QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

黒も改造

黒カナルばらしてみた。先週買った丸七カナルの黒、エージングが150時間程度済んだので改造してみた。




 
白と違ってハウジングの合わせ目にカッターの刃を入れたら簡単にはずれた。
だいぶ個体差があるようだな。

ドライバ裏側に目張り白同様にドライバ裏側の穴を一つ残して木工用ボンドで塞いで残り一つの穴を2x2mmのアルミテープで塞いでマチ針で小さな穴を開ける。

今回ははんだ部の補強とドライバの制振を兼ねてドライバの裏全体にG17ボンドを厚めに塗っておく。主成分のクロロプレンゴムによる制振効果を期待してハウジング内面にも同様に塗っておく。糸引いて結構塗りにくい。



ドライバ表側にも目張り今回はドライバ表側のカバーの真ん中の穴以外の4つの穴をアルミテープで塞ぐ。
また、ハウジング前側のドライバと接する面のバリを削ってフラットにし、G17を厚めに塗って乾かしたので、ドライバと合わせた時に隙間なく密着してくれるはず。
目論見としては他の穴から出る音と中央の穴から出る音の干渉の防止、前面カバー/ハウジングの制振、ハウジング前面とカバーとの間の空間での変な反響を防ぐ、等々。

このままハウジングを合わせて鳴らすと音場広めの高音リッチな音で鳴る。低音の出はイマイチ芯が無い感じ。
そこで白と同様にハウジングに耳栓の切れ端を詰めてみたところ、芯のある低音が出るようになったが、音場はやや狭くなった。ハウジング内の空間量の問題か。この辺はトレードオフなようだ。

ここまでで割と改造済白と似た音になってきた。当たり前か。
ただし白より中高音のエッジが明確でハキハキしている。
ドライバ前面の細工をしたせいかなあ。
PCの音源を聴くとちょっとうるさすぎる感じ。

黒カナルばらしてみた。ハウジングの合わせ目のリブに一箇所欠けがありそこが開口部になっているので、そこを塞ぐためにハウジングの合わせ目を木工用ボンドでシールしてみた。はみ出したのはティッシュで拭き取り。
瞬着で接着した白より見た目的にはかなりましな出来。

音的にはそれほど変わらなかった。低音の出はハウジング後部の加工で結構変わるようだが高音はそれほど影響ないみたいだ。あとは音道でも加工するしかないのかな。
PCでなくmp3プレイヤーで聴くと高音部の力が薄れて割と普通っぽい音になるんでまあこれでいいか。

ピアノ曲とか聴くと音が割れる音域があるのに気づいた。
これが高音がときどき汚く聞こえる原因のようだ。これは直らんなあ。
白で聴いてもやはり同じ曲の同じところで割れてたので多分ドライバの特性なんだろう。



【追記】
イヤホンプラグをジャックに挿して回すとジャリジャリいうのでティッシュでプラグをよく磨いて挿すとジャリジャリいわなくなり音も若干よくなったような気がする。接触が悪かったのか。
プラグが金メッキでないので酸化皮膜が出来ていたか錆び止めの油でも塗ってあったかだと思うのでよく磨くが吉。
接点復活剤かコンパウンド使うといいかなとも思ったけど出してくるのが面倒だったので乾拭きしたがそれでも充分だったようだ。

音割れの件は他のイヤホンで聴いても割れてたので元ファイルの音自体が割れているようだ。
高音の改善に関してはもうちょっと聴いてみることにする。


【追記2】
一通り聴いてみたけど、改造白のように高音部がひとかたまりにショワショワいう汚さは無くなった。
ソースによっては強調されたエッジが金属的でうるさい感じがするときはあるけれど。
中高音がエッジが強調された音でメリハリよく鳴るので定位感も改造白よりよく、大雑把さもやや薄れた。

高音がやや強めの弱ドンシャリでそこそこ大雑把だけど、制動感があってノリがいい低音とメリハリある中高音と併せて結構スピード感のある鳴り。なかなかいいかも。

黒改造の要点をまとめると、

1.ドライバ裏側周囲の穴を一つ残して塞ぐ。残り一つはアルミテープを貼った上に極小穴を開ける。
2.ハウジング後部に詰め物をする。 ←低音に芯が出る。
3.ドライバ前部カバーの穴を中央以外埋めてハウジング前部に隙間無く密着。 ←高音の汚さ改善。 
4.プラグはよく磨く。 ←改造じゃねーが音質改善。

て感じかな。前後ハウジングの接着は合わせが緩ければしたほうがいいけれど音質的に必須では
無い感じ。ハウジングの完全密閉は逆によくないみたいだし。

ドライバの前部カバーをはずすとまた音が変わりそうだけどそこまでやるとまた面倒臭そうだしなあ。
不器用だからダイヤフラム傷つけちゃいそうだし。
誰か試してみてくれ。


【追記3】
念のため左右の抵抗値をテスターで測ってみたら、白が左右とも32.2Ω、黒が左右とも32.6Ωだった。
インダクタンスはわからんが少なくとも抵抗値は揃っているようだ。


【追記10/21】
音が少し落ち着いてきた感じ。
耳に深く挿すと結構パンチのある低音が出る。その代わり中高音はやや引っ込んで篭りぎみになるけど。
  1. 2008/10/19(日) 01:29:06|
  2. AUDIO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


ビオレu ウキウキ気分アップルマンゴーの香り>> | ホーム | <<今日はダメダメ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2543-6ec48d33
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。