QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

もしかしてカウント2.9?

その後たいして情報は増えていないのだが・・・・・なんだこれ?

  泰安原油流出:船会社・乗組員に有罪判決(朝鮮日報)

 

 大法院(日本の最高裁判所に相当)第1部(チャ・ハンソン裁判長)は23日、2007年12月7日に忠清南道泰安郡沖で原油流出事故を引き起こし、海洋汚染防止法違反の罪に問われたサムスン重工業とフーベイ・スピリット船舶に対し、それぞれ罰金3000万ウォン(約218万円)の支払いを命じた1・2審の判決を支持した。大法院は「危険が予想される状況において、適切な措置を怠ったという点で過失が認められる」として、タンカー「フーベイ・スピリット号」とサムスン重工業のクレーン船、タグボートの乗組員、法人としての両社に対する有罪判決を下した。


一昨日のエントリの海洋汚染防止法違反の下りのみをクローズアップしてるのか?
海洋汚染防止法違反有罪が船会社・乗組員に適用され、業務上過失船舶破壊の件のみ差し戻しだとすれば、どちらにせよ有罪なのは確定なわけで、これカウント2.9なんじゃね?
で再審を待ってピンフォールと。


  泰安油流出事故、一部は‘無罪’(中央日報)

07年に忠清南道(チュンチョンナムド)泰安(テアン)沖で発生した油流出事故と関連して起訴された曳航船・タンカーの関係者に対し、業務上過失船舶破壊容疑を適用して有罪を宣告したのは誤り、という最高裁の判決が下された。

大田(テジョン)地裁は昨年12月、三星(サムスン)重工業の曳航船団の船長(53)に懲役2年6月、罰金200万ウォン、香港籍タンカーの船長(37)に禁固1年6月、罰金2000万ウォンを言い渡した。

安全な運航のための注意義務を果たさなかった容疑(海洋汚染防止法違反)とタンカーを破損させた容疑(業務上過失船舶破壊)をともに認めたのだ。

しかし最高裁は23日、業務上過失船舶破壊容疑に対しては「タンカーに生じた3つの穴だけでは刑法上‘破壊’と考えにくい」とし、事件を大田地裁に差し戻した。


中央日報は実際「一部」無罪、と報じているしな。
しかし、「タンカーに生じた3つの穴だけでは刑法上‘破壊’と考えにくい」ということはサムスン側も罪に問わないということか?
ちょっと待てコラ、これもしかして船会社から起こされている損害賠償訴訟でサムスン側を有利にするために、「船体破壊の罪はありませんでしたよ~。」ということにする斜め上じゃねえだろうな?
そんな言い逃れが通用すると・・・・・本気で思ってそうなところが恐い。

なんて思ってたら、この事件を追っかけている猫車さんとこのブログに詳報(?)が。


  判決の概要報道…ゑ?(巡る因果の猫車)

主な疑惑の海洋汚染防止法違反は有罪と認定されるが、業務上過失舶破壊疑惑の場合は、損傷の程度が破壊に達する程ではないと判断され、無罪でみるべきだという趣旨だ。
(中略)
しかし、三星重工業とHebei Spirit株式会社には各罰金3千万ウォンを確定した。

裁判所は「チョ氏は近接距離にある危険船舶を発見する場合、管制所および相手船舶と迅速に交信を取って衝突を避ける措置を講じなければならないのにそれを怠ったし、キム氏も気象悪化で曳航能力が制限・喪失になる場合、適切な時点に非常措置を施行するようにしなければならないのにこれを怠った過失が認められる」と明らかにした。

また裁判所は「Syan Chetan氏は近接して進行する船舶があるかを調べた後、相手船舶が航海能力を失ったと疑われる場合には迅速にイカリを上げ、停泊場所から移動するなど衝突を避けられるように直ちに船長を呼び出ししなかった過失がある」と判示した。

引き続き「Jasprit Chawla氏も衝突危険が発生した時には迅速に強い後進機関を使うなど衝突を避けるための積極的措置を取らなかった過失がある」と説明した。


しかし裁判所は「刑法で定めた‘破壊’というのは、交通機関としての機能全部や一部を不可能にするほどの破損を意味するのに、Hebei Spiritは衝突によって3ヶ所のタンクに穴が一箇所ずつでき、衛星通信アンテナなどが破損した程度に過ぎない」として業務上過失の部分に対しては無罪趣旨で判断した。


やっぱり、被害が軽かった(?)から罪には問わない、と言っているだけで、「タンカーを動かさなかったのは過失」という見方は二審と変わっていない、ということだね。これだとサムスン側も罪には問われなさそう。
相変わらず機関を停止して投錨停泊しているタンカーが数十分程度で移動可能だという認識だということか。韓国領海内に停泊したこと自体が罪なんですね。わかります。
だめだこりゃ。オワタ。

関係団体の反応が猫車さんのとこに上がっているのでそれぞれリンク。みな一様に非難。当然。

ロイズ: 大法院判決に対する反応
Intermanager: 判決に対するIntermanagerの反応
INTERTANKO: 判決に対するINTERTANKOの反応
V.Ships: ※ただし韓国は除く。
まとめ: ある程度出揃ったかな?
 
  1. 2009/04/26(日) 00:57:22|
  2. 朝鮮半島ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


アキバでアルバ>> | ホーム | <<愛で政治が片付くなら

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2926-3f268521
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。