QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

恥ずかしい話

いったいこれは・・・・

  「トルコ建国の父」救え 銅像の寄贈先破綻…「友好危機」ネットで署名活動 (MSN産経ニュース)

 

屈指の親日国、トルコ共和国の親日感情が悪化しているのを憂慮し、インターネット上でつながった有志が立ち上がった。トルコから新潟県柏崎市のテーマパークに寄贈された建国の父、ムスタファ・ケマル・アタチュルク初代大統領(1881~1938年)の銅像の行き先がテーマパーク破綻(はたん)をきっかけに決まらない問題が影響しているとみられ、ネット上で署名活動を始めたのだ。有志らは「1人1人が声に出して行動することで、解決に向けて前進する」と協力を訴えている。

 署名活動を始めた「ムスタファ・ケマル像を移転する会」の代表は、愛知県大口町の会社員、江口保さん(20)。ネット上で知り合った有志8人が中心となって運営している。

 江口さんは英BBC放送の調査で、世界有数の親日国トルコの対日感情が年々悪化し、今年は「肯定的30%、否定的47%」と大きく逆転しているのを知った。その原因を調べるうちに、アタチュルク像問題に突き当たった。

 アタチュルク像は平成8年、柏崎市にテーマパーク「トルコ文化村」が開園したのを祝い、トルコが寄贈した。2度の閉園で再建を断念した市は18年、トルコとの友好関係に配慮するとの条件を付け、上越市のプラスチック製品製造業「ウェステックエナジー」に像も含めて売却。ウ社は19年6月、施設を改装して結婚式場を始めたが、1カ月半後に中越沖地震が発生。倒壊の恐れがあったとして像は台座から外され、当初は屋外に横倒しにされた(批判を浴びたため、現在は屋内で保管)。「建国の父」に対して非礼だとして、トルコ紙でも報道された。

さらにウ社と柏崎市、敷地内の民有地地権者の3者の間で訴訟合戦が勃発(ぼつぱつ)。訴訟と切り離して像の譲渡を求める市に対し、ウ社はその条件として市の謝罪を要求。会田洋市長は「市が引き取ってしかるべき場所に移設したいが、市の落ち度を認めると裁判で不利になる」と対応に苦慮している。

 柏崎市などに電話して問題の背景を知った江口さんらは「自分たちにできることから始めよう」とネット上に経緯をまとめたサイトを立ち上げ、4月11日からは署名活動に乗り出した。

 像の移転先に挙がっているのが和歌山県串本町だ。明治23年、遭難した軍艦エルトゥールル号の乗組員を住民総出で救助したのが縁で、串本町はトルコと100年以上にわたり交流を続けている。来年は遭難から120周年を迎え、「トルコにおける日本年」も開かれる。昨年3月にはトルコ大使館が「像の移設費用は負担するので、土地を提供してほしい」と町に要請し、町議会は全会一致で賛成したが、「裁判の結果が出ないことには動けない」(町総務課)のが現状だ。

 事態打開に向け、江口さんらは訴える。「事は両国の外交、友好にまで及んでおり、まず銅像を訴訟から切り離してほしい。一致団結してトルコとの友好を取り戻そう」と。

 会は目標の署名を集めて会田市長とウ社、外務省に提出する予定。署名目標数は1万人で、5日現在で2200人を超えた。署名サイトのアドレスはhttp://www.shomei.tv/project-932.html(永岡栄治)


>屋外に横倒しにされた(批判を浴びたため、現在は屋内で保管)。「建国の父」に対して非礼だとして、トルコ紙でも報道された。
これは当然の反応だと思う。他国から好意で寄贈された偉人の像を粗末に扱うとは全く恥ずかしい話だ。
しかしこの記事だけではわからない部分が多々ある。

>トルコとの友好関係に配慮するとの条件を付け
この「条件」というのがどの程度の拘束力を持つのか?

>ウ社と柏崎市、敷地内の民有地地権者の3者の間で訴訟合戦が勃発
これは一体何を争点とする訴訟なのか?

>市に対し、ウ社はその条件として市の謝罪を要求。
これは一体市の何に対する謝罪なのか?

この辺がこの記事の内容ではサッパリわからない。しっかりしてくれよ産経。
しかし、このまとめ記事を見たおかげで若干ながらわかった。やるなーVIPPER。

  トルコから寄贈され、野ざらしになっていた『友好の銅像』をなんとかしたい! まとめ

どうやら、
地主: ウ社から地代が支払われない → ウ社を訴えた
ウ社: 地代の件は聞いてない → 柏崎市を訴えた
ということのようだ。
柏崎市とウ社との売買契約に何らか不備があったか。恐らく謝罪というのはこの不備に対するものだろう。
この辺を裁判で争っているということなのか。ウ社は売買契約の解除と代金の返還を市に求めている模様。
ちなみに対象になっている施設はこちらみたい。

  グランメリーホテルリゾート

他国から寄贈された像を業者に売っちまう柏崎市もたいがいだが、買い取ったこの企業の対応は(言い分があるにしても)最悪だな。
像だけでも手放してくれればいいのにとは思うが、資産価値もあるのでそうもいかないということなのだろうか。
串本町が移転に名乗りを上げているというのは、エルトゥールル号の縁いまだ健在ということでうれしい話。
いざこざをさっさと解決して、きちんと移転できるようにしてくれるよう望む。

  旧トルコ文化村内のムスタファ・ケマル像を当事者間の裁判から切り離し、問題の早期解決を求める要望書

署名サイトにリンクを張ってみた。オレはもう署名済み。この記事に賛同した人は署名をお願いする。
ていうか記事のURL、なんで全角になってんだ。しっかりしてくれよ産経。
  1. 2009/05/11(月) 23:16:40|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
以下、広告です。
 


逃げたwwwwww>> | ホーム | <<これはインテル涙目か?

コメント

はじめまして。
検索エンジンで調べてたら、
こちらにたどり着きました。

内容の濃いブログですね。
とても参考になりました!

また来ます。
  1. 2009/05/12(火) 22:48:16 |
  2. URL |
  3. 名古屋の結婚式場 #4a1thY..
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2958-3c247910
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。