QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

読売も劣化してきたか。

親分がナベツネだし、元々オレはあまり好きじゃないけど読売。巨人も嫌いだし。

  「韓国の反発を招いた『ヘタリア』、自主規制は当然だ」との読売新聞英語版記事、海外紙にも掲載される (ニダー速報)


 

日本のCSテレビ「キッズステーション」は1月16日、24日からの予定だったアニメ「Hetalia: AxisPowers」の放送を中止すると発表した。「ヘタリア」製作委員会は、この突然の中止は「テレビ局側の都合によるもの」としている一方、キッズステーション側は「諸般の事情により」決定されたものだとして、詳細な説明は行なっていない。だがネット上では、この決定は「ヘタリア」の内容に対する抗議活動に影響されたものだ、と言われている。<訳注: 以後、ヘタリアの内容紹介なので中略>

マンガ「ヘタリア」のアニメ化が発表されるやいなや、多くの韓国のネットユーザーが、韓国キャラの描写は自国を侮辱するものだとして、放送中止を強力に要求した。韓国キャラは、「米国に弱腰で、中国を『兄貴』と呼び、反日的である」人物として描かれている。ネット上での署名活動も行なわれた。放送中止が発表されたのは、こうした動きが日本で報じられ始めた直後だった。

自国や他国の典型的キャラクターを日常会話や小説の中などでジョークにするのは、どこの国でもあることだ。「ヘタリア」原作者の日丸屋氏も自著の中で、各国の典型的キャラクターについて調べている中でエスニックジョークを扱ったウェブサイトに行き当たった、と述べている。また日本のオタク・カルチャーには、電車やOS等の無生物をも「萌え擬人化」する伝統がある。

ではどうして、「ヘタリア」はそうした表現手法の一つだと見てもらえなかったのだろうか?

思うに、意図がいかほど軽微ないし無害なものであっても、ある国や民族をマンガやアニメの中でキャラクター化することは、不可避的に大きなリスクを伴うものなのである。今回の「ヘタリア」に対する反発は韓国のネットユーザーからのものだったが、他の国から同様の抗議が来ないという保証はどこにも無い。

この種のジョークは、私的に楽しむ限りにおいては重大な問題に発展しないかもしれない。だが、そうしたジョークが各種の民族的・宗教的理由に基づく「正義」と衝突したときにいかなる反響を呼び起こすかを、私たちは考えておく必要がある。

2005年にデンマークの新聞が預言者ムハンマドを風刺する漫画を掲載したのがイスラム諸国の怒りを買い(イスラム教はムハンマドの図像を公にすることを禁じている)、大騒動になったのをご記憶だろうか。多くの人々が翌年、暴力的デモや各種事件の犠牲となった。

とはいえ筆者も、「ヘタリア」に魅力があることを否定できない。とりわけ「ちびたりあ」の可愛らしさには抗しがたいものがあるのは事実だ。けれども世界の平和のため、こうしたキャラで楽しむのは、この極東の小さな島国に限定しておくのが良いのではないだろうか。たとえそうした態度が「ヘタレ」呼ばわりされたとしても。
【福田淳(ふくだ・まこと) / 読売新聞アニメ・マンガ担当記者】

▽ソース:ザ・スター(マレーシア最大の英字紙)
http://www.star-ecentral.com/news/story.asp?file=/2009/2/1/tvnradio/3106251&sec=tvnradio
▽ソースのソース: DAILY YOMIURI(読売新聞英語版)(Jan. 23, 2009)
http://www.yomiuri.co.jp/dy/features/arts/20090123TDY13003.htm


>この極東の小さな島国に限定しておくのが良いのではないだろうか。
元々キッズステーションというケーブルテレビの「島国限定」の放映の予定だったのだが。
原作にしても国内で日本語版しか販売されてないし。
この福田淳とかいう読売新聞の記者様は何を見ていったい何を書いているのか自分でわかってるんだろうか。
まあ「ヘタリア」の原作サイトもWeb放映するアニメイトTVもkrドメインは弾いておいた方がいいな、とはオレも思うけど。見せなきゃいいんだよな見せなきゃ。どっかの国の動画サイトみたいにさ。

>韓国キャラの描写は自国を侮辱するものだとして、放送中止を強力に要求した。
そもそも韓国はアニメには出てこないし。

>不可避的に大きなリスクを伴うものなのである。
だいたい世の中に何らかを発表するにはそれなりのリスクを負うのは当然だ。でなければネットでの炎上などありえないわけで。
読売新聞は「言論の自由」を否定するのだろうか。それは自己否定じゃないか?

>そうしたジョークが各種の民族的・宗教的理由に基づく「正義」と衝突したときにいかなる反響を呼び起こすかを、私たちは考えておく必要がある。
このこの福田淳とかいう読売新聞の記者様は今回の件を宗教的なものと意図的か無意識にかわからんが混同しているが、つまりこんな話題をわざわざ議会に持ち込んで糾弾するような韓国人は狂信者だ、とでも言いたいのかな?

だいたい、読売新聞はこの文章を誰に読ませたかったんだろうか?
わざわざ英語記事で出したってことは日本人向けじゃないわけだよな(笑)。
でもまあ、海外の掲示板の論調はほとんど「韓国マジキチwwwww」で、この問題に関しては世界が韓国から孤立してるからな。
  1. 2009/02/04(水) 23:12:33|
  2. メディア - マスコミかカスゴミか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


続・漫画脳の恐怖。 No Change民主党(笑)>> | ホーム | <<政権取ったら本気出す(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2760-f40fd9ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。