QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

暗殺者はチンイルパ?

ありがちw。

  【WBC】 韓国で「イチロー暗殺Tシャツ」が大人気…なんと球団公認 (痛いニュース)

 

WBC1次ラウンドを1位通過して意気上がる韓国で、球団公認の仰天グッズが発売され、話題を呼んでいる。

今年は韓国統監・伊藤博文が暗殺されて100年目。
日本戦で好投した奉重根投手(28)を暗殺者の安重根になぞらえ、マリナーズ・イチロー外野手(35)を標的に据えた球団公認の悪ノリTシャツが大人気なのだという。

奉の所属するLG球団は12日、前日午後4時から発売した330着限定のそのTシャツが、ファンからの爆発的な反響を受けて約10時間で完売したと発表した。

正式な商品名は「奉重根義士」。価格は1万2000ウォン(約790円)で、9日に東京ドームで行われたWBC東京ラウンドの1位決定戦で先発し、5回3分の1を無失点に抑えて勝利に貢献した奉の活躍を記念し、急きょ発売したものだ。

そのデザインはなかなかに扇情的だ。日本戦を見た韓国のネットユーザーは、特に奉が日本の象徴イチローを3打数無安打に封じたことを「安重根義士が3発の銃弾で伊藤博文を倒したことと同じように痛快」と喜び、安重根と同じ名を持つ奉を「義士」「烈士」と褒めたたえた。
http://www.zakzak.co.jp/spo/200903/s2009031402_all.html

これに着目したLG側は安重根の偉人伝の出版社に承諾を得てこの表紙をパロディー。
Tシャツ前面では、安重根の顔の部分に奉の顔を合成し、「2009・3・9東京義挙奉重根義士」の文字を並べた。


これだけなら、はいはい韓国韓国、で終わりなんだけどね。別に驚かない。


  スポーツに政治を持ち込む韓国人の民度の低さ (あんた何様?日記)

日韓W杯の時にも、韓国はイタリアが相手なら、
「アズーリの墓場へようこそ」
「日本の同盟国イタリアは地獄に落ちろ!」 や、
ドイツ戦では、「ヒトラーの息子達は去れ!」
「 ドイツ選手の遺影に 「謹んで敗者の冥福を祈ります」文字 」
「ナチスのカギ十字横断幕」などなど、
相手国を罵る横断幕やプラカードの数々を掲げて、
対戦国のみならず他の国からも顰蹙を買ってましたね。


いつものことだし。
肖像権上等なとことか、相変わらずただのテロリストを「義士」に祭り上げてホルホルするところも含めてね。
やつらは別にスポーツが好きなわけじゃないんだよ。

でも・・・・・


  イチロー、2次ラウンドへ 「最高の器にふさわしくありたい」(スポーツナビ)

■イチローのサインボール

 14日(現地時間)午後、韓国の練習が終わった後、奉重根に会った。1次ラウンドで日本との決勝戦に先発し、日本打線を封じた投手とは、3年振りの再会。

 知らぬ選手ではない。2003年、彼がブレーブスの選手としてセーフコ・フィールドに来たとき、初めて会った。
 たまたまブレーブスのクラブハウスに顔を出すと、何かを聞きたそうにまなざしを向けてきたことを覚えている。

 彼は小声で言った。

「イチローにサインをもらいたいんだけど、どのタイミングで言ったらいいんだろう?」

 細かな気遣いに、協力したくなった。
 
 そのとき、イチローは打撃練習中。「終わった直後を狙えばいいんじゃない」とアドバイスすると、彼と2人、ブレーブスのダッグアウトで待ち構えた。

 やがて、打撃練習が終わる。ブレーブスの51番が、2つのボールとサインペンを手にマリナーズの51番に近づくと、イチローは笑みを返してペンを走らせる。「同じ背番号だね」なんていうやり取りが、ケージ裏であったらしい。サインを手に、奉重根は無邪気な笑みを浮かべていた。
 その2人も先日、東京ラウンドで3年振りに再会している。

 奉重根は肩を痛め、06年のワールドベースボールクラシック(WBC)が終わるとメジャーを去り、韓国の球団と契約した。

■奉重根「日本とまた最後に戦いたい」

 日本で彼は「イチローは僕のことを覚えているのか?」と不安だったそう。
 だが、東京ドームで顔を合わせると、話しかけてきたのはイチローだったというから、彼は感動した。

 まずは、イチローが聞いたそうだ。

「背番号は、まだ51番をつけてるの?」

 奉重根はうなずく。
 すると、イチローもうれしそうにうなずき返した。さらにイチローが聞いたのは、サインボールの行方。今は韓国にあって、ちゃんと飾ってあることなどを伝えると、さらにイチローは大きく微笑み返したと言う。

 イチローも本当に昔のことをよく覚えていると思うが、東京での対戦は3打数無安打。これはある意味、奉重根のイチローに対するお礼――。復活することでそれを示したと言えるかもしれない。

 奉重根は最後に言った。

「日本とは、また最後に戦いたいと思っている。イチローとも、また対戦したい」




  Ichiro everything one fan imagined(The Seattle Times)

Growing up in Seoul, South Korea, playing center field in high school, he watched Ichiro play center for the Orix Blue Wave.He saw the speed, the arm, the creativity. Ichiro was everything Bong wanted to become.(韓国のソウルで育ち、高校でセンターとしてプレーしながら、彼はオリックスブルーウェーブのセンターでプレーするイチローを見ていました。彼はその俊足、強肩、創造力を見ました。イチローは奉にとってなりたい全てでした。)
(中略)
Bong showed Ichiro his uniform number ― 51, a tribute to his hardball hero. He told Ichiro he changed his number when he was a junior in high school and has kept 51 since, even after he left center field to become a pitcher.(奉は彼の正真正銘のヒーローに対する敬意を込めて彼の背番号51のユニフォームをイチローに見せました。彼はイチローに告げました。この背番号を付けたのは高校生のときで、それからずっと、センターからピッチャーになっても付けているのだと。)
(中略)
"I always wished I had one autograph of Ichiro, and now I have two," he said. "I wish we could have talked more.(「私はいつもイチローのサインが欲しかった。そして今私はそれを2つも持っている。」「もっと私たちが話すことが出来たらと思う。」)


これらの記事が本当なら、件のTシャツに一番心を痛めてるのは奉重根本人なんじゃないだろうか。
球団公認らしいけど、異議を唱えると「親日派」認定されそうだし辛いとこなのかもなあ。
でも、これを容認する同調圧力の国の国民なのだから仕方が無いか。

こういうのを見ると、つくづく日本人に生まれてよかったと思う。

でWBC、次の対戦相手はまた韓国みたいだな。メキシコ応援してたんだけどなあ。
勝っても負けてもうるせえからなー。あーうぜえ。
  1. 2009/03/16(月) 23:31:18|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


バカなだけじゃないんだな>> | ホーム | <<自覚なし

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2841-0ae2c010
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。