QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ブレ続ける木鐸

全くだ。同感。

  愚挙を称える暴挙 (新小児科医のつぶやき)

 

3/23付読売新聞より、

女性ランナー輝いた…妊婦さん完走、赤ちゃんも頑張った

 3万5000人が都心を駆け抜けた「東京マラソン」。マラソン人気の高まりとともに、女性ランナーも急増している。妊娠7か月の妊婦、発達障害の息子を抱えた母、81歳のおばあちゃん――。風と雨に見舞われた22日、多くの女性もまた、それぞれの思いを胸にゴールを目指した。

 出産を今年7月に控えながら、完走を果たした岡田綾乃さん(36)(東京都練馬区)。3年目でようやく出場権を得て、医師と相談して「無理をしない」という条件でスタートした。

 途中、おなかが張ることもあったが、沿道では常に、夫の茂樹さん(37)が走りながら見守った。ゆっくりのジョギングを貫き、6時間13分の“長旅”だったが、茂樹さん手製の金メダルを首にかけられると、「一緒に頑張ってくれた赤ちゃんが、丈夫に生まれてきてほしい」と笑顔を見せた。


(中略)

わざわざ妊娠7ヶ月でマラソンを行なうことで、お腹の赤ちゃんにどんな影響があるかを普通の感覚なら考えます。マラソン参加は言うまでもなく自発的なものであり、誰かに強制されたものではありません。自分が妊娠中であっても走りたいという欲望のためだけに参加し、走った事になります。私は産科医ではありませんが、どう考えても胎児に好影響を与えるものと思えません。

(中略)

子供の事は夫婦の問題であり、他人が口出しする問題でないとの意見も出るかもしれません。それも考え方と言えない事もありませんが、それでは愚挙を称賛している読売新聞は、もう暴挙としか言い様がないと考えます。もう一度、読売記事の見出しを読んでください、

女性ランナー輝いた…妊婦さん完走、赤ちゃんも頑張った

妊婦ランナーを明らかに称賛しています。称賛するという事は、今後この記事に見習って妊婦ランナーが続出する事を称賛するという事です。妊娠7ヶ月の次は 8ヶ月でしょうか。臨月ランナーが来年走れば大絶賛する気でしょうか。記者はマラソン取材で「こぼれ話からの美談を作れ」の指示を受けていたのかもしれませんが、愚挙が壮挙に見える感覚に信じ難いものを感じます。


先日行われた東京マラソンで完走した妊娠7ヶ月の妊婦を読売新聞が褒め称えた記事に対する批判的エントリ。

マラソンのような継続的な運動負荷を母体に6時間以上かけることの胎児への影響、などという医学的実証データはおそらく無いと思う(無いと信じたい)が、それは当然いいことばかりとは限らないだろう。
この妊婦はその悪影響について考えなかったのだろうか?

オレには、この妊婦が
・フルマラソンによる身体的負荷によって胎児が被るリスクを認識していなかった。
あるいは、
・胎児へのリスクと自分が走りたい欲求を天秤にかけて自分の欲求を取った。
のどちらかとしか思えない。
「一緒に頑張ってくれた赤ちゃん」なんておめでたいことを言っているところをみると前者なのかもしれない。
胎児にしてみれば、むしろ無理やり頑張らされたのではないか、と思うのだが。
いずれにしてもそんな母親を持つ子供は産まれてからも苦労しそうだ。

これは覚悟とか自己責任とか誓約書を取ればいいとかそういう問題ではない。
これが、自分に持病があって走ると死ぬ可能性がある、というようなケースならたしかに覚悟で済むかもしれない。死ぬのは本人の責任だ。しかし産まれてくる子供は親とは全く別個の1人の人間だろ。
もしこれで子供に何かがあった場合、彼女は、子供と、そして自分と、どう向き合うつもりなのだろうか。
我が子に五体満足で生まれて健康に育って欲しいと願うのは親に共通する感情なのではないかとオレは思うのだが。
もしオレが彼女と同じ立場であったなら、怖くて出来ない。

それは個別的な事例としてさておくとしても。

これを一般的な事象として称賛するのは問題ありありだろ読売新聞。
妊婦に激しい運動の自重を促すならともかく。
これで何か起きれば対応するのは崩壊した医療機関てわけで、煽っておけば事故があってもマスコミは痛くも痒くも無い上に飯の種になるという彼ら流のマッチポンプかもしれないが。非常識にも程がある。

まあ、その前に大会の運営側が断れよって感じだけどな。
まさかそんなのが応募してくると思わなかったのかも知れんけど。
とりあえず医者は全力で逃げてくれ。

それにしても、マウンドに旗立てを推奨するテレビ朝日といい、電車内での携帯電話使用を煽る毎日新聞といい、どうして我が国の自称「社会の木鐸」はこうブレブレなんだろうね。
やっぱりテレビも新聞も見れば見るほどバカになるとしか思えない今日このごろ。

  1. 2009/03/25(水) 22:54:00|
  2. メディア - マスコミかカスゴミか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


そういえばまたイチローに伝説が>> | ホーム | <<今日はSubwayの日

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2861-7aabc24e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。