QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かぼちゃグラタン再び

かぼちゃグラタン再び残りのカボチャは結局またグラタンにした。
作り方を前回と微妙に変えてみた。




 
1.かぼちゃ大1/8の種とわたを取って適当な大きさに切り、ラップして2分チンする。
2.かぼちゃが柔らかくなったら皮をむき、一口大に切ってさらに3分チンする。
3.タマネギ1/2を5mm巾の薄切りに、シメジ1/2パックは石突を取ってほぐしておく。
4.フライパンにバター1片(8g)を入れて、3のタマネギ、シメジを炒める。
5.タマネギがしなっとしたら白ワイン少々を加えて少し炒める。
6.バター1片(8g)、2のかぼちゃ、小麦粉小さじ2を加えてさらに炒める。
7.砕いたコンソメキューブ1と牛乳100~150ccを少しずつ加えて混ぜ、ちょうどいい固さになったら
ナツメグ、塩コショウで味を整え、刻みパセリ1掴み、ナチュラルチーズ1掴みを混ぜる。
8.グラタン皿に8つに切ったゆで卵2つを敷き、7を入れて上に、パン粉、粉チーズ、バター1片を乗せて220℃のオーブンで15分ほど焼く。

今回のレシピはこんな感じ。

ひき肉が無かったので今回省略した。コクが出るしあるに越したことはないと思うけど。
その代わりゆで卵入れてみた。存在感があった方がいいかと思って大きめに切ったんだけど、粗みじんに切って混ぜた方が一体感があったかも。
かぼちゃも存在感があった方がいいかと思って今回大きめ固めにしてみたんだが、柔らかめの前回の方が一体感があってよかったわ。

パセリとチーズは今回混ぜてみた。パセリは焦げないのでよかったが、チーズは存在感が薄くなってしまったので乗せた方がいいみたい。パリッと焦げた風味も捨てがたい。粉チーズではいまひとつだった。

かぼちゃグラタンの中身断面はこんな感じ。左側の下の方にゆで卵、右側にカボチャが見える。
これはこれで悪くないが、全体がもう少しクリーミーな方が一体感があったな。
具の存在感よりソースの一体感の方がオレの好み的には重要らしい。

どちらかっつーと前回のレシピでパセリと粗みじんのゆで卵混ぜたのがベストかもね。次はそうしてみよっと。

  1. 2008/12/07(日) 02:03:20|
  2. 食べ物 - 作ったもの/レシピ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


本文の文字をデカくしてみた。>> | ホーム | <<ブリ照りふたたび

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2666-757c5e46
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。