QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

多摩電子工業 Z-248 & Z-258

多摩電子工業 Z-248 & Z-258昨日あきばおーで100円で投げ売られてた多摩電子工業のイヤホン2種。
これまで多摩電子工業のイヤホンはハズシてないので買ってみた。2つで200円だし。
Z-248がipod nano用でZ-258が2代目Shuffle用みたい。
色は白と黒とあと白青ツートンのやつとかあった。
また色により型番違いだと思うけど、型番までは覚えてない。

 
Z-248箱から出してみる。
なんか台紙がやたら凝った取り回しになってて取り出しにくい。
ipod nano用のこちらがZ-248。
プラグ部の上側にイヤホンジャックがあり、イヤホンをもう1個挿すと2人で聴けるようになっている。
凝ってるね。


Z-258で、2代目Shuffle用のこちらがZ-258。
それぞれプレイヤーの取り付け部分が違う。こちらはイヤホンジャック無し。
ストラップ周りとかは同じみたい。下半分はコードのみで支える構造。一応太くなっているところの根元で外れるような構造になっているのだけど、結構固いのでその前にコードがブチッと逝きそう。


プラグ部プラグ部分をアップにするとこんな感じ。
Z-248はipod nanoにプラグ部分を挿すように、Z-258はShuffle本体をはめ込むようになっている。
しかしコードのみで支えるのは強度的にやや無謀な気もするが。
一応プラグは金メッキ。



ハウジング部ハウジング部はこんな感じ。左がZ-258で右がZ-248。
Z-258のハウジング後部のレンコンみたいな穴はダミーっぽい。
両者とも音漏れはそれほど無いので。

イヤーチップは両者共通っぽいね。素材の装着感はやや柔らかい感じ。SサイズとLサイズも付属してる。

音的にはどうかと、エージングもせずに聴いてみると、Z-248の方は、アルミハウジングを謳っているだけあって高音がキラキラ響く。イヤーチップの径が大きめなのか低音も割と出てる。
音場が曖昧で広いのはこれまでの多摩電子工業の他のイヤホンと共通する特徴。
これはなかなか悪くないんじゃない?

Z-248と較べて明らかにハウジングが軽いZ-258はどうかというと、こちらはややモコモコした感じ。
あまり面白みの無い音だなあ。エージングで化けるかな。

とりあえずエージングしてみるかなあ。
ネックストラップ型は改造しないと普段使う気はしないだけにあまり意欲は沸かないんだけどw。
  1. 2009/03/16(月) 01:25:22|
  2. AUDIO
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


フィリピン政府の常識的かつ極良心的な判断>> | ホーム | <<バカなだけじゃないんだな

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2839-ced7a5c1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。