QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

外圧で新聞改革w

やっちまいな!!!

  米メディアも“押し紙”を報道 新聞部数の水増しに海外も注目 (ダイヤモンドオンライン)

 

 実際の購読者数より水増しした部数を販売店に押し売りするのが“押し紙”。媒体の価値が実態以上にかさ上げされ、広告営業の面でも有利になるため、新聞業界で長く続いてきた悪習だ。

 当の新聞社が実数を公表していないため、販売店や関係者の証言に頼るしかないが、大手新聞では地域によって少なくとも1~5割の押し紙があるといわれている。

 押し紙の存在は長くタブー視されてきたが、近年、耐えかねた販売店側が新聞社を相手に訴訟を次々と起こし、徐々に認知度も上がってきている。

 そしてここにきて、海外の有力メディアも注目し始めた。

 米国の有力メディア「クリスチャンサイエンスモニター」が押し紙問題を報道すべく、販売店店主らへの取材を進めているのだ。取材を受けた販売店店主によれば、記者は特に、「日本企業に投資する海外の投資家が押し紙を知らないことを問題視していた」という。

 日本の新聞の広告料金は、水増しされた部数を参考に決められている。海外の投資家がそんな事実を知ったら、自らが投資する日本企業に、新聞社に対して抗議するように促す事態も考えられる。外国人投資家に、もの言う株主が多いのは言うまでもない。

 また、「英語圏での報道をギネスブックの関係者が目にすると困るのは読売新聞」(読売と係争中の販売店店主)との声も。同紙はギネスで、「世界最大の部数」と認定されており、取り消しでもされれば恥をかくからだ。

 さらに、一部の国内テレビ局も取材に動き始めているし、今年の株主総会で押し紙問題について質問した日本人株主もいる。

 これまで知らぬ存ぜぬを通してきた新聞社だが、徐々に外堀が埋められつつあるのだ。


要は押し紙で購読部数の鯖読んで広告料上乗せしてる日本の新聞社は詐欺だろうって海外から言われるって話。

>英語圏での報道をギネスブックの関係者が目にすると困るのは読売新聞
オレ的にはここがツボだった。
部数詐欺でギネスを取り消されるクォリティペーパーw。

この事実が広く知られて、外国人投資家による株主代表訴訟や広告代理店への損害賠償訴訟がガンガン起こればいいのにー。
押し紙5割だったら2倍の広告料ボッてるってことだもんねえ。詐欺だよ詐欺。怒れ外国人株主。
あっ、日本人もね。新聞社への公的支援とか舐めたことぬかすバカどもを叩きのめせ。
  1. 2009/09/12(土) 23:17:48|
  2. メディア - マスコミかカスゴミか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


擬態モノ>> | ホーム | <<わかりやすい社会主義者

コメント

25%削減でしょ?

CO2排出抑制のため、
新聞廃止・マスコミ解体・TV局(関東で言えば1・3・4・6・8・10・12+その他)廃止
等でいかがでしょうか?(もちろん反論したら『国外追放の方向でw』)
  1. 2009/09/13(日) 09:23:43 |
  2. URL |
  3. メロンジュース #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

>>メロンジュース さん
彼らは「おまえがいうな」がデフォなので・・・・。
  1. 2009/09/14(月) 01:46:31 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3208-51f240b7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。