QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さんせいのはんたいははんたいなーのだー。

「答える責務は全くない。」「黙っているわけにはいかない」どっちだよw。

  民主党「無視する。質問に答える責務は全くない。キリッ(やっべ、対案も財源も考えて無いよ・・・)」(アルファルファモザイク)


 

麻生太郎首相が29日の所信表明演説で民主党に「逆質問」したことについて、民主党は代表質問で一切回答しない方針を固めた。

 小沢一郎代表は10月1日の代表質問で、次期衆院選のマニフェスト(政権公約)を公表。政権交代を念頭に、小沢氏の「所信表明」と位置付け、首相には答弁を求めない。臨時国会冒頭の「党首対決」は、首相の所信表明を踏まえて野党が質問し、首相が答弁するという慣例を外れた異例の展開となりそうだ。

 麻生首相は所信表明で、民主党に対し「日米同盟と国連と、どう優先劣後させようとしているか、論拠とともにうかがいたい」などと質問。29日夜には記者団に「お答えをいただけると思っている」と述べた。

 鳩山由紀夫幹事長は記者団に「麻生内閣には語るべき政策がないから(小沢氏が)首相に質問しても意味がない。国会の場で、麻生氏より小沢氏の方が『首相の器』だと示す」と狙いを説明。

 首相の要求には「答える責務は全くない。失礼なことを言われて黙っているわけにはいかない」と述べ、自らの代表質問で異議を唱える意向だ。


その麻生さんの所信表明の模様はこちら。

  平成20年9月29日、麻生総理は、第170回国会の衆議院・参議院の本会議で所信表明演説を行いました。(政府インターネットテレビ) (動画)
  第170回国会における麻生内閣総理大臣所信表明演説(政府インターネットテレビ) (テキスト)
  麻生太郎総理の所信表明演説に泣いた。(ハムスター速報 2ろぐ)

小沢寝てるんじゃねえよ。
長いので全文転載はしないけど、消えたら困るのでテキスト化した。 → 麻生首相所信表明

麻生さんの民主党批判はこのなかでおよそ2つ。
まず民主党が意に沿わない議題に対して審議拒否などで国会を空転させたというものだ。

先の国会で、民主党は、自らが勢力を握る参議院において、税制法案を店晒しにしました。その結果、二か月も意思決定がなされませんでした。政局を第一義とし、国民の生活を第二義、第三義とする姿勢に終始したのであります。


反論があるならサボらず出てきて議論を戦わせろということだな。
民主党を含む野党の度重なる審議拒否に関してはオレも以前に憤りを記してるな。
いや、もっともだと思う。反対だというなら出てきて議論を尽くすのが議員の仕事なわけで。
これは参議院劣勢のねじれ国会運営を強いられることを考えると「口だけ番長」民主党の(特に参院での)挙動に対する国民の注目を促す上では有効なんじゃないかな。

二つ目は、民主党の、というより小沢氏の国連重視の姿勢に対するもの。

今後日本の外交は、日米同盟から国連に軸足を移すといった発言が、民主党の幹部諸氏から聞こえてまいります。わたしは、日本国と日本国民の安寧にとって、日米同盟は、今日いささかもその重要性を失わないと考えます。事が国家・世界の安全保障に関わる場合、現在の国連は、少数国の方針で左右され得るなど、国運をそのままゆだね得る状況ではありません。
 日米同盟と、国連と。両者をどう優先劣後させようとしているか。民主党には、日本国民と世界に対し、明確にする責任があると存じます。論拠と共に伺いたいと存じます。


確かにインド洋上給油活動に反対していた小沢氏は一方国連決議に基づいてアフガンの国際治安支援部隊に参加すべきだとか言ってたね。
オレは金だけ取られる「戦勝国gdgdクラブ」の国連に踊らされるのはほどほどにしとけ、と思う。


で実際「器を示す」と豪語した小沢氏の代表質問はどうだったかというと、

  民主党・小沢代表の所信表明のような代表質問(要旨)(asahi.com)

こちらも長いので全文掲載はしないけどテキスト化はした。 → 小沢党首代表質問

総選挙を経ないで三度(みたび)、ここにこうして総理の座に座っておられるのは信じがたい光景だ。


いや、党首選で選挙もせずに三選した人が言ってもね。

唯一、具体的なものは民主党への誹謗(ひぼう)中傷だけだ。


いや、上記の通り事実だと思うんだけど。

官僚に任せっ切りで官僚の言うがままに莫大(ばくだい)な「税金のムダづかい」を続ける自民党政治の旧来の仕組みを継続させるのか。それとも、大ナタを振るい、ムダづかいを徹底的になくして国民生活を立て直すことに税金を振り向ける民主党政治の新しい仕組みに転換するのか。



支持母体が自治労の民主党が自民以上の大ナタを振るえるとは思えないな。


  「日教組批判は取り消すわけにいかない」中山前国交相インタビュー(上)(イザ!)

去年の参議院選挙、民主党比例代表の社保庁職員は50万票取りましたよ。社保庁の職員は1万ちょっとしかいない。だから結局、仕事をはしないで政治活動ばっかりしていたというのが年金記録問題の本質なんですね。それを組合員が内部告発というか「こんなこともしていませんでした、こういうこともしていませんでした」と、自分たちの恥なんだけど、そういうのを民主党の議員に届けて、それが民主党の議員が政府を追及する。すると自民党の厚生労働大臣が謝る。変な構造だよね。


中山前大臣のアレは時期と立場を省みない失言だったと思うけど、言っていること自体は極めてまともだと思うよ。というか官僚の自爆テロとミンスのマッチポンプもネットでは割と知られている事柄なわけで。
山岡ら野党議員の暴言はスルーのくせに閣僚や与党議員の失言をことさらクローズアップするマスゴミのネガティブキャンペーンの賜物だと思うしね。

麻生首相の質問に対しては、

日米同盟と国連中心主義とは何ら矛盾するものではない。


と玉虫色な返答はしているね。
日韓、日中関係の強化を挙げている点と北朝鮮の拉致問題に言及しない時点でオレは信用しないけどね。
なんか麻生首相の「規格外」な所信表明にうまく意趣返ししたつもりだろうけど、なんかケツの穴の小ささが際立った気がする。


だいたい民主党が掲げる政策は、「子供手当て」や「農家の個別補償」「高速道路の無料化」といったいくつかの耳障りのいいバラマキを除けば、

・中韓1000万人移民計画
・外国人参政権
・人権擁護法
・沖縄一国二制度
・北朝鮮人権法

とか特亜向けの売国的なもんばっかだし。マスゴミは取り上げないけど。日本終わるだろ。

公約の財源についても、民主党は扶養控除の廃止を謳っているわけで、これって実質的な増税だよね。
しかもこれ、オレみたいなチョンガーはいいけど、所帯持ちにきついある意味不公正税制じゃないの?
小子化だって、もともと晩婚化や非婚化が原因の一つにあるわけなのに、この期に及んで結婚のインセンティブ減らすなんて馬鹿なの?死ぬの?

ま、それでも足りないんだけどね。さすが「口だけ番長」。
「民主党 財源」とか「民主党 控除」でぐぐるといろいろ出てくる。

朝日や毎日は社説やコラムで民主党を持ち上げて盛んに政権交代を叫ぶけど、オレ的にはますます朝日や毎日の逆行けば間違いないな、という気がしてきたよ。まあ、ベストではないけど仕方がないな。
  1. 2008/10/02(木) 00:35:52|
  2. 愉快な国内政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


若者をナチ呼ばわりする民主党山岡のアホさ加減はガチ>> | ホーム | <<小女子は普通焼き殺せねえだろ常考

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2507-b685476a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。