QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

殺処分を減らすには

今「News ZERO」でペットの殺処分についてやってる。
昨年殺処分された犬猫は全国で約34万頭だそうだ。
ちなみに持ち込まれた犬猫は約37万頭だそうなので、約1割弱が助かっている計算になるな。


 
一昨年は39万頭だったからまた5万頭減ったのか。まあそれはいいことだ。
なんだか政府は殺処分数の半減を計画しているらしいが、まあ無駄だろう。
本気でやる気があるのならば、

・新しいペットに対して超高額の関税並びに取得税をかける。ただし施設からのペット取得に関しては非課税とする。
・ペットの取り扱いを免許制にして、売買によるペットの流通数を超制限する。
・ペットの産数に対して税金をかける(ブリーダ対策)。ただし自宅で飼う仔に限り免除。
・ペットを捨てた飼い主に対する厳罰化。
・ペットのDNA登録を義務付け、捨てペットの飼い主特定を容易にする。登録をしない飼い主は罰金。
・施設自身でのペットの殺処分は行わない。殺処分する場合には飼い主を呼び出し、飼い主自身に殺処分することを義務付ける。施設での処分を希望する場合には高額の処分量を取る。

ぐらいしないとダメなんじゃね?
要は新規にペットを買うことを金銭的、手間的なハードルを上げることで規制し、かつ捨てることが徹底的に割に合わないように法改正すればいい。
その上で施設にいるペットの取得について優遇すれば引き取り手も増えるだろう。
国や自治体は税収も増えるし、いいこと尽くめだと思うんだがな。

国内の総ペット数が減ってないとすれば殺処分される30数万頭以上の数のペットが毎年確実に増えてるわけで、そいつらはいったいどこからやって来るんだよ。増やしたり買ってくるヤツラがいるんだろ?

買ってくるヤツらがいるなら売ることを考える、ってのも一つの手だけどな。
  1. 2008/10/24(金) 00:00:59|
  2. ノンジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


ふと思う。>> | ホーム | <<下書き大増殖の悲劇

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2589-03ff9f17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。