QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

毎日新聞の正義

思い上がりは正義。

  【毎日新聞・誤報】「Popons」氏に口頭で謝罪 「紙面での謝罪は道理に反する」「毎日新聞は正義」(東京エスノ)

 

毎日新聞の社会部の方と直接お会いしました。互いに録音装置は持っていないことを確認しました。本騒動については口頭で謝罪をして頂きました。しかし、私は新聞社としての責任の重大さから、口頭での謝罪だけでは不十分と考え、(1)毎日新聞上での私に対する公式な謝罪、(2)誤報が何故起きたのか原因究明、(3)私が実生活で被った不利益に対する補償、を要求しました。

(1) 私の編集内容が被害者感情を傷付ける非常によろしくないものであるため、紙面上で私に対して謝罪することは道理に反するとのこと。「毎日新聞は正義」だとも言われました。毎日新聞の誤報訂正記事がnikkeiBPNETのコラムで受けとり方によっては「書き込みをしたとする人物」の責任転嫁しているようにも読める内容であると報道されていることを伝えましたが、「日経新聞本紙の記事ではない」ので問題無いとのこと。

http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20081126/115307/

(2) 紙面で取り上げる可能性は有るとのこと。

(3) 毎日新聞の誤報が無かったとしても私が警察に取り調べられる可能性は有るので、補償する必要は無いとのこと。但し、毎日新聞が騒ぎを大きくしたことは認識している。
--Popons 2008年11月29日 (土) 01:30 (UTC)

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88:%E7%A4%BE%E4%BC%9A%E4%BF%9D%E9%99%BA%E5%BA%81%E9%95%B7%E5%AE%98


毎日新聞に予告犯呼ばわりされたPopons氏がWikipediaのノートに毎日新聞から謝罪があった旨を記載している。
Wiipediaのノートに個人的な事柄を記すことの是非はさておき、なにこれ?
一方からの聞き取りなんで毎日の申し開きを聞きたいところだけど、

1.謝罪することは道理に反する
2.毎日新聞は正義
3.「日経新聞本紙の記事ではない」ので問題無い
4.警察に取り調べられる可能性は有るので、補償する必要は無い

この辺はわからんなー。

1については被害者感情と毎日新聞が個人の名誉を傷つけたこととは全く別の事柄だし、
2は毎日新聞の無謬性(笑)を謳ってるの?
3はネットの記事なんぞどうということはない、ということかな?
4については、誤報によって生じる不利益と取調べを受けることによる不利益は別の事柄だろ常考。それとも毎日新聞的には警察に取り調べられるような人物は全て犯罪者扱い?

録音の有無を確認したということだし、上記を読む限り、端的に言うと「俺達が正義の味方だから公的な謝罪はしないが裏でコソッと謝ってやるからもう黙っとけ」ってことかな。
どこまでオマニー(現オーマイライフ)の平野日出木編集次長がかつて示した紙メディア人テンプレに忠実なんだよ(笑)。

取材先からお叱りを受ければ、相手を訪ね、面前で謝罪する。誤報であれば訂正を出す。こうしたやり取りはすべてリアルの世界だった。他メディアがイチャモンをつけることは、破廉恥事件でもなければ、滅多になかった。

 要するに、紙面上で批判されることに慣れていない。言わんや反論をや。メディア上での議論に不慣れなのである。仮にこちらに分があって、相手がトンチンカンな議論を吹っかけてきた場合も、黙ってやり過ごすのが「大人の対応」なのだと、これまで周囲を見て学習していた。

 なぜなら時間が問題を解決したからだ。時間がたてば紙面は捨てられる。人々は話題を忘れる。その間、当事者同士は紙面とは別のリアルの場で和解する。

 ところが、ネットの世界は違う。いつまでもブツが存在し続ける。検索すれば引っかかっり、人々が忘れない。当事者同士では解決しているのに、知らない外野が「化石情報」をもとに、いつまでも話題にし続ける。


「大人の対応」(笑)。一言でいうと、学習しない、ということだね。

謝罪の機会、というのはある意味謝罪する側の印象と名誉を回復するチャンスでもある。
どうしてこういう人たちは2度目、3度目のチャンスを次々とピンチに変えて恥の上塗りをするんだろうか。

さらに誤報そのものも大盤振る舞いで、チェック機能を強化したなんてのは嘘っぱちだって説を日々自ら補強し続けてるしね。

  社説まで間違えた!? 大誤報連発の毎日新聞は大丈夫か(アメーバニュース)

それともチェック体制強化は事実で、中の人はマジ無能ってこと?
こんなんじゃ、購読してる人の常識すら疑ってしまうわ。
蓼食う虫も何とやらで好きで読んでる人も中にはいるんだとは思うけど公共の場所では広げない方が無難だと思うよ。

しかし、来年の毎日の正月特集でさらなる恥の上塗りを期待してしまうオレがいる。
楽しませてくれよ(笑)。
  1. 2008/11/30(日) 14:38:29|
  2. メディア - マスコミかカスゴミか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


吉兆80%>> | ホーム | <<ブリの照り焼き

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2658-346f6c5e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。