QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

やっぱりマッチポンプか。

先のエントリにコメントで情報をいただいたので。

  調査報告:日本の漫画やアニメが、海外から「児童ポルノ」として批判を 受けているという構図はいかにして作られたか?(コンテンツ文化研究会)

 

現在、日本ユニセフによって「なくそう!子どもポルノ」キャンペーンが実施され、彼らはマンガやアニメを「準児童ポルノ」として違法化するよう各界に呼びかけています。
 このキャンペーンの中心人物にECPAT/ストップ子ども買春の会(以下、エクパット東京)の宮本潤子氏がいます。
 
 このエクパット東京は児童保護・児童ポルノの専門NPOとして各界で活躍しており、警察の総合セキュリティ対策会議にも招聘されるほどです。このエクパット東京はプロテスタント原理主義団体「キリスト教婦人矯風会」が背景にあるNPOで、その禁欲的な教義から、性表現の規制を団体主張に掲げています。
 特に漫画やアニメの性的表現に関しては、児童ポルノ禁止法などで全面規制せよ、と強く主張しています。

 その代表である宮本潤子氏は事あるごとに「日本は児童ポルノ大国である」と公言し、海外から規制の圧力をかけるよう様々な働きかけ、いわば“マッチポンプ”活動を行ってきました。


要は日本人がテメエの主張(あるいは利益)を満たすために外圧をかけるように針小棒大に海外に吹聴してるということか。「waiwai問題」「南京」「靖国」「従軍慰安婦」等と同類ってことね。

以下このエクパット東京とやらの主張を抜き出してみると、

インターネット上の児童ポルノ、仮想イメージ(例えば『モーフィング』とマンガ図面)、そして子供を性的虐待した他の描写物


と漫画やアニメがいかにも実在する虐待をモーフィングした成果物であるかのような印象操作。
虚構だよ虚構。

日本で、たとえば、国のコンピューター関連市場(ソフトウェアと出版物(例えばコミック)を含む)の成果を分析しているレポートは、いくつかののアニメまたはマンガを題材に児童虐待具体例と漫画のビジネス価値の徴候を示しています。


具体例の描写が問題で、それによって表現が「全面的に」規制される必要があるのなら、例えば殺人を描写したドラマや映画も(アニメも漫画も)同様に「全面的に」規制されるべきだよね。
表現の内容によってはレーティングなどで段階的に規制するのはありだと思うが、そうでないなら確実に「表現の自由」の侵害だろうに。

「萌え」という用語は、経済分析のために中立不偏の感覚で使われます。
しかし、それは文字通り、コンピューターゲーム、アニメとマンガの一部のファンに対し、女児のキャラクター(美少女キャラ)の性倒錯的な魅力を与える事を意味します
萌えWebページは、時々、物語やチャットの中で未成年のキャラクターが性的暴行、空想と虐待の対象となっている映像を含んでいる他のページにリンクします。
したがって一部の萌え市場は、子どもへの性的虐待の映像に関係があると見なされています


萌え → 女児キャラへの性倒錯 → 性的暴行、虐待
すなわち、『萌え』 → 性的虐待と関係がある。
「一部の」「時々」という形容詞を挟みつつ、その割に「意味します」とか「見なされています。」とか断定的にあくまでも一般論のように印象操作するのはどう解釈したらいいんだ?笑えばいいのか?

「日本では最近『メイド喫茶』が流行してきています。
この独特な喫茶店に入ると、メイド服をきた女の子が「お帰りなさいませ、ご主人さま」と挨拶をしてきます。そうして料理や飲み物を出される時にも主人として扱われます。
この種の喫茶店はオタク(文字通りマニアックな人々のことを言います)文化によって生み出されました。オタクはアニメや漫画、コンピューターやオンラインのゲームに夢中になっていますが、その中には、児童ポルノ的な表現が含まれている場合があります。二年ほど前、日本のマスメディアはこれらの動きを取り上げました。それ以来、より多くの人々がこういった喫茶やオタク文化に関わるようになってきています。
このことは、児童も含む多くの人々がオタク文化を通じて自然に児童ポルノ的な画像を見始めていることを意味します


オタク → アニメ、漫画、ゲーム好き → オタク文化の一般化 → 児童ポルノの拡散
意味しねえって。一体何段論法だよ。
ていうかメイド喫茶関係ねえwwwww牽強付会ですらねえwwwwww
どんだけ差別主義者なんだよオマエラ。

さらにまた児童ポルノは『アニメ』または『マンガ』(日本の漫画本)の中で、そして、コンピューターゲームにおいて広く見られます。そして、それは書店とコンビニエンスストアで利用でき、ポルノでエロチックな状況の女児を描写しています。市民社会(一部の研究者と弁護士、児童ポルノの製作者と消費者を含む)の階層は鈍感になっており、『表現の自由』を理由にこの形の児童ポルノを受け入れているようです。そして、それは子供たちのより大きな保護を損なうほどに優先します。


「そして、それは子供たちのより大きな保護を損なうほどに優先します。」
はいはいダウト。漫画やアニメの描写によっていかに保護が損なわれているかのエビデンスが提出されない限り優先するかどうかの正当な判断が出来るわけがないだろ、ってことは何度も言ってることなんだけどね。
まず漫画やアニメにおけるその「児童」とやらの定義づけからしないとな。小萌先生ならヤッちゃっていいんだ?


ECPAT自体は子どもに対する商業的な性的搾取の根絶を目標とする国際ネットワークということで、その理念自体は素晴らしいとオレも思う。

  エクパット(Wikipedia)

しかし、「宗教は大きな河に似ている。源泉から遠ざかるにつれて、絶え間なく汚染している。」と言われるのと同様に、こうした理念にはそれを隠れ蓑にした胡散臭い連中が群がってくるのが避けられないんだよな。
今回のような場合は(その検閲機関周辺以外には)利権的なものが絡んでいるようには感じないが、「充分に進行した既知外は虚構と現実の見分けが付かない。」てことなんだろうかね。
まあ上記の文章を書いたのは18だか20歳だかの童貞(カソリック系ってことはそういうことなんだろうなあ)らしいので、もう頭ん中が妄想でとんでもないことになっているところを利用されたのだろう、とでも善意に解釈しておくか。

虚構の話よりまず充分に機能しているとは言いがたい児童相談所やDVDとかでガキを見世物にする既知外親の実態をなんとかしろよ。
  1. 2008/12/05(金) 00:28:52|
  2. リアルの痛い人たち - サヨクとか自称被害者とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
以下、広告です。
 


がんばれマンナンライフ!!!>> | ホーム | <<本文の文字をデカくしてみた。

コメント

文字を大きくするとテキストを表示する小幅が狭まる不具合が。
見やすいサイズだと横15文字くらい。
直せる?
  1. 2008/12/05(金) 09:05:14 |
  2. URL |
  3. #-
  4. [ 編集]

ちょっといじってみました。
どうでしょうかね。
  1. 2008/12/06(土) 10:24:43 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

11月のブラジル国際会議ではこんなデタラメな主張が飛び出したという。

以下、一部抜粋
「A contribution of ECPAT International to the World Congress III against Sexual Exploitation of Children and Adolescents」
P17「2.2 Virtual child pornography」より抜粋
http://www.iiicongressomundial.net/congresso/arquivos/thematic_paper_ictpsy_eng.pdf

One of the primary producers of such imagery is Japan where there is a huge market in manga, and other forms of animation, that many believe are sexually exploitative. A report in the UK’s Guardian newspaper (Guardian,
2008) suggested that sexually explicit comics account for a large proportion of Japan’s Yen 500 bn manga
market, with many featuring schoolgirls or childlike adults being raped or engaged in sadomasochism.



そのようなイメージの一次生産者のうちの1人は、マンガの中の巨大な市場と多くの人々が性的に搾取的であると思っているアニメーションの他の形がある日本です。英国の新聞ガーディアン紙(ガーディアン2008)のレポートでは、性的に露骨なコミックが日本の5000億円漫画市場の多くの部分を占めることを示唆しました。(サドマゾヒズムに従事している多くの特徴としている女子学生または子どもっぽい大人が強姦されている)

訳が微妙だが、大雑把に言えば「日本のマンガ市場5000億円の大部分が児童の性的虐待」であると非難している内容だ。
規制派の基準では、絵だろうがアニメだろうが犯罪であるため当然規制対象として扱われる。
しかもこの宣言は、ユニセフとエクパットというお決まりの規制団体に、日本の警察を加えての合作であると言う。
詳しくはこっちのサイトのコメント欄で。

http://ameblo.jp/hiryoyasyohyou/entry-10171227583.html
  1. 2008/12/08(月) 20:00:31 |
  2. URL |
  3. kato #-
  4. [ 編集]

>>kato さん

情報ありがとうございます。
リンク先のエントリにありますが、「実在の児童の人権侵害が継続する」というのが児童ポルノ規制の根拠であるわけなのに、何が「アニメやコンピューター画像でも子どもの権利を侵害する。」なのか。どこの子供の権利を侵害してんでしょうね?
そんなことしてるヒマがあったら実際に権利を侵害されている子供を助けろよ、と。
例の捕鯨反対派と同じような非論理性を感じますが、どちらも宗教が絡んでるだけにそういうもんなんでしょう。
要は、気に食わないものを規制すれば安心、という単なるオナニーなわけですね。酷いもんです。
  1. 2008/12/09(火) 00:56:11 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2664-dfd45cbf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。