QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

爆釣!

それにしても学習能力のねえヤツラだなあ。

  TBS社員、「弥栄」で麻生首相を罵倒→「いやさかえ」であってると指摘されても謝罪せず(痛いニュース)

  

>2月にこのサイトで「新聞を読まない首相について」というテーマでメディア論を取り上げました。
>10日の天皇・皇后両陛下のご成婚50年で、麻生首相は三権の長を代表してのお祝いの言葉でまたもや失態を演じました。
繁栄を意味する「弥栄(いやさか)」を「いやさかえ」と言い間違えたのです。
>宮殿の「松の間」で両陛下の前に一歩進み出て、紙を見ずに祝辞を述べたのですが、国のトップが国民の象徴に対してこれでは情けない限りです。
>歴史的な誤った日本語事例として残ってしまいました。

→「いやさかえ」であっているのでは?と指摘される。

>弥栄を「いやさかえ」とも読むことを初めて知りました。
>実際に目撃したのはこれが初めてだったもので、少々きつい物言いになってしまいました。
>しかし茶の間で観た方々は、何かしら違和感を持ったのは事実ではないでしょうか?
>まあ、それはさておき麻生さんの部分はこのツリーの本旨とははずれていますので、本来のテーマについてご意見をお寄せ下さると幸いです。
ttp://www.taji-so.com/weekly_souron/bbs.php?all=790


違和感を持ったのはオマエにだよ。何が「まあ、それはさておき」だ。あたまわるすぎるだろ。
こいつら、『こころずかい』の件で何も学ばなかったらしい。

TBSは仕方ないとしても産経まで。きみはじつにバカだな(AA略
TBS → ミスを指摘されて開き直り
産経 → 記事を消して逃亡中


  【誤報】産経新聞「麻生がまた誤読した」と報道するも誤読ではなかった “該当記事は削除” 取材するも「休刊日で政治部記者が全員不在」(ADON-K@戯れ言)

4月10日、麻生首相は天皇・皇后両陛下のご結婚50年祝賀行事に参加し、そこで祝辞として述べた。産経新聞は同社のサイトにて、その祝賀の言葉のなかに誤読があったと報道したのである。「弥栄(いやさか)」と言うべきところで、「いやさかえ」と言い間違えたというのである。しかし、「いやさかえ」が正しく、麻生首相は何も間違っていないし、天皇・皇后両陛下に対して、なんら失礼なことをしていなかった。

このことはブログや『2ちゃんねる』などで大きな話題となっており、特に “何の謝罪もなく記事を削除したやり方” に対して非難轟々(ひなんごうごう)という状態である。そう、産経新聞はその記事を何の前触れも告知も謝罪もなく、削除して済ませたというのである。人の “あげあし” をとるような記事だっただけに、自分の “あげあし” をとられるような記事はすぐに消したかったのだろうか? ということで、当編集部はさっそく産経新聞社に電話をして真相をうかがった!

日本を代表する産経新聞さんが間違った情報を掲載するのはどうかと思うのですが、それを謝罪もなしに削除するのはまずいのではないでしょうか? そんな質問に産経新聞社は「本日は休刊日ということもあり、政治部の者が誰もいないみたいなんですよ。明日、改めて電話していただきたいのですが」とのこと。うむむむ! 情報をいち早く伝える記者が新聞社に一人もいないとは。

しかし、紙媒体やネットで広く報道している産経新聞には、報道した内容に関して説明責任があるはず。そこで、誤読ではないのに誤読として誤報を流してしまったことについて、謝罪や告知もなく記事を削除して終わるのは乱暴なのでは? という質問を投げてみたところ、「私はペーペーなので、会社としての言葉を申し上げる立場にないんですよ。申し訳ありません」と返答。政治部の直通電話を聞くため、もう一度産経新聞社に電話をしたところ、「うーん、ここから政治部が見えますが、誰一人としていないんですよ」とのこと。また、政治部の直通電話に関しては「代表からまわしてもらっていただけますか?」と軽く流されてしまった。この問題、まだまた続きそうである。
http://getnews.jp/archives/9323


削除された問題の記事はこれ。


  麻生首相「弥栄」を「いやさかえ」と言い間違え 両陛下の祝賀行事(MSN産経ニュース)(魚拓)

 麻生太郎首相は、10日午前に皇居・宮殿で行われた天皇、皇后両陛下のご結婚50年を祝う祝賀行事で述べた祝辞で、「弥栄(いやさか)」(いよいよ栄えること)と言うべき部分を、「いやさかえ」と言い間違えた。

 麻生首相は、衆参両院議長や最高裁長官、各閣僚らとともに宮殿「松の間」で行われた祝賀行事に出席。首相は出席者を代表し、両陛下の前で祝辞を述べたが、「両陛下の益々のご健勝と皇室のいやさかえを心から祈念し…」と発言した。文脈上、ここは「いやさか」というべきだが、「いやさかえ」と言い間違えた。


>「いやさかえ」と言い間違えた。
大事なことなので二回言いました(嘘
この件に対する読者のクレームに自ブログのコメント欄で答えている産経の阿比留記者によると、この記事はwebのみで紙面には載らなかったらしい。


  天皇、皇后両陛下のご結婚50年を機に「南米ご訪問」を振り返る (国を憂い、われとわが身を甘やかすの記)

 ご指摘ありがとうございます。新聞には載っていなかったようで知りませんでした。私の書いたものではありませんが、申し訳なく思います。

(中略)

ご指摘はごもっともなのですが、東京本社版の紙面には見あたらない記事なので、ネットにだけ流したのかもしれません。私も無意味な記事だと思いますが、どうもこういうのが「ウケる」「面白い」のだと勘違いしている向きが社内を含めてあるようで…。すいません。


昨日の記事もそうだがweb版のスタッフはなんかおかしいな。
消したからOKだと思っているなら大間違いだ。
しかも記事本文だけが消してあってサイト内検索で『いやさかえ』で引くと引っかかるという中途半端さ。なめとんのか。
プロってのはミスを犯した際のリカバリの手腕が問われるものなのにね。


ADON-Kさんの上記のエントリによると報道したメディアは下記の通りらしい。

・産経新聞 http://sankei.jp.msn.com/culture/imperial/090410/imp0904101259013-n1.html ←元記事消して逃亡!!!
・サンスポ http://www.sanspo.com/shakai/news/090411/sha0904110504005-n1.htm
・毎日新聞 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090411k0000m010078000c.html
      http://mainichi.jp/select/seiji/news/20090411ddm005010046000c.html
・日経 http://www.nikkei.co.jp/news/shakai/20090410AT1G1001T10042009.html
・報知 http://hochi.yomiuri.co.jp/topics/news/20090411-OHT1T00018.htm
・スポニチ http://www.sponichi.co.jp/society/flash/KFullFlash20090410049.html
・ニッカンスポーツ http://www.nikkansports.com/general/news/f-gn-tp3-20090410-481225.html
・47NEWS 共同通信 http://www.47news.jp/news/2009/04/post_20090410132403.html
・ZAKZAK http://www.zakzak.co.jp/top/200904/t2009041038.html
・北海道新聞 http://www.hokkaido-np.co.jp/news/society/158187.html
・静岡新聞 http://www.shizushin.com/news/social/national/2009041001000415.htm
・四国新聞社 http://www.shikoku-np.co.jp/national/social/article.aspx?id=20090410000226
・東京新聞 http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2009041001000415.html
・下野新聞 http://www.shimotsuke.co.jp/news/domestic/national/news/20090410/134411


そらAA懐かしいな。大漁じゃないか。麻生総理は太公望か!
ここまで来るとわざとやってんじゃないのかと思えてくるな。
カスゴミは下らない揚げ足ばかり取ってるから、自爆して大恥晒してるのがわからないのかね。

もともとの記事は共同通信らしい。
でも、裏取りもせずただ配信記事を垂れ流すだけならジャーナリストを名乗る資格無いんじゃないのかな。
先日の北朝鮮飛翔体関連では時事通信がヨタ記事流してるのに対し共同はまともだったみたいだけど、逆のケースも当然ありうるわけだしね。


  テポドン2情報でデマを流した日本マスコミはロシアに謝罪し、訂正報道を行え!(週刊オブイェクト)

昨日の記事「テポドン2、衛星軌道投入に失敗か。時事通信は大誤報」でお伝えしたとおり、時事通信はインタファクス通信を引用する形で、ロシア外務省のネステレンコ情報局長が発言してもいない「北朝鮮は衛星を軌道に乗せた」「衛星の軌道は特定された」というコメントを捏造。また時事通信以外にも産経新聞などが同様の記事を書いた上、各TV局も今朝の報道番組で同様の内容を放送。あたかもロシアが北朝鮮のテポドン2による衛星打ち上げが成功したことを確認したかのようなデマ報道を流しました。

実際にはネステレンコ情報局長は「テポドン2は予告どおり東に向けて正常に飛翔した」と述べただけであり、ペイロードは人工衛星として打ち上げられた事は認めていても、衛星が地球周回軌道に乗ったかどうかについて一切言及しておらず、軍の専門家の情報分析結果を待つと述べていました。昨日の時点でロシア軍が把握していたのは、テポドン2の第一段ブースターが正常に作動し、東に向けて飛んでいった事だけです。


ちなみにこの誤報に対して時事通信やそれを孫引きしたメディアが謝罪した、ってのも聞かないな。
誤りを素直に訂正できないって、どれだけプライド高いんだか。

ほんと、新聞やテレビ「だけ」を観てるとどんどんバカになる。
でもそういう人が意外と多いんだ。困ったことに。


【追記】
誤報とは考えてないそうだ。呆れてものも言えない。


  麻生首相「誤読記事」問題 産経や共同は、誤報を否定 (J-CASTニュース)

産経新聞社の広報部では、TBS編集部幹部とは認識が違い、記事について「誤報とは考えていません」とコメント。ただ、削除したことについては、「文脈上、『いやさか』と読むのが適当でしたが、古語等では『いやさかえ』とも読むとの指摘もあり、誤読として長時間アップする原稿かどうかとの判断のもと、アップ時間を区切らせていただきました」としている。

また、共同通信社の用語委員長は、配信記事は「誤報ではない」と言う。

「広辞苑や手元のいくつかの辞書を見ても、『いやさかえ』という表記は載っていないからです。また、ご本人の公式サイトで『いやさか』と使っており、首相はこのことを認識しながら言い間違えたと判断しました」

記事の訂正、謝罪も考えていないという。


>首相はこのことを認識しながら言い間違えたと判断しました
じゃあ本人が「認識していなかった」と言ったら誤報なのか?そんなバカな。
辞書に載っていなくとも実際歴史的に詞に使用された例が複数あるのだから少なくとも間違いとはいえないだろ。
間違いでないものを間違いと断じた上に、辞書のせいにするのだから救えねーな。
転んだら石のせい、か。

もっとも、麻生さん本人は『いやさか』を使ったこともあるようなので、やっぱり釣りだったんじゃね?という気がしないでもないな。
だとしたらタフすぐる(笑)。
  1. 2009/04/13(月) 22:22:56|
  2. メディア - マスコミかカスゴミか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


豚バラ肉と小松菜のオイスターソース炒め>> | ホーム | <<十字架か

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2899-522aa37d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。