QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

転用食品

地産地消w。

  中国製ギョーザ、省政府が横流し斡旋 新たな中毒も(MSN産経ニュース)

 
なあに、かえって免疫力がつく。といったのは東京新聞だったか。
ちなみにこのニュースなぜか朝日では未だ報じられてない。忠義だねえ泪が出るねえw。
東京とか毎日が一応報じてるのは宗主国様が違うからか?


 【北京=矢板明夫】昨年1月に発覚した中国製冷凍ギョーザによる中毒事件後、製造元の国有企業「天洋食品」(河北省石家荘市)が売れ残った大量のギョーザを、地元政府の斡旋(あっせん)で同省内の鉄鋼工場に横流しし、新たな中毒事件を引き起こしていたことが24日までに分かった。「中国国内での毒物混入はない」と断定した中国当局の発表を信用したためで、同省関係者もギョーザを食べた従業員も危険性について認識していなかったようだ。

 河北省の国有企業幹部によると、日本との取引を中止され経営難に陥った天洋食品を救済するため、地元の国有企業を管轄する同省国有資産管理監督委員会は、同じ国有企業の同省鉄鋼グループに対し、売れ残った10万食以上のギョーザの購入を持ちかけた。ギョーザは同グループ傘下の唐山、承徳、張家口など各地の子会社で無料配布されたが、それを食べた複数の従業員が下痢や嘔吐(おうと)などの中毒症状を訴えたという。


普段から食ってる中国人だからこういうのには慣れてるかと思ったらそうでもないんだな。
ヤツラ中共政府のいうこと信じてんのか。意外とお人よしなんだな、と思ってたら、


  「日本の“中古品”なぜ」回収ギョーザ中毒で怒る従業員(MSN産経ニュース)

中国河北省唐山市の鉄鋼メーカー、唐山鋼鉄で昨年4~5月に配布された天洋食品(同省石家荘市)製のギョーザは、食べた一部の従業員が中毒症状を起こしたが、ほかの多数の従業員は「日本で中毒を起こした“中古品”をなぜわれわれに食べさせるんだ」と懸念し、封も切らずに廃棄していた。

 昨年1月末に日本で事件発覚後、中国公安省は2月末に中国国内での混入の可能性を否定していた。今回発覚した無料配布は、6月の中国での中毒事件で国内混入が決定的になる前。天洋食品を監督する河北省国有資産監督管理委員会は「安全」と判断、監督下の企業に配布させたが、従業員らは当初から「危険性」を感じていたようだ。


当たったのはバカ正直に食ったほんの一部ってことらしい。一応日本で起きたことは知ってんだね。
中国で農薬が混入されたらしいことも。
まあこれでメタミドホス混入が天洋食品で行われたことはほぼ確実になったな。

一方、このニュースを報じない朝日はアエラにこんな記事を載せてたらしい。ソースは2chだが。

  

8 :名無しさん@九周年:2009/01/11(日) 21:40:53 ID:16i2frIe0
AERA立ち読みしたら
養老孟司とかいうじーさんのコラムがすごかった


ラオスで日本語で冷凍ギョーザと書かれたギョーザが売られていた
日本から締め出された毒入りギョーザがラオスへ売られていたのだ
日本人は毒入りギョーザを締め出してすっきりしたかもしれないが
そのせいで迷惑を受けている外国の人もいる
日本人はこのことについてうしろめたさを感じるべきだ


どうしても日本が悪いことにしたいらしい。いや、それ日本全然関係ないから。
横流しする中国人の問題だろどう考えても。ラオスもいい迷惑だな。
1月19日号らしいがちょっと1次ソースの確認は出来なかった。
まあ養老先生の世代はいろいろと壊れてるみたいだから、バカの壁が作動すんのも仕方がないかもしれないけど。

ちなみに日本人はあれからどうなのかというと、


  【ギョーザ中毒事件1年】「中国製品こりごり」 対策進んでも買い控え傾向(FUJI SANKEI BUSINESS i)

中国製冷凍ギョーザ中毒事件は今週の30日で発覚から1年を迎える。「冷凍食品も中国製品ももう買わない」。娘(37)と孫(4)が激しい中毒症状を訴えた千葉市の男性(70)は今も怒りが消えない。冷凍食品メーカーは原料原産地の表示など情報開示や、工場の管理体制強化などの対策を強めているが、依然として冷凍食品の買い控え傾向が続いているという。
中国製品買わない
 「中国の製品を買わなくなった。ラベルに日本製と書いてあっても信用できない」。問題の冷凍ギョーザを夕食で食べた娘と孫が中毒症状で病院に運ばれた、千葉市の男性はそう話す。娘は今もたまに病院に通っているという。
 農林水産省の基準では冷凍食品は製造国の表示義務はあるが、原材料の産地まで表示する必要はないが、事件を機に冷凍食品メーカー各社は、相次いで原材料の産地公開に踏み切った。東京都は6月、都内で販売される国内製の冷凍食品の原材料(5%以上含まれ、重さが3番目まで)の産地表示を義務づけるが、各社はさらに踏み込んでいる。
 マルハニチロ食品(東京都千代田区)は原料原産地をホームページで公開、パッケージにも商品を製造した国や県まで記載。味の素(中央区)は大半の製品で肉や野菜、魚の産地表示をパッケージに盛り込んだ。
 冷凍食品は膨大な材料を使用し、すべてを記載すればパッケージの面積が足りない。そこで、ニチレイフーズ(中央区)は、携帯でパッケージの2次元バーコードを読み取れば、産地が確認できる方法を取り入れたという。
続く買い控え
 進む情報開示だが、消費者の敬遠傾向は続く。日本冷凍食品協会が昨年11月に実施したアンケートによると、事件後に冷凍食品を「全く使わなくなった」「(使用が)減った」と答えた消費者は60・1%に上り、事件から1年になろうとしているが、“後遺症”が続いていることが浮き彫りとなった。
 マルハニチロ食品は事件直後、売り上げが約30%落ち込んだ。「特に中国製は今も売れず、店頭にさえ置いてもらえない」(担当者)といい、全製品の約1割を占めていた中国製を1・5%まで減らした。味の素も主力のギョーザなど8品目で一部原料を国産に切り替えた。この不況下で平均15%の値上げとなったが「品質の向上で、安心感を与えられる」とする。
 問題の冷凍ギョーザを輸入した「JTフーズ」(港区)は昨年4月~9月、家庭用製品の売り上げが6割減少。パッケージに主原料の産地記載の措置を取るなどの対応に追われるが、それでも「コスト面で中国製をなくすことはできない」。


どっかのコピペで、「日本人の客はこわい。不満があった場合、その場で文句は言わないがもう二度と来ない」というのを見たがそうかもしれないなw。
オレは自分で買う食材は国内の生産者を応援する心意気もあってほぼ国産だけど、昼飯とか外食だしな。だから外食自体もなるべく控えてんだけど。
たしか昨年の中国からの輸入食料品は前年比2割減ぐらいで、減少率すくな!っと思った覚えがあるし、スーパー行くとまだ結構売ってるし、気にせず食ってるやつも使っている店もまだまだ多いんだろうな。
「中国産」と書かれてたらまずオレは買わないけど。
それでも産地偽装もあるしね。厳罰にするべきだろこれ。罰則が甘すぎるんだよ。
マスゴミも雪印や不二家やBSEのときはあんなにぎゃんぎゃん騒いだくせに、宗主国様相手だと腰砕けだからな。
船場吉兆は散々叩いたくせに使いまわし8割の残飯国には、ウォン安だから旅行に行こう!だしね。
そんなにいいならマスゴミ様の社員食堂はオール特亜産食材にすればいいのにw。
  1. 2009/01/25(日) 22:09:00|
  2. 中華人民共和国ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


これは正真正銘>> | ホーム | <<ひさびさロールキャベツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2739-c483d478
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。