QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

当然こうあるべき

なんで日本も禁輸措置とらんのだか。

  中国メラミン禍:拡大…アジア各国、禁輸措置(毎日.jp)


 

 【台北・庄司哲也、北京・浦松丈二】中国製乳製品から化学物質メラミンが検出された問題は、輸入・販売を全面停止する動きがアジア諸国などに広がっている。21日までに台湾やシンガポール、マレーシア、ブルネイが乳製品の禁輸措置をとった。台湾では21日、乳製品ではない植物性粉クリームからも微量のメラミンを検出。禁輸の範囲を乳製品から植物性たんぱく製品まで拡大した。

 アジア諸国で中国製乳製品の禁輸措置が広がる背景には、被害を受けた国や地域と中国の食の好みが近く、中国との市場統合が進んでいる現実がある。乳製品を原材料に使う中国製食品は数が多く、メラミン汚染が次々と確認される事態になれば、禁輸措置はさらに広がりそうだ。

 マレーシア、ブルネイ、シンガポールはいずれも、2010年までに中国との自由貿易協定(FTA)締結を目指す東南アジア諸国連合(ASEAN)メンバー。台湾も5月に中国との共同市場構想を提唱する国民党の馬英九政権に交代した。

 これらの国や地域には中国系住民も多く、近年、急速に中国製食品の輸入が急増していた。一方、住民の間では中国製食品に対する警戒感が高まっており、政権側にはメラミン汚染が輸入量の比較的少ない乳製品の段階で禁輸措置に踏み切り、内外への姿勢を示しておく思惑もあるようだ。

 台湾行政院(内閣)衛生署は21日、台湾の飲料メーカー「金車」のインスタントコーヒーなどに使われていた植物性粉クリームから微量のメラミンが検出されたと発表した。これに先立ち、台湾当局は17日に乳製品の全面禁輸を決定していた。

 また、シンガポールでは中国の大手乳製品メーカー「伊利集団」のアイスなどからメラミンを検出。19日に中国製乳製品の輸入、販売を全面停止した。マレーシアは20日、ブルネイも21日に相次いで同様の措置をとった。


台湾、シンガポールでも検出か。ま、そりゃそうだな。日本だけってこともあるまいさ。
牛乳だけでなく植物性粉クリームもってことは、かつてペットフードの前例もあることだし、動物性植物性問わずたんぱく質を成分とする液状あるいは粉状の中国製食材は全て危険ってことだ。
メラミンは品質検査時のたんぱく質量をごまかすためにわざわざ混入されているわけだからな。

日本も一旦全面禁輸して中国からの輸入分全てを確認させるべきだろうよ。
業者にまかせっきりとは役人も政治家も平和ボケなんだか冷静なんだかわからんな。
そんなに宗主国様が大事かい。

入れても構わんが、その代わり原料まで産地を全て表記させるよう食品衛生法を改正して、さらに偽装に対する刑罰を厳罰(業務無期限停止、罰金10億円ぐらい)にしろ。
そしたら自分でチャイナフリーするわ。
  1. 2008/09/23(火) 21:41:25|
  2. 中華人民共和国ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


何をいまさら>> | ホーム | <<ピーマンと豚肉のチンジャオロースー風オイスターソース炒め

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2490-94138aa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。