QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ばっちゃが言ってた。

割り箸は間伐材で作るから「マイはし」とかいって割り箸が使われなくなると間伐が滞って森が荒れちゃうんだ、って。

  オーストラリアにおける「不都合な真実」の悲惨な結末 - 矢澤豊 (アゴラ)

 

今年の2月7日前後に、オーストラリアのヴィクトリア州で大規模な山火事(ブッシュファイア)が同時発生し、200人近くが死亡、約500人が重軽傷を負い、約2,000世帯が住まいを失うという大惨事がありました。
(中略)

以前からオーストラリアの内陸部に住む人たちは山火事対策として家屋周辺の森林を伐採することで延焼予防を施し、雨季には森林管理の目的で人工的に山火事を発生させ、枯れ草/枯れ木など燃えやすい燃焼材を人為的に処分するのが通常だった。しかし都市計画を牛耳る地方政府が、森林愛護や、山火事による二酸化炭素排気への反対を主張する環境保護団体の圧力により、このような計画的伐採や人工的山火事による予防策を禁止したという。それでもあえて住居周囲の木々を伐採した人は、刑事犯として罰金刑を科せられていた。それが今回の大惨事をきっかけに、住民が蓄積してきた知恵と経験を無視し、感情論的なエコ政策を無理強いすることにより、災害被害の悪化を招いたとして、環境保護団体に非難が集中している。


先人の知恵を無視した結果の惨劇ということだね。
いかにも海犬を始めとする環境テロ団体を支持するオーストラリアらしい。被害にあった方々には同情する。
オーストラリアは2006年ごろからずっと大干ばつに悩まされていたはずだが今年はどうなんだろうか。
火を消す水すらないなんてことにならなければよいが。

先人が長年行ってきた行為には(中には迷信的な儀式も含まれるかもしれないが)、経験則的に妥当なものが多々含まれている。
よって、その是非は『「倫理的エコ」の教条主義的ゴリ押し』ではなく『冷静な科学的問題分析』によって問われなければならない、と。科学は民主主義ではないのだから。
なるほど。日本も教訓にしないとね。

前にコメントに書いたけど、かつて文革でまともな自国民を駆逐しまくった中国なんかも同じことが言えそうだ。現在進行形で全国的に絶賛環境破壊中だし。

  悲鳴を上げる中国農業(日経ビジネスオンライン)

こっちは教条主義というよりむしろロストテクノロジーかもしれないけど。
  1. 2009/05/26(火) 23:07:19|
  2. 海外ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


なんだまだ6割も出てるのか>> | ホーム | <<もう更地にしてやれよ

コメント

オーストコリアですから、w  仕方ないかと、

日本のグリンピースなんかも、犯罪者団体ですしね、ろくな物じゃないですよ、


>山火事による二酸化炭素排気への反対を主張する環境保護団体の圧力により、

↑この点は評価は出来るけどね、こういった馬鹿団体の欠点は、処理等の代案を出さずに、無茶を押し通す所lでしょうか、(はっきり言ってキチガイ、www)
-----------------------

中国の場合は、社会主義(共産主義)は全滅しているのに、それを無理に維持しようとしているから、
このままほうっておけば、分裂して終わりになるといいなっと、w
  1. 2009/05/27(水) 11:48:02 |
  2. URL |
  3. メロンジュース #mQop/nM.
  4. [ 編集]

>>メロンジュース さん
捕鯨にせよなんにせよ『冷静な科学的問題分析』の通じない人を相手にするってのは大変なことです。人語(に似たもの)を話すカバみたいなもんですから。

>分裂して終わりになるといいな
同感です。三国志時代ぐらいのがちょうどいいのではないかと。
  1. 2009/05/28(木) 00:46:51 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/2989-a301bf03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。