QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

その口を毒米で塞いでやれ

嘘を吐いて毒を買い、嘘を吐いて毒を売る。それが農水省クォリティ。

  農水省「事故米は工業用糊に限り販売」 糊メーカー「米を原料に糊を作ってる話なんて聞いたことない」…農水省の説明は大ウソだった (痛いニュース)


 

「工業用糊に限り販売」 農水省の説明は大ウソだった
農薬や毒カビに汚染された「事故米」が食用として出回っている事件で、農林水産省の説明に大きな疑惑が浮上している。農水省は「事故米」を、工業用糊や、木材の合板や修正材の接着剤の原料使用に限り販売を許可していると説明していたが、実は、国内では接着剤などの
原料に米を使用することは殆どないことがわかった。使い道のない米を穀物業者に販売
していた形になり、今後農水省の責任が厳しく追及されるのは必至だ。

糊に使うのは「事故米」でなくタピオカや小麦問題を起こした三笠フーズの場合も
「工業用糊加工品」に用途を限定することを条件に販売したという。しかし、工業用糊
メーカーの大手ヤマト、不易糊工業、住友3MにJ-CASTニュースが取材すると、いずれも、
澱粉糊のうち「米を原料にしているものはない」という答えが返ってきた。また、
「米を原料に糊を作っているメーカーがあるという話は聞いたことがない」のだという。

ちなみに澱粉糊はヤマトがタピオカ、不易糊工業はコーンスターチを原料にしている。また、
森林総合研究所によれば、合板を作る際や、修正材に使う接着剤の原料に小麦を使う例は
あるものの、米を使ったものは見たことがないそうだ。工業用糊や接着剤に使われないと
なると、「事故米」を工業用糊などに使用を限定、という農水省の「前提」が全く崩れてしまう。
http://www.j-cast.com/2008/09/11026863.html

(中略)農水省の報道担当はJ-CASTニュースに対し、「三笠フーズ」に「事故米」を
販売したのは「三笠フーズ」が工業用穀物も扱っていたため、契約通りに加工すると
考えたからだと話した。しかし、「事故米」が工業用糊としては需要がないのでは、
と指摘したところ、これまでの農水省の発表やJ- CASTニュースの取材に答えたことと
ニュアンスが一変した。
「台風で水に浸った事故米は食用としてすぐに出荷するように、事故米も臨機応変に、
何でも工業用に回すというわけではありません」
という理解不能の説明だった。食用に転売される可能性にうすうす気が付いていた、
といわれても仕方がないような対応だ。
http://www.j-cast.com/2008/09/11026863.html


MA米 → アフラトキシン/メタミドホス基準値以上 → 食用不可 → 工業用
→ 「何でも工業用に回すというわけではありません」

お前は何を言ってるんだ(AA略


MA(ミニマム・アクセス)米の輸入は義務 ← 義務ではない(ウソ)
          ↓
買った米はアフラトキシン/メタミドホス基準値以上 ← 食用不可
          ↓
汚染米は工業用糊用にのみ販売 ← 糊にイマドキ米なんて使わねーよ(ウソ)
          ↓
食品に含まれるアフラトキシン汚染実態調査 ← なぜか中止 
          ↓                     ↑ 
三笠フーズの件がバレる。                 ↑
          ↓                     ↑
農水省の大ウソがバレる。 ←いまここ          ↑
                           「平成20年度に実施中」に修正

 
まず基準値を超える毒が入った米を買い付けてる時点で間違ってるだろ。
アフラトキシンの調査はなぜやらないのかね。自分達が毒をばらまいてることがバレるからか。
しかも発覚後に「中止」→「平成20年度に実施中」に修正とか。こういう小手先仕事だけは早いな。
しかも(2ちゃんねるソースだが)、農水省はこの事故米の入札に参加しなかった業者には嫌がらせをしているという。


  国が業者に売却した農薬・アフラトキシン(猛毒のカビ毒)汚染米が食用米に混入されて流通(その2)汚染米を売りさばくために農水省が業者に圧力? 応じなかった業者には嫌がらせの噂(天漢日乗)

国は売りさばく為に「今後この業界で商売するなら・・・」とか圧力とも取れる言い方で入札に参加させてたんだよ
それも工業用に有効利用できる業者だけでなく、食品用としてしか販売してない業者にも見境無く声掛けてたんだよ
うちの会社も打診があったけど社長が「うちでは利用方法が無い」といって断ったら省庁関係の嫌がらせがワンサカ。


ホント役人ってのはろくな人種じゃねえな。まあまともに普通に役人やってる人も中にはいるんだろうけど。
天漢日乗さんの記事で、オレ的には牛乳がヤバイってのが困る。


  国が業者に売却した農薬・アフラトキシン(猛毒のカビ毒)汚染米が食用米に混入されて流通 アフラトキシン汚染はハリケーン・カトリーナ以後にアメリカ産飼料用トウモロコシにも(天漢日乗)

日本ではアフラトキシンM1には規制値は設定されていませんが、ナチュラルチーズから検出されたことがあります。これは、チーズを製造するときに付けるカビによって作られたものではありません。アフラトキシンB1を含んだ飼料を乳牛が食べると、乳牛の体内でアフラトキシンB1が代謝されてアフラトキシンM1となり、牛乳の中に出てきます。原料の牛乳にアフラトキシンM1が含まれていたため、作られたチーズからアフラトキシンM1が検出されたのです。


牛乳も飲めなくなるのか。
役人ってのは自分の家族が食ったり飲んだり、とか考えないのかね。

この件は国会でも徹底的に追及して欲しいよな。これだけのことやって、何の咎めも無しとかありえねえだろ。公僕が率先してこういうことやってるんじゃそりゃモラルも崩壊するだろうよ。
社会保険庁なんかもそうだが公僕だからこそ厳しく取り締まれよ。


  保育園の事故米から農薬成分=給食用、基準値の2倍-保護者に怒り・京都(時事ドットコム)

米粉加工会社「三笠フーズ」(大阪市北区)の事故米転売問題で、京都市は12日、保育園など2施設に給食用として納入された中国産もち米の在庫から、有機リン系殺虫剤メタミドホスが検出されたと発表した。濃度は基準値の2倍に当たる0.02ppmだが、市は「大量に食べ続けない限り健康に影響はない」としている。
 市衛生公害研究所の検査では、上賀茂保育園(北区)と介護老人保健施設「洛和ヴィライリオス」(中京区)にそれぞれ1キロ残っていたもち米から、メタミドホスが検出された


>市は「大量に食べ続けない限り健康に影響はない」としている。
なんでこういうことを言えるのか役人の神経を疑う。いった何のための基準値なのかね。
  1. 2008/09/13(土) 00:55:17|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


ポテトオムレツ>> | ホーム | <<息をするようにウソを書く毎日新聞はやっぱりクソ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2471-ac4b9aa5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。