QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

フィリピン政府の常識的かつ極良心的な判断

どうしてそんなに祖国に帰りたくないんだか。
あのゴネようはなんか帰ったら不味い理由があるんじゃねーの?とか勘ぐってしまうが。

  DFA to extend "humanitarian assistance" to Pinoy couple, daughter in Japan immigration row(「人道支援」を日本出入国管理騒動のフィリピン人カップルと娘まで広げるDFA)(mb.com.ph)


   
パスポートの本当の持ち主である本物のカルデロン夫妻はフィリピン国内で行方不明になっている、とかさ。

The Department of Foreign Affairs (DFA) has committed to extend "humanitarian assistance" to a Filipino couple who were asked to leave Japan due to illegal staying, a diplomatic source said.
(フィリピン入国管理局(DFA)は日本に不法滞在のために国外退去を命じられたフィリピン人カップル(カルデロン夫妻)のために「人道支援」に最大限努力する、と外交筋が伝えました。)

"The DFA officials expressed readiness to send humanitarian assistance to the Filipino couple and their daughter should they decide to go back to the Philippines," the source said. Japan threatened to deport Arlan and Sarah Calderon who were discovered to have entered Japan with fake passports almost 17 years ago.
(「DFA 当局は、フィリピンへの帰国を決断しなければならないフィリピン人夫妻と彼らの娘に人道的支援を送る用意があると表明した」とその筋は伝えました。日本は約17年前偽造パスポートによって入国したと判明したアランとサラ・カルデロンを追放すると脅しました。)

The assistance, the source said, includes services provided by the Department of Social Welfare and Development (DSWD) to help the child adjust in her new home, he said.
(支援は子供の新しい居住地への適応を援助するために社会福祉局(DSWD)によって提供されるサービスを含む、とその筋は伝えました。)

The source said the Philippine government couldn't give in to the couple's request to remain in Japan because it would only send the wrong signal to the international community. "What can we do? They're asking to stay in Japan. Does it mean that they don't want to stay in the Philippines?" he asked.
(間違った認識を国際社会に与えるだけなので、フィリピン政府は日本に残りたい夫妻の要求に屈服することは許されなかった、とその筋は伝えました。「我々は何をすることができますか?彼らは日本に留まりたいと頼んでいます。それは彼らがフィリピンに戻りたくないことを意味しますか?」と彼は尋ねました。)


フィリピン政府の言うように、そもそも入管がふらふらブレて変な温情をかけているのがそもそもおかしい。
不法入国者は法に照らして即座に叩き出せばよろしい。
だいたい偽造パスポートを用いて入国した犯罪者に対してここまでの支援を表明してくれる祖国に何故帰りたくないんだか?

不法に入国したのだから一度国外退去した後に法に従って改めてまっとうに再入国したらいいんじゃないの?とオレは思っていたんだけど。
特別扱いよりも、本人達だってその方が胸を張って日本にいられるんじゃないのかな。オレならそう思うんだけど。
だいたい、正規の手続きを踏んできちんと入国しているフィリピンの人たちをバカにする行為だよアレ。
順法精神が無さ過ぎる。そんなヤツどこの国でも歓迎されないだろ。

彼らの支援者の主張を聞いていると、彼らが日本でまっとうに暮らしていけることより、単に入管の態度をなし崩しにする前例を作りたいだけに見える。
なぜ彼らは法を曲げることばかり考えるんだろうか。
法曹の「法」は無法の「法」だったっけ?

試しに有力な支援者の渡辺彰悟弁護士をぐぐってみると、


  韓国遺族会裁判経過

訴訟名称 アジア太平洋戦争韓国人犠牲者補償請求事件
提訴 1991年12月6日(原告35人)追加1992年4月 日
原告 当初35人 追加6人
裁判所 東京地方裁判所 (民事17部)

訴訟原告代理人・弁護士
高木健一 幣原廣 林和男 山本宜成 古田典子 渡邊智子 福島瑞穂 小沢弘子 渡邊彰悟 森川真好 梁文洙

(中略)

●第30回口頭弁論(1999年 5月10日)
 ○被告準備書面(9) ・原告準備書面(22、23、24)に対する反論-原告らの請求は、日韓協定とこれをうけた措置法144号で消滅している。

●第31回口頭弁論(1999年 7月26日)
 ○原告準備書面(25) ・原告らのうち元慰安婦を除く原告32名は、未払給与等債権を有する事実を主張し、総額を明示しない一部請求をなしている。 ・被告準備書面(2)の2で主張する事実関係の認否について ・原告らの主張ー措置法は憲法29条に違反し、無効である。

●第32回口頭弁論(1999年 10月25日)

●第33回口頭弁論(2000年 1月31日)結審


案の定、っていうか。「ああ、そういうことか。」って感じ。
「間違っていたのは俺じゃない。政府の方だ!」ということですね。わかります。

そういえばフィリピン政府のこの真摯な対応を、例によって日本のマスコミは報じてないようだけど。
まあいつものことだしな。ヤツラも同類だから仕方がない。
  1. 2009/03/15(日) 23:41:44|
  2. リアルの痛い人たち - サヨクとか自称被害者とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


また小女子煮てみた>> | ホーム | <<多摩電子工業 Z-248 & Z-258

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2838-b07cb6f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。