FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

死にません。やらなきゃならないことがあるんです。

離婚した元妻から通告の手紙が来た。文面はソフトだが要は、
浮気相手と再婚したこと。
子供達と共に引越すので、住民票移動の委任状および子の氏の変更届を書け。上記の件につき調停の申し立てをした。ということだ。

元妻を表現するのに文字を費やすのも惜しい。端的に言って彼女はクラスターB群だ。当てはまる性格条件に本人も納得していたし、少なくともその傾向があるのは間違いない。ちなみにセオリー通り外面は非常によい。

元妻の家で大部分を過ごす子ども達の親権はいまオレにある。彼らは現在近くに住んでおり二つの家を自由に往来している。オレは働けば世話が出来ず、面倒を見ればいずれ金が無い。というジレンマに直面し続けてる。
「子どもは親の満足のためにいる訳じゃない」というのがオレのモットーなので、離れて暮らすのはある意味仕方が無いという気持ちもある。元妻が人を殺すのも厭わないような性格の人間でなければの話だが。
オレはキレた元妻に包丁で切りかかられて離婚に踏み切った。度重なる浮気、暴言、暴力はともかく殺されてはね。
「死にません。やらなきゃならないことがあるんです。」という小狼の台詞はそのままオレの心の叫びだ。

ただ、現行法はあまりにも女親に有利で今のオレに出来ることが少ないのも事実。
今のところ虐げられている様子も無いし、子ども達の様子を見る限り大丈夫かな、とも思う。特に上の子はいろいろ考えるところがあるようだ。でもまだオレが話したところで理解はできないだろう。
それに彼らには彼らの大事な日常がある。

元妻が再婚したとか引越すとか、そういうのはどうでもいい。
彼女がいなくなって実際ホッとしている。家を壊されることもないし。
関わりたくないというのが正直なところだ。子供のことさえなければ。

さて、無抵抗か、徹底抗戦か。
「辛かったことはいつも考えていなくてもいいんだよ。忘れようとしても忘れられるものじゃないから。」
  1. 2005/06/26(日) 00:00:00|
  2. 日記
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


わかってねーなー。>> | ホーム | <<泣き男。 - 見られてもいい涙? -

コメント

 すげぇ馬鹿みたいな一般論で申し訳ないのですが、辛かったことを徹底的に言葉にして、いつも考え続けるというのは、それを気にしなくなるための一番の近道である、と精神医学の本は言っています。ホラー映画なんかでも、何度も何度も繰り返して見ているとコワくなくなっちゃう、というのと同じ原理です、と精神医学の本は言っています。「オレがblogを書く理由」のコメントでも書きましたが、言葉にすると過去になっちゃいますから。その上で何か考えてみると、良い答が出てくるかも?しれません、などと言う一般論が役に立つ状況とも思えませんが。すみません。
  1. 2005/06/26(日) 21:24:00 |
  2. URL |
  3. ぼく #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントありがとうございます。これにコメントが付くとは思わなかった。

>辛かったことを徹底的に言葉にして、いつも考え続けるというのは、それを気にしなくなるための一番の近道である

意味はわかります。ただオレの場合ある意味現在進行形なので・・・。
  1. 2005/06/26(日) 22:38:00 |
  2. URL |
  3. Zak #79D/WHSg
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/276-9cbb25c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)