QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

再び給油禁止に

F1でレース中の給油がまた来年から禁止になるらしいね。

  F1 2010年 レギュレーション(F1-Gate.com)

 

4月29日にFIAが発表した2010年のF1レギュレーションをまとめてみる。

レース中の給油禁止
2010年のF1では給油が禁止となる。これは、燃料給油補給の運搬コストの削減が目的だが、エンジンメーカーはより燃費のよいエンジンを開発せねばならず、レース戦略も大きく変わってくると思われる。

予選Q3での燃料
レース中の給油が禁止になったことで、各F1マシンはQ3も、これまでのQ1、Q2と同様、軽い燃料で走行することが可能になった。これにより、2002年以来となる一発勝負の予選が帰ってくる。

マシン最低重量を620kgに引き上げ
2009年のKERS導入により、特に背の高いドライバーには重量面で不利になっていた。そこで2010年からはマシンの最低重量が15kg引き上げられ、620kgとなる。

タイヤウォーマーの禁止
2010年からはタイヤウォーマーが禁止となる。ただし、リムヒーティングなどのその他の器材は許される模様。また、タイヤ内はこれまでは二酸化炭素も許されていたが、2010年からは窒素か空気のみに限られる。

KERS
300km/h以上での作動は禁止。また、エネルギー貯蔵部(バッテリーやフライホイール)は、ドライバーシートとエンジン前部の間に収納しなければならない。

参戦チーム枠を12チームから13チームに拡大
この変更により、2010年は新たに3チームの参入が可能となる。ただし、新コンコルド協定では、2010年からカスタマーマシンの使用が禁止され、独自のシャシーを設計・製造が必須条件となる予定である。すでにUSF1、プロドライブ(アストンマーティン)、iSportが参戦に興味を示している。

4,000万ポンドの予算キャップの選択
2010年から、各F1チームには4,000万ポンドの予算キャップ導入のオプションが与えられる。予算キャップを選択しないチームは、これまでのテクニカルレギュレーションが導入されるが、予算キャップを導入したチームには、技術的に大きな自由が与えられることになる。ただし、グランプリが2つのルールで運営されることにF1チームは難色を示しており、変更になる可能性は高い。


一応まだ変更案らしいけども。
給油可のレギュレーション下では給油タイミングによるレース戦略のウェイトが高かったけど、給油禁止ではスタート前の使用燃料量の読みというギャンブルの要素、燃料を持たせるドライバーの力量の要素が高くなる。
もちろんエンジンの燃費も重要な要素。
オレは元々給油禁止賛成派。どちらかというとオレは(F1においては)、レースはドライバーのもの、チームはマシンをつくりサポートするもの、という考えなので。だからチームオーダーにも否定的。仕方が無いとは思うけど。

開発予算制限オプションに関しては、なんか抜け道ありそうだしまともに機能するのかな、と思う。
煙草のスポンサー禁止も痛いんだろうね。今は特に不景気だし。
もう一年早く導入されてればホンダは撤退しなかったかな?

最近のF1レギュレーションの迷走は、F1のテクノロジの進化がドライバーのキャパシティおよびテクニックの領域を大幅に超えてしまったこととそのテクノロジの開発に金がかかりすぎるせいだとオレは思ってる。

まず、キャパシティについては1970年代後半のウィングカーの時代ですでにドライバーが嘔吐するようなGを発生する速度でのコーナリングが可能になっていたし、FIAはウイングカー形状の禁止(建前上は急激な空力変化による事故の重大性)、過給装置の禁止、エンジン排気量の減少、タイヤ幅の変更等これらのテクノロジの進化をマシンの性能を下げる方向にレギュレーションをシフトすることで対応してきた。

次にテクニックの領域については、過去セミオートマ、アクティブサス、テレメトリー等ドライバーをサポートするデバイスが開発されて来た。マシン側が行き過ぎたサポートをすれば、ドライバーがテクニックを競うスポーツとしての側面が薄れてゆくため、幾つかのデバイスは禁止された。

もちろん赤い車に勝たせたいとかそういう政治的な理由も含まれるけども。

その一方でF1には、モータースポーツの頂点に君臨するカテゴリの一つであり、本来その競争のために惜しみなく最高の人材と技術が投入される、という建前がある。
そのために開発テクノロジが高度に専門化した現在、高額の開発費を捻出できる一部のチームしか上位争いに加わることが出来なくなってしまった。

つまり、

F1→最高性能のマシン→ドライバーの体力を超える、スポーツとしてスポイルされる、一部の金持ちチームのみ参加可能

となってしまったものをエンターテイメントとして両立させねばならないところに今日のF1のジレンマがあると思う。
そのため何とかレギュレーションでマシンの性能を下げ、レースに山場を作り、参加者を募り、エンターテイメントとして盛り上げるしかないのだと。
その結果、最近は箱庭の中でルールを小手先でこねくりまわしている、という印象で、なんだかつまらなくてもう何年もまともにシリーズを観てないんだけどね。

オレの提案としては、例えば高オクタン価の燃料を禁止するとかそういう方向に持ってったらどうか、と思う。
現在の燃料のレギュレーションがどうなってるかわからないけどホンダターボの時代はほとんどトルエンみたいな燃料だったそうだし。CARTなどのように熱量の低いアルコール系の燃料にしてもいいかもね。ルマンみたいにワンメイクにするのはさすがに燃料メーカーの立場もあるしダメかもしれないけど。
これなら低公害低性能の燃料でどれだけ高性能を叩き出すか、という開発の余地があるんじゃないかな。

排気量も今2.4Lだけど2L以下でもいいんじゃないかなあ。小さな排気量でコントローラブルな大出力エンジン作るの難しいし、ましてや燃料のオクタン価が低ければ高圧縮比にもできないのでなおさら。
小排気量での高性能エンジンというのは開発テーマとして悪くないと思うし。

あるいはクラッシュテストの基準をめちゃめちゃ厳しくするって手もあるかもね。車を安全にする方向に働くわけだし、丈夫にするほど基本的に重量はかさむわけで物理的なディスアドバンテージになる。

開発費の歯止めにはならないけどね。
でも、ときとしてマクラーレンのカーボンコンポジット、フェラーリのセミオートマ、ウィリアムズのセミアクティブサスのような技術的ブレイクスルーがないと面白みが無い、というのも事実だし。
実際、レギュレーションの迷走に振り回されているせいか最近こういったブレイクスルーはほとんど見られないよね。

あとはタイヤ幅ぐらいか。上記のタイヤウォーマー禁止は興味深いね。KERSは面白い試みだとは思う。
とにかくテクノロジは進化し続けるので、物理的な根本の部分でハードルを上げ続けるしかないと思うんだよな。
どんなレギュレーションで締め付けてもたいてい前年より速いマシン作っちゃうような人たちなんだから。

一方でレギュレーション無制限の最先端テクノロジてんこ盛りで競うようなロードレースがあってもいいんじゃねーの?とも思う。
もうこの際だからドライバーは耐Gスーツ着用で。ブラックアウトとかしたらシャレになんないけどね。
  1. 2009/05/07(木) 00:49:22|
  2. スポーツ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


けいきゅう!>> | ホーム | <<復活のサーシャ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2952-8c82d7b8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。