QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソニー製品なのに

コレは欲しいとちょっと思わされてしまった。悔しい。

  ソニーが超軽量ミニノート「VAIO type P」を正式発表、高解像度液晶やGPS、HD動画再生機能などを搭載(GIGAZINE)

 
VAIO P

封筒とほぼ同等のコンパクトなファンレスボディに加えて本体重量634gという軽量性を実現しており、高解像度液晶に加えてGPSやカメラ、HD動画再生機能などを搭載した本格的なモバイル端末となっています。


見た目往年のオアシスポケットを思い出す。

今流行りのNetbookは安いだけで、常時持ち歩くなら600gぐらいが限度と思ってただけにコイツはちょっといい感じ(仕事でもっと重いの持ち歩いてるけど)。
今までこのクラスはせいぜいLOOXS Uぐらいしかなかったからね。あとはD4か。
でもLOOXS Uはちょっと画面小さすぎる感じだし、タブレット要らないし、このくらいがいいかも。

CPUはファンレスなのかな?ファンレスならSSD選択で無音ノートになるし。
OSがVistaなのがちょっとイヤンな感じだけどなあ。

これが呼び水になって他のメーカーからもこのサイズのノートが出て来ると、いろいろと機能も価格もブラッシュアップされていい感じなんだけどなあ。とりあえずリブレット復活希望。


AMDからも薄型ノート用プロセッサが発表されたし。


  Atom/Nanoに対抗する超薄型ノート向けプロセッサ「AMD Athlon Neo」発表(マイコミジャーナル)

AMDは、コードネーム「Yukon」と呼ばれていた超薄型ノートブックPC向けプラットフォームを正式に発表、その中核をなすプロセッサとして「AMD Athlon Neo Processor for Ultrathin Notebooks」(以下Athlon Neo)を発表した。実質的に、Intel Atomプロセッサや、VIA Technologies Nanoプロセッサに対抗する製品と目されている。

Athlon Neoは、現時点で「Athlon Neo MV-40」1製品が発表されている。Athlon Neo MV-40はシングルコアの製品であり、動作クロックが1600MHz、512KBのL2キャッシュを搭載し、消費電力値は15W、65nm SOIプロセスで製造される。プロセッサパッケージは27×27mm、高さが2.5mmとなり、より小さく薄いノートブックに対応可能。そのほか PowerNow!による電圧および動作クロックの可変にも対応している。ソケット形状は新形状の「ASB1」が採用される。

また、Athlon Neoの廉価版とみられる「AMD Sempron Processor for Ultrathin Notebooks」も「200U」「210U」の2製品が公開されている。こちらはL2キャッシュをAthlon Neoの半分となる256KBに削減し、動作クロックは200Uが1000MHz、210Uが1500MHz、消費電力値は210Uが15W、200Uはさらに少ない8Wとされている。ソケット形状は200UがASB1、210Uは従来のAMDノートブック向けCPU同様のソケットS1とされている。

チップセットは「AMD M690E」が利用される。AMD M690Eという同名のチップセットは既に組み込み向け製品で採用例がある。AMD M690EにはDirectX 9.0対応のグラフィックス機能「ATI Radeon Xpress 1250」が統合されているほか、オプションとしてより高性能な外部GPU「ATI Mobility Radeon HD 3410」も組合せ可能とされる。Mobility Radeon HD 3410を利用することで、3D性能が高まるほか、DVI、HDMIといったディスプレイ出力も可能とのことだ。AMDではこれら製品の組合せにより「真のHDエンターテインメントを実現する」と述べている。

同時に、Athlon Neoを搭載する初の製品として、HPから「HP Pavilion dv2」が登場すると発表されている。HP Pavilion dv2のスペックは、12.1インチディスプレイを搭載し、厚さ1インチ未満、重さ1.8kg未満というもの。


それなりに安ければintel対抗として採用されると思うけど、どちらかというとチップセットのグラフィック性能を生かしたマルチメディア高性能薄型ノートという、ATOMとは違った方向性を目指しているように見える。ATOMとC2Dの間を狙ったような。
ある意味ニッチなワケで2番手の戦略としては有りかもしれないが、オレ的には上記のVAIO Pのような超軽量小型ノートPCを出してほしかったなあ。
でも、ATOMがTDP2W台なのに、200Uでも8Wだから期待薄かな。
  1. 2009/01/08(木) 23:31:52|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


初牛すじ煮。>> | ホーム | <<キャプチャーカードの寿命が延びたかも

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2724-aefbc39d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。