QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「早寝・早起き・朝ご飯」は憲法違反である (キリッ

ははは、そんなばかな、と思って調べてみたら本当に書いてあってびっくりした。
ちょ、日教組wwwwww

  「早寝・早起き・朝ご飯」は憲法違反である (国民教育文化総合研究所)

 

近代立憲主義における政治体制においては、人はいかに生きるべきかといった価値の問題については、その善し悪しを判断することはできないということ、つまり、価値における多様性の保障が大前提である。言い換えれば、国家は何が善い生き方であるかを示すことができないのである。生にかかわる根底的な価値については相互に比較することは不可能であるという立場をとることで、人々はひとりの個人として人権を保障されるのである。このことが、日本国憲法13条に規定されている。

    「すべて国民は、個人として尊重される。生命、自由及び幸福追求に対する
     国民の権利について は、公共の福祉に反しない限り、立法その他の国政
     の上で、最大の尊重を必要とする。」

 ここでは幸福の中身は問われない。

それは法律で規定することはできないのである。できるのは、その各人の幸福を「追求するプロセス」の保障である。それが公共の福祉に反しない限り、各人の世界観に基づく価値の実践・追求は自由でなければならない。
 いま、学力「低下」問題への「対策」のひとつとして、政策側から言われている「早寝・早起き・朝ご飯」は、人の生活の仕方、生き方という、憲法の下でけっしてその価値の優劣を示してはいけないことがらに踏み込もうとする違憲のスローガンである。


国は善悪の判断は出来ないから内容にかかわらず価値観の押し付けは違憲なんだって。
今のご時勢、日教組がここまでマジキチとはちょっと思わなかったなあ。
ついでにもう一本。


  第31回公開研究会「ここまでするか『早寝・早起き・朝ごはん?!』」(国民教育文化総合研究所)

★「早寝・早起き・朝ごはん」はネオ・リベラリズムの健康政策
 00年に入って、「健康日本21」という政策が出て、その後、法的に裏付けるために健康増進法という法律ができ、「健康増進法体制」というのができあがりました。私はこれを「健康強制社会」といっているのですけども、国民の一人ひとりが健康であることを強要される社会になったのだと思います。
これまでは、福祉国家といわれる大きな政府が権力を持った福祉社会であり、個人が病気になるのは社会的な責任があるので、病気になった時に社会は保障しなければいけないというのが福祉国家のあり方でした。それがネオ・リベラリズムの時代に変わって、病気になるのは個人が悪い、個人に責任があるので、病気になっても面倒をみないという。健康づくりにものすごくがんばっていてもだめだったら、保障しないでもないけども、がんばらなかった人は保障しない。はっきりいってしまえばそういうことです。
そして、「健康日本21」のような形で、全国一斉に、すべての人に正しそうな、健康的な生活というのが示され、これが強要されるようになってきている。それの子ども版が「早寝・早起き・朝ごはん」というものです。


日本の健康保険は皆保険だからがんばるがんばらないにかかわらず保障されるよね?なぜネオリベ?
オレは人間まず健康であることが幸せになる近道の一つであるとは思うなあ。個人的に特にそう思うよ。オレはあまり健康的な子供でなかったのでその分やっぱり大変だったし。
健康と不健康だったらどう考えても健康の方がいいんじゃない?

実際、細胞分裂や成長ホルモンの分泌が活発になる時間帯はおよそ午後10時から午前2時の間であり、この時間帯に睡眠をとるのが好ましいということは割とよく知られていることだし、朝に日光を浴びて25時間周期である人間の体内時計をリセットすることは規則正しい生活にプラスだとされている。
また、作業前に適切な栄養素を取っている方が作業効率が良くなることも知られているし、乱れた食生活は体質的に肥満になりやすくなるから規則正しく朝食をとることも理に適っているのだが、日教組のシンクタンクである国民教育文化総合研究所の人たちは、こんなことでも国から言われると気に入らないらしいね。何様だよ。

オレがこれをぐぐった元ネタはこれ。


  民主党「竹島は日本の領土って教科書に書くな!!」 クルクルパーの日教組「早寝早起き朝ご飯は憲法違反」 (ちょっとアレなニュース)

 「なぜ、正直・親切・勤勉・親孝行・チャレンジ精神教えちゃいけないんですか、って日教組幹部の方に聞いたことがあるんです。そしたら、ザ・価値観の押し付けになるからいけないっていうんです。それで、日教組のシンクタンク(国民教育文化総合研究所)のホームページをみたら、早寝早起き朝ご飯も憲法違反って書いてあるんですよ。なんでかな、と思ったら、憲法は思想信条の自由を保障しているのに、早寝早起き朝ご飯はライフスタイルの押し付けになるから、憲法違反だっていうんです」


これのおおもとのネタは「北京・平河趣聞博客(ぺきん・ひらかわこねたぶろぐ) 」の福島香織記者による山谷えり子氏へのインタビュー。

  【福島香織のあれも聞きたい】山谷えり子氏インタビュー(1)

結構長いので中身はリンク先で。
福島記者にしては切り口が普通っぽいが、産経らしい記事で面白い。
この人、今は自民党だが、元民主党の文部科学ネクスト大臣だけになかなか説得力が。

まあ、アレな人たちにとっては、日の丸も押し付け、君が代も押し付け、早寝早起き朝食も押し付け、正直・親切・勤勉・親孝行・チャレンジ精神も押し付け、なんだろうねえ。
国民に対して何か提示するのはくそもみそもとにかく全て押し付けなんだね。こういうのを教条主義とか原理主義っていうんじゃないのかな。かわいそうな人たちだね。

オレ個人、親としての考えとしては、義務教育として子供の教育を国(自治体)に委託しているので、オレ自身が「善きこと」として考えられることを教えてくれるのは歓迎だ。
それを別に国の押し付けとも思わないしもちろん違憲だとも思わない。

つか、こういうのもいわゆる、守・破・離なんじゃね?と思うけど。
子供ってのは、そもそも獣みたいなもんなんで、そこにまず人間としての社会性という「型」を教え込んで、そこから自分で型を守るなり破るなり考えて、離れる部分はそこから離れていくと。そういうもんなんじゃないかと思うんだが。
その「型」を教えるのは親でも国でも別にかまわないよ。同意できる内容である限り。
本来はその「型」をどういう形にすべきか、という議論をしていくべきなんじゃないのか?と思うんだけどね。

要は「国」が示すその「型」の形が気に入らない、っていうのが本音なんだろうけどな。
「型」にはめない、という文句で自分たちに都合のいい「型」にはめたいだけだろうに。「かたなし」っていう型にな。「自分の押し付けはいい押し付け」ってやつだ。
自分の子供を「かたなし」にされて憤らない親はいないだろう。

民主党が政権取って、かつて「教育の政治的中立はありえない」と言った山教祖の親玉である輿石東辺りが文科相になったら、一気に日教組寄りの方針に傾ける気なんだろうなあ。一気に国が傾くね。
  1. 2009/08/02(日) 23:15:58|
  2. リアルの痛い人たち - サヨクとか自称被害者とか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6
以下、広告です。
 


どっちなんだよ>> | ホーム | <<簡単に筋を曲げる政治家に未来を託せるかどうかが一つの争点だ

コメント

複数の異なった視点からの善悪が矛盾する事例ですね。
1)医学的にはzakさん指摘のとおり正しいし善。
2)社会保険のコストとしても健康習慣は国の言うとおり善。
3)思想信条としては日教組の主張も正しい。
4)学力低下の対策としてはある程度正しいと想定できるが科学的に効果の程度を判定できない。
問題点は1)2)4)を根拠として3)のニュアンスで国がスローガンを出した事でしょう。
さらに各家庭での事情もあり早寝早起き朝食が難しい社会なのに
スローガンで解決するという発想もコストを考慮しての事でしょうが浅慮。

具体的には児童、生徒を早朝に登校させ、朝食給食を実施する事が必要では。
子供に早朝から朝食を与える事が困難な家庭も現代では多数存在すると思います。
朝食給食なら児童生徒を学力低下を理由に全国民のライフスタイルに対する
政府の干渉とはならないはず。

また、政府は1)2)への対策では無く4)の
学力「低下」問題への「対策」のひとつとして
なんて事をいいだすから、事実と科学の問題が思想のニュアンスを帯びる事になったのだと思います。
「型」の根拠として、1)2)ならまだ分かりやすいのにあえて4)を根拠としたのも問題。

しかし、日教組もたとえ論理的には正論だとしても揚げ足を取る主張をするより
子供の幸福を如何に実現するかをメインの視点で研究するべきですね。
先生達朝の6時に出勤して子供達の朝食給食作れよ。そうすれば親は自由なライフスタイル楽しめる。
  1. 2009/08/03(月) 08:25:09 |
  2. URL |
  3. CoCo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

>>CoCoさん
いや、これはどう考えても憲法13条の拡大解釈でしょう。
そもそも躾や教育の本質(の一端)は「強制」なわけで、彼らの言に従うならそれこそ「学校に行け」ということすら子供のライフスタイルに対する干渉になりますよね。
ましてや強制ですらない「早寝早起き朝ごはんの励行」がなぜ「国民の権利を尊重しない」ことになるんです?
ぶっちゃけ彼らの言っていることは「お前の言うことが気に入らない」、ただそれだけです。
>思想信条としては日教組の主張も正しい。
なんていってる時点で日教組に乗せられていると思いますよ。

>子供の幸福を如何に実現するかをメインの視点で研究するべき
これは同意です。
日教組にしろ今揉めてる児ポ法にしろ、根源的な部分はここに帰結するはずなのに、見かけばかり気にする(または利用する)輩ばかりで本質がなおざりにされているのが実に腹立たしいです。

>先生達朝の6時に出勤して子供達の朝食給食作れよ。
ライフスタイルに対する干渉ですw。
  1. 2009/08/03(月) 23:12:12 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

そうでしょうか?
「学校へ行け」は法制化されている時点で国民の合意が得られた規範ですが
政府が強制できるのはそういった最低限の規範や公共の利益に反する事への規制だけでしょう。
「励行」って所が余計なお節介って部分で違和感。
「早寝早起き朝御飯は児童の福祉に不可欠であり、これを実現するため・・・・」
みたいな事を含んだ法律を制定して早寝は何時ですってのが国民で合意できれば
問題ないと思いますよ。

ただ、実際はそんな馬鹿な児童早起き法なんか作らなくても
行政の運用で学校の始業時間を早めれば良いだけだと思いますけど。
核家族、共働きで親さえ朝食が満足に取れないのにやってねって
政府が言っても実効性が無い。仕事として先生達に朝食給食をやらせるのは
コストの問題だけで、実現可能な案だと思います。
業務なので、ライフスタイルの干渉にはなりませんよね。
  1. 2009/08/04(火) 16:57:50 |
  2. URL |
  3. CoCo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

>>CoCoさん
効用の有無は別として、そもそも法的強制力の無い「励行」や「指導」について「憲法違反」と噛み付くのがおかしいでしょう?
強制力のある法として制定した場合はかえって憲法違反になる可能性があると思います。

「ライフスタイルに対する干渉ですw。」はジョークだったのですが・・・・(笑)。
悪い提案ではないと思いますが、業務だと言ってもかの人たちの場合、「君が代」不起立の件から察するに裁量権の乱用とか労基法違反辺りを持ち出して裁判しそうですよね。彼らの目的は子供の幸福なんかではなく自分たちの要求を満足させることですから。
あと、朝給食代踏み倒したり、早起きそのものに文句つけるモンペアは普通にいそうです。
  1. 2009/08/04(火) 23:17:11 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

ごもっとも、法制化したら裁判になりそうですね(笑)
ジョークなのは分かってましたがあえて・・・
モンペアはしょうがないにしても、業務指示に従わない日教組系は
適法に処分できるので、教育界が浄化できるかと・・・

> 自分たちの要求を満足させることですから。
彼らの行動は彼らの要求を満足させる事は永遠に無くそれを知りつつ
自爆してでも敵対勢力へ反対する事にある様な・・・
政府が遅寝遅起朝食抜きを励行したらきっと早寝って言い出すかと・・・
旧社会党もこんな具合に世の中に存在していて消滅寸前ですね。
  1. 2009/08/04(火) 23:33:50 |
  2. URL |
  3. CoCo #mQop/nM.
  4. [ 編集]

>>CoCoさん
>自爆してでも敵対勢力へ反対する事にある様な・・・
それしかやらない政党が今度政権を取りそうなのが頭の痛いところですね。
  1. 2009/08/05(水) 01:29:46 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3119-67e7e911
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。