QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

小沢一郎の本性

マジキチ。特亜の狗。

  【民主】小沢氏「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」 (痛いニュース)

 

2月上旬、都内で開かれた民主党議員と支持者による会合。党代表、小沢一郎が発した言葉に会場は一瞬凍りついた。

「拉致問題は北朝鮮に何を言っても解決しない。カネをいっぱい持っていき、『何人かください』って言うしかないだろ」

日本人の人権と日本の主権を蹂躙(じゆうりん)した北朝鮮の犯罪をカネで決着させる-。あまりにもドライな小沢発言は、当然のごとく、箝口(かんこう)令が敷かれた。

外交・安全保障をめぐる小沢の「危うさ」が露呈し始めている。

2月24日、記者団に「米海軍第7艦隊で米国の極東の存在は十分だ」と語り、波紋を広げた。「対等の日米同盟」を土台に、日本の防衛力増強を志向すると受け取れる発言の真意を、側近は「安保論議を活性化させようとして投じた一石だ」と代弁する。
だが、党内にも「先を見据えない、浅はかな言葉だ」(幹部)との批判が出ている。
「民主党に国民は不安も抱いている」。1月18日、民主党大会で国民新党代表、綿貫民輔はこう指摘した。民主党が政権に王手をかけたいま、小沢が唐突に繰り出す持論は、野党の足並みも乱している。
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090302/stt0903020008000-n1.htm


「北朝鮮」に「カネをいっぱい持っていき」、「何人かください」、だと?
犯罪者国家に対して金で迎合するというのか。なんて卑しい発言だ。
仮にも時期政権を狙う党の党首にあるまじき発言だろ。
しかし産経以外のメディアは華麗にスルー。麻生さんが同様の発言をすれば袋叩きだろうが。

つまり、小沢には拉致被害者を全員取り戻すつもりも無ければ、日本人を拉致れば金になるぞ、と宣言しただけで何の解決にもなっていない。
むしろ日本国民を拉致誘拐の危険に晒す最悪の発言だ。
これもまた「政権取ったら豹変」なんか?どちらにしても信用するに足らんだろ。
だいたい、満足に登院もしない(できない?)くせに。話すなら国会に出てきて話せ。

「拉致問題」が今の状態以上に進展しにくいことは認める。
普通の国なら軍を進めて強制的に奪還するところだろうが、今の日本は普通の国じゃないからな。
しかしそれでも現在この問題そのものが北朝鮮に対して日本が強固な「拒否」の意思を示す外交カードとして作用しているのであって、それをわざわざ捨てさせるようなこと、つまり日本のガードを弱めるようなことを言うのは小沢が北朝鮮に益をもたらしたいからだろう。
小沢のことだから、日本の国益より自分の利権が第一なんだろうが。
どこが「国民の生活が第一」だよ?拉致被害者は日本国民じゃないんか?


  さて今度はクリントンさんが小沢さんに会いたいと電話をかけた時の、その筋の噂話です(サンタの隠れ家)

小沢の師匠の金丸は、自宅倉庫にいっばい金の延べ棒を貯めて、
私服を肥やし、脱税で警察に捕まった。
その金塊の出入り調べれば、もっと悪事がばれたかも知れないが、忠実な子分の小沢は、これを最後まで揉み消し、かばいきった。
仁義に厚いとも言えるが、つまり善悪の区別がつかないやくざだ。
古い政治体質の持ち主
なんだ。
更に親分の金丸は北朝鮮に行って、戦後も日本人は北朝鮮に悪いことしたから、その賠償金を払うと約束した。
戦後日本人が北朝鮮に悪いことなど何もしてない。さすがに左翼がかった日本の新聞も、無責任、国交回復で名を挙げようとした、
税金の無駄使いだ。
売国奴だと非難したが、子分の小沢さんも、その片棒を担いでいた筈だ。


小沢の師匠はあの「金」丸だしな。そういうやり方は心得てるだろ。一体どれだけの金塊を積まれたやら。

それにしても津川雅彦さんがこういうブログを書いているのを始めて知った。
いろいろと付き合いやしがらみに縛られる芸能人にはこういう話題はタブーだと思ってたしね。ちょっと感動した。

  1. 2009/03/03(火) 00:26:38|
  2. 愉快な国内政治
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


今日のウォンコ>> | ホーム | <<ひさびさに肉じゃが

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2809-06f17f26
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。