QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

食べねえ豚はただのペットだ。

・・・って、あれ?
晩飯にしょうが焼き食ったオレでもこれはちょっと微妙。

  「最後の鳴き声、かわいそうだった…」 子供たち、飼育したブタとの涙の別れで「命と食の大切さ」学ぶ…新潟(痛いニュース)


 

教室で飼育したブタをめぐる映画「ブタがいた教室」が話題を呼んでいるが、津南町の津南小学校の5年生児童67人が13日、飼育してきたブタとのお別れ会を開いた。「命」と「食」の大切さを学んだ子どもたちは3匹のブタと涙でさよならした。

5年生の児童は、総合学習の一環で食用豚の飼育に取り組んだ。人間の食が動物の命と引き替えに成り立っていることを実感してもらうことが狙い。同町の養豚業者「つなんポーク」から3匹の子豚を買い取り、12月の出荷前まで約2カ月間、子どもたちが交代で世話をした。

「ミルク」、「ヨンサマ」、「マーブル」と命名され、子どもたちの愛情を受けて育ったブタたち。
40キロだった体重は90キロにまで増え、順調に生育した。

お別れ会では、児童全員が呼び掛け形式で子豚の思い出を語り、「大切な仲間だよ」
とメッセージを送った。別れの直前にブタはグラウンドに放され、気持ちよさそうに
走って児童と最後の触れ合い。ブタがトラックに積まれ激しい鳴き声を上げ抵抗すると、
子どもたちの多くは涙をぬぐっていた。

樋口美蘭さん(10)は「最後の鳴き声を聞いて、かわいそうで、さみしくなった。
短い間だったけど、命の大切さを教えてくれた」と目を真っ赤にして話した。
http://www.niigata-nippo.co.jp/pref/index.asp?cateNo=2&newsNo=137403


ここまでしなくてもいいだろ、と思ってしまうなあ。

食うことが残酷なのではない。
予め「食う」ことがわかっていながら子供たちに(飼う際に)ことさら特別な感情を与えておいて(食うためという理由で)引き離すのは残酷。少なくとも「大切な仲間」は食わねえだろ。
ペットに愛情をかけて育てていくというのもまた動物という存在を大切にするという意味では大切なことのはず。

オレは、他の動物を食料として食うこともペットとして飼うこともどちらも人間の傲慢だと思っている。
だからこそ、食うこと、身を守ること以外での殺生は嫌悪するし、ペットに愛情を注ぎ、一生を全うさせるのが飼い主の義務だと思っている。
しかし、それらのことはそれぞれ別の感情であって、子供たちに認識させるために、いずれ食用として殺されるために別れることがわかっている豚にペットのように過度の感情を込めさせることはないと思う。
教師は子供たちに、この豚たちがいずれ食べられる運命であることを、「食うために飼う」のだということを意識付けてきたのかな?

「九州の田舎では普通の家庭でも食うために鶏を飼うことが珍しくないが名前は付けない」
というのを以前TVで観て、特別な存在にならないよう、過度に感情を移入しないようにしているのだな、と感じ入ったことがあった。

食料である家畜と仲間であるペット、どちらも大切だが感情的にはそれぞれ別のこと。
言ってみれば、家畜として見る目は社会的、あるいは生物的な視点であるし、ペットとしての視線は個人的なそれ。
子供たちにとってもそこに葛藤があるはずで、その葛藤の中からそれぞれの感情が分化していく。
その葛藤に対して彼らなりに整理を付けられるよう導いていくことが必要なのだと思うのだが。

他の動物を犠牲にせねば生きていけない。人間とはそういう傲慢な存在だ。
ただそのことがわかればいいと思う。
そのために必要以上に悲しい想いをする必要はないと思うのだよな。

まあ、子供は逞しいから、そういった感情は子供なりに捌いていくとは思うけどね。
でも以前知り合いに、子供の頃に家で鶏を〆るのを見てそれ以来鶏肉食えなくなった、って人がいたからなあ。
  1. 2008/11/15(土) 20:38:28|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


豚肉のしょうが焼きふたたび>> | ホーム | <<魔法のうさぎ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2628-05a2bfa0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。