「医療過誤原告の会」の宮脇正和会長(58)は「刑事裁判になったことで明らかになった事実もある。医療界は刑事訴追への批判だけで終わらせず、この事故からリスクの高い医療行為の際には応援医師を呼ぶなどの体制を取るべきだという教訓を学び、再発防止に役立ててほしい」と訴えた。


記事元は毎日新聞。
>わびるなら、娘が生きている間になぜ医療の手を差し伸べてくれなかったのか。
「できる限り一生懸命行ったが悪い結果になり、非常に悲しく悔しい思い」だったから詫びたのだろうに。それが罪に問われる行為だったかどうかはまた別の話。
遺族の気持ちもわからんではないが、悲しみをぶつける敵を求めているということだろう。
こういう人には下手に謝ることすら出来ない(しない方がいい)ということか。欧米式に、謝罪=責任の所在を認める、ということで。
まあそれにはこういう感情的な記事で遺族の感情を煽るマスゴミが一役も二役も買っているとは思うがね。

>医療界は刑事訴追への批判だけで終わらせず、この事故からリスクの高い医療行為の際には応援医師を呼ぶなどの体制を取るべきだという教訓を学び、再発防止に役立ててほしい
いったいその応援医師がどこにいるというのか。それに応援医師がいたところで出血が止まらねば人は死ぬよ。
一つ言えるとすれば大野病院は前置胎盤が判明した際に、医大病院への転院を強引にでも勧めるべきだった。罪状認否において体制が云々されるのであればね。
「医療界は刑事訴追への批判だけで終わらせず、この事故からリスクの高い医療行為の際には診療を断固拒否するべきだという教訓を学び、再発防止に役立ててほしい」
じゃねーの?と思ったよ。何度も何度も言うけどもそのために医師の応召義務は撤廃されるべきだね。
医師という職業だけが地雷原を歩かされるという法律はおかしすぎる。
  1. 2008/08/21(木) 01:21:56|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


ナスと油あげの煮浸し風 >> | ホーム | <<1人の女?一匹の雌の間違いだろ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2430-7340711c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。