QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いまさら

「この日本から叩き出してやるよ、ゴミ朝鮮人」と言ってるような人たちが言っても説得力が無いような。

  民族差別を許さない (維新政党・新風サイト)

 

一部において、わが党が民族差別を助長する言説を弄してゐるがごとき悪宣伝がなされてゐるが、わが党は道義国家と平等社会の実現をめざして結党されたのであり、民族差別などはもつとも憎むべき卑劣な行ひであると断ずるものである。

維新政党・新風は強い日本をめざしてゐる。強く正しい国民国家こそが、他国や他民族を思ひやり、相互互恵の国際社会をもたらすと信じるからであり、故に卑小なる民族差別主義者とは一線を画すことを改めて宣言するものである。


例によってウヨサヨホイホイになってるなw。
これはあれですかね、明らかに差別的発言を吐いている身内を叩き出し、在特会のような取り巻きと縁を切るという、という新風の決意表明ですかね。
であればとりあえず好意的に受け取っときますが。まあ今さら感は強いけどね。
一度失った信用は取り戻すのに大変な労力を伴うわけで。

オレは当初新風は売国議員に対するカウンターパートになってくれることを期待したんだけど、ネタ方面のカウンターにしかならなかった、という失望感がある。
なんだかんだいって他国や自称弱者に利する勢力は着々と議員を送り込んでいるわけなので。

法治国家である日本では政党は議会での発言権を得ない限りある意味無価値といっていいと思う。
議席を得て自らの意見を政策に反映させて社会を変えてこそ存在の異議があるのだ。
別に路肩でどう吼えようと構わないのだが、それだけで社会が変わると考えているなら無邪気に過ぎる。
日教組の教育やら何やらのせいで社会全体が左に振れているというのならなおさらだろ。
先の参院選で民主党に勝たせるような無知な民衆にはそれで充分だと思っているのなら舐めすぎだ。

何回も書くけれど、新風にしろ取り巻きにしろなぜ民衆の共感を得ようと行動しないのか。
残念ながら戦略性のかけらも見つけられない。というか内実が顕わになってきただけなのかもしれないが。


  こんにちはこんにちは!!帰化手続き中の在日です! (はてな匿名ダイヤリー)

本当に憎まねばいけないのは、日本人でも韓国人でもなく、私達に不幸な在日である事を押し付ける存在であり


このエントリ長いのでリンク先を見てもらうとして、ここにはめちゃめちゃ同意。
在日に関しては、「差別ー!差別ー!」と吼えるのなら、別に日本が拉致してるわけで無し、いつでも差別の無い素晴らしい祖国へ帰ったらいいでしょ、と思うだけ。
通り名と特永権は廃止して他の在日外国人と同等に平等に扱うべきだとは思うけども。
在日にしろ同和にしろ、利権のために殊更に差別を取り上げる輩を叩くのが肝心なのであって、普通の日本人と同様に普通に暮らしている人たちをどうこう咎め立てしようという気はさらさらない。
新風(とその取り巻き)は戦うべき相手を間違えている、と思う。

中学時代に在日の先輩がいたけども、当時いたって普通に親しく接していた。
在日か訊いたことは一度もなかったけど(必要性を感じなかったし)「金 *姫」という直球な名前からしておそらくそうなんだろうなと思ってた。読みは日本語風だったが。卒業してから一度も会っていないが元気だろうか。
関東なんで特別な「道徳教育」とやらがなかったせいかもしれないけど、それが別にどうとも思わなかったし、だから差別というのはある程度「作られるもの」だと思っている。

かつて「コリアン・ザ・サード」というブログを読ませていただいていた。
在日三世だが日本を母国と思って日本人と同じように暮らしてきたし別に日本人と変わらない、というここの管理人さんの意見に共感することが多かった。
ブログが閉鎖されてテキストが失われてしまったのは残念。あ、本を読めばいいのか。
そんな管理人さんが在特会に参加するというので当初在特会には期待していた。
しかし、ブログの閉鎖やら何やらあって空白があり、しばらくぶりに見たらいつのまにかヘイト団体になっててビックリというのが正直なところ。その頃はその管理人さんも抜けてたし。

しかし最近その管理人さんが某所で復活したので、脱退後の気持ちの変化も含めていろいろ読めそうで楽しみ。

在日の悪行を批判する人物に対する批判はするべきでは無い」というコメントを頂いたけどもそれは違う。
在日の悪行を批判する自由も、それを批判する自由も尊重されるべき。
在日だろうが在特会だろうが、不正をしたりゴネたり挑発したり嫌がらせしたりする輩は嫌悪する、というのがオレのスタンス。
特亜に対して嫌悪を表明するのは単に犯罪者数/率や数々の反日的活動の酷さ等等からその個々の事象について叩いているのであって、在日だから、ということは特に無い。
もちろんオレのその意見に対する批判も自由であり尊重されるべきだけどね。

このエントリを読んで「お前は在日に騙されている」という人がいるかもしれない。
それならあんたらもゲッベルス並に欺いてみせろよ、とも思う。これは戦略性の問題。
少なくとも差別利権を貪る(あるいは本気でそう考えてたお花畑な)人たちはこれまで民衆をそうして欺いてきたわけだろ。
ただパンピーをdnbkさせるだけの存在なら正直ちょっと勘弁して欲しいな。
もちろん、そう表明すること自体は自由なのだけれども。
  1. 2009/04/16(木) 00:27:13|
  2. リアルの痛い人たち - サヨクとか自称被害者とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


新玉ねぎの梅和え>> | ホーム | <<一年目の手紙

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2903-f3781555
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。