QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

かっとばせー日経!

今朝電車の中で日経読んでる人の向かいに立ったのだけど、その一面に、

  ウォン安対策、韓国に2.8兆円融通 日本政府方針、通貨危機防止(NIKKEI NET)

 

日本政府は通貨ウォン相場の急落で外貨不足の恐れのある韓国を支援するため、日韓で結んでいる協定を拡充する方針を固めた。ウォンと引き換えに円やドルを韓国に融通する通貨交換(スワップ)協定の資金枠をいまの130億ドル(約1兆2000億円)から300億ドル(2兆8000億円)規模に広げる方向で最終調整しており、中国も人民元の供給枠を増額する方向。13日の日中韓首脳会議で正式合意する。金融危機の打撃でウォンがアジア通貨危機以来の安値に急落する中で、連携強化により危機再発を防ぐ。

 日韓が結んでいる現在の通貨交換協定には、中央銀行間でいつでもウォンと引き換えに円を融通する協定と、国際通貨基金(IMF)が緊急融資を発動するような「危機」時にドルを供給する協定の2種類がある。それぞれの枠は円が30億ドル分、ドルが100億ドルで、合わせて130億ドル相当になる。これを 2.3倍に引き上げる方向だ。


IMFに1000億ドル融資するって話が先日あったばかりなのに、どうなのこれ?と思い、いろいろとぐぐってみると、


  篠原財務官:日韓通貨交換協定の規模拡大、「額については調整中」 (bloomberg.co.jp)

篠原尚之財務官は11日午前、省内で記者団に対し、通貨ウォン相場の急落で外貨不足の恐れのある韓国を支援するため、日本政府が日韓で結んでいる通貨交換(スワップ)協定を拡充する方針を固めたとの同日付の日本経済新聞の報道について「先月ワシントンで行われた日中韓財務大臣会合で、2国間スワップ取り決めの規模拡大を検討することで合意している。額については調整中」と語った。

  報道によると、ウォンと引き換えに円やドルを韓国に融通する通貨交換協定の資金枠を現在の130億ドル(約1兆2000億円)から300億ドル(約2兆 8000億円)規模に拡大する方向で最終調整しており、中国も人民元の供給枠を増額する方向という。13日に福岡県太宰府市で開く日中韓首脳会議までに決めるとしている。


いわゆる「そんなことは言っていない」ってやつかな。ソースがどこなのかいろんな意味で興味深い。
「日本経済新聞 誤報」でぐぐるとわかるが意外と「飛ばし」が多いんだよな日経。
飛ばしかどうかは明後日わかるわけだが、メディアの報道は例によって当てにならんからなあ。

どちらにせよ「通貨交換(スワップ)協定の資金枠」といっていることからチェンマイイニシアチブの枠組みで取り扱われるようで、IMFとのリンクなしにスワップされるのは全体の20%。それ以上のスワップはIMFルールの下に発動される。
もちろんその20%だって拡大すれば5600億円に達するわけだけで、紙くずを掴まされる日本の正直どこにメリットがあるんだよ、とは思うけど。
前回融資した6500億円のように踏み倒されるのがオチだと思うし。

両方あわせれば1兆円越えるな。バブルん時の朝銀への資金注入といい、半島にどれだけつぎ込んだら気が済むんだよ日本。戦後は協力金や技術支援。遡って日帝36年もほとんど赤字経営だったわけだし。
結局、知恵付けて甘やかしたツケだよなこれ。そこは日本が悪かった、とは正直思うわ(笑)。

  
  【日韓】 心の狭い金持ちの隣人、日本~韓国の危機に冷たいが、どう活用するかは私たち次第(ADON-K@戯れ言)

日本の中学校教科書解説書が触発した'独島(日本名:竹島)事態'で韓日関係が急冷した去る7月末。日本の極右系である産経新聞にはこんな寄稿が載せられた。「韓国の対外債務が増え、外国為替保有額は減っている。韓国がまた第2のIMF(国際通貨基金)事態にあう可能性も挙論される。その時、日本に緊急融資を要請するかも知れないが、(今のように独島問題に韓国が強硬に出たら)日本国民が果してそれを容認するだろうか。」日本の防衛省シンクタンクである防衛研究所の武貞秀士統括研究官が書いた文だ。

当時は「日本はこんな無茶な脅迫までするのか」程度に心に刻んでおいた。しかし、このごろには残念ながら、「それが無茶な脅迫ではないかも知れない」という気がしている。先月アメリカ発金融危機で国際金融市場が閉塞し、韓国の健全な銀行がドルを得られず、足をばたばた踏みならして、国内外で「外国為替危機説」が高まった時、結局私たちは日本に手をさし出した。李明博(イ・ミョンバク)大統領が緊急提案した韓・中・日首脳会談はグローバル金融危機に3国が共同対処しようという名分だったが、日本は尻に火がついた韓国が緊急救助信号(SOS)を発したものと理解した。

最初は9月に日本で開かれる予定だった韓・中・日首脳会談は、韓国が独島事態を理由に目障りだったという点で、対面がつぶれたのは明らかだった。韓国政府が要請した日本・中国などとの800億ドルアジア共同基金造成や通貨スワップ(交換)も同じだ。不如意な韓国が手をお手上げになったのは間違いない。切迫した韓国に日本は無情にも冷たく出た。韓国・中国などとの共助を全く無視しているのではないが、韓国に対する支援には確かに消極的だ。通貨スワップでもそうだ。

全く不可能と見られていた韓国とアメリカの間のウォン・ドルスワップは成立したが、既存の通貨スワップ規模をふやそうという日本との論議は具体化されていない。アジア共同基金も、日本はアジアでの経済主導権を得るための手段だけに関心があるだけだ。私たちの立場では、真実「心の狭い」隣人を持ったわけだ。アメリカに続き世界第二位の経済大国、中国に続き世界第二位の外国為替保有額を持った金持ち国家が日本だが、隣りの韓国にはけち臭いこと言い尽くせない。窮地に追い込まれたアメリカのモーガン・スタンレーには90億ドル(約10兆ウォン)を支援しながら、韓国には酷いではないかと残念に思われる。

最近、東京を訪問した政府関係者も韓国に対する日本の冷ややかな態度に「日本はアジアのリーダーとして資格がない」と鬱憤をはき出した。問題はいくら心が狭くてけち臭いといっても、日本は無視できない金持ちの隣人と言う事実だ。韓国の輸出比重だけ見ても中国(22%)アメリカ(11%)に引き続き日本(7%)が三番目だ。韓国に対する外人直接投資規模は日本が今年に入って9月末まで8億8400万ドルでアメリカ(9億4700万ドル)と並ぶ。韓国製造業はまた部品・素材分野で日本にどれほど寄り掛かっているのか。

歴史的には忘れることができない傷をつけたし、今も無茶な脅迫までする隣人だが、どのように活用するのかは私たちに次第だ。日本が好きだからではなく、私たちが暮らすためだ。日本のように気難しい隣人を持ったことも結局、私たちの宿命だ。

ソース:京郷新聞(韓国語) 心の狭い金持ちの隣人
http://www.hankyung.com/news/app/newsview.php?aid=2008111084061&sid=0105&nid=005


あんだけ資金と技術の援助を受けておいて「心が狭くてけち臭い」だとさ。まず借りた金を返してからものを言えよ。
米国から借りたドルもどうせ介入に溶かしちまったんだろうし、いよいよ「金に困っている」ということですね。よくわかります。

>今も無茶な脅迫までする隣人だが、どのように活用するのかは私たちに次第だ。
いったいどの辺が「脅迫」なのかよくわからんが、どんだけ上から目線なんだよ。
日本と朝鮮ではどうやら「脅迫」の意味が違うらしいw。

そんなオマエラにはこの言葉を送るよ。

  韓国では嫌いな相手からカネを借りたり、技術を教えてもらう社会習慣でもあるのか?(園田直(元外務大臣))


一方その頃、北はテロ宣言をしていた。さすがテロ支援国家。
こういうのこそ「脅迫」というんじゃないのかね(日本語的には)。


  「今に見ていろ」と北朝鮮 総連団体捜索で報復示唆か(MSN産経ニュース)

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は9日、警視庁が税理士法違反容疑で在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)傘下団体の元幹部を逮捕、関係団体を家宅捜索したことについて「極悪な行為」と非難、「日本の反動勢力の犯罪行為は必ず清算されるだろう。今に見ていろ」と報復を示唆したとも受け取れる論評を掲載した。朝鮮中央通信が伝えた。

 北朝鮮メディアの対日非難論評で「今に見ていろ」といった強い感情的表現が登場するのは異例。

 論評はまた「朝鮮総連と在日同胞への日本反動勢力の弾圧は、これまでになかったほどの極限点に達している」と指摘、「このような犯罪行為を決して許すことはできない」と強調した。(共同)


日本と朝鮮ではどうやら「犯罪」の意味が(ry
だから、そんなに嫌なら帰ればいいじゃない。拉致したわけじゃないんだからさ。
全く、北も南のろくなもんじゃないな半島は。こっち見んなよ。
  1. 2008/12/11(木) 23:38:39|
  2. 朝鮮半島ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


さすがTBS(と毎日新聞)だ。何も学んじゃいねえ。>> | ホーム | <<祝!復活『蒟蒻畑』

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2673-39765e1e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。