QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

第四の権力者様が怖いんです。

ぽっぽドロ舟内閣が船出したが、選挙前に主張していたことで実施するなら唯一支持すると思っていたことを早速反故にしてくれた。

  ネット「締め出し」首相会見 民主党と記者クラブに批判噴出(J-CASTニュース)

 

鳩山由紀夫首相就任会見で、ネットメディアなどが締め出され、政権発足初日から「公約破り」が行われたことについて、専門家や識者から民主党や記者クラブを批判する声が続々と挙がっている。
池田信夫氏「内閣記者会は『何の権利もない団体』」

経済学者の池田信夫さんは2009年9月16日、コラムサイト「アゴラ」で「『記者クラブ開放』の約束は嘘なのか」という記事を更新した。「内閣記者会」の幹事社・共同通信が「首相会見に記者クラブ以外の媒体社が出席できるようにするには、規約を変えなければなりません」と話していることに対し、内閣記者会は首相官邸に「居候」しているだけの「何の権利もない団体」とし、

「本来は記者会見に誰を入れるのかを決めるのは官邸であり、クラブと『協議』する必要はなく、ましてクラブが拒否する権利もない」

と主張。また、記者会加盟社から出席している記者の9割以上は何も質問しないことを挙げ、「内閣記者会を解散し、普通の国のように政府がチェックして記者証を発行した記者はすべて参加できるようにすべきです」と提言している。
「記者クラブ開放」ブロック役は平野官房長官?

また、週刊朝日編集長の山口一臣さんも16日にブログ更新。総選挙が終わった直後から民主党と記者クラブの間で「熾烈な戦いが繰り広げられていた」と明かしている。

それによると、記者クラブを形成するメディアが民主党の各層に「新聞、テレビなどのメディアを敵に回すと政権が長く持ちませんよ」と働きかけを行っていたといい、そうした「既得権メディア」の意を受け、中心となって動いたのが藤井祐久財務相と平野博文官房長官だったという。特に平野氏は、取り巻きの記者に対して「『記者クラブ開放』は俺がツブす」とまで語っていたという。

また、社会学者の宮台真司さんも同日「民主党の重大な『公約破り』はじまる 許すまじ!」とのタイトルのブログを更新。

「平野官房長官、あんたに言っておこう。鳩山献金問題をメディア攻撃から防遏するには、記者クラブを使って統制したほうが好都合だと思ってるんだろうが、せこいんだよ」

と激怒。ホリエモンこと堀江貴文さんも、17日のブログで

「やつら記者クラブの連中にとってネットメディアは『糞』並みの扱いなんだよ。(中略)見下してんの。雑誌ならOKっていう神経がほんとありえない」

と綴っている。
内閣記者会「メディアの種類によって会見から締め出すつもりない」

日本ビデオニュース社や日本インターネット新聞社が加盟するインターネット報道協会は15日夜、官邸報道室と内閣記者会、民主党に首相就任会見出席要望書を送った。協会によると、官邸報道室からは、どこのメディアを入れるか入れないかは「報道室ではなく記者会が決めること」という返答があった。内閣記者会からは16日に返答があり、

「民主党からの要望にネットメディアは入っていなかった。インターネット報道協会からの出席要望を受けて会議を行ったが、セキュリティの問題等があり一日二日では決められない。記者クラブが閉鎖的であるという問題が指摘されていることは自覚しており、メディアの種類によって会見から締め出すというつもりはない。民主党からの連絡が遅れたことで混乱していることに関し、官邸を経由して党に抗議している」

というものだった。民主党からの返答は17日現在まだないという。


多分返答は永久に無いだろう。
案の定ネット以外のマスコミはどこも報じてないようだ。
出来ないことはいうもんじゃないな。

>記者クラブを形成するメディアが民主党の各層に「新聞、テレビなどのメディアを敵に回すと政権が長く持ちませんよ」と働きかけを行っていた
まるで総会屋だな。羽織ゴロとはよく言ったものだ。第四の権力者様乙ってとこか。
本来、会見を主催しているのは政府なり党であって記者クラブには何の権限もないだろうに。
民主党と大手メデイアは持ちつ持たれつの癒着関係、ということですね。わかります。
麻生さんはコイツラを敵に回してよく持ちこたえてたよな。

>平野氏は、取り巻きの記者に対して「『記者クラブ開放』は俺がツブす」とまで語っていたという。
やっぱり平野と藤井か。アイツラ本当にガンだな。

また、これらの件で言及しているガ島通信さんのエントリで、


  ジャーナリズムの自殺、民主党の「公約」破り・記者クラブ開放問題を書かない既存メディア(ガ島通信)

最もつまらなかったのは、事務次官会見廃止に関係して、省庁への個別取材について取材規制や言論統制という言葉で閣僚に相次いで聞いたことです。そもそも省庁への取材は自由であり、政権が交代したからといって代わるものではないはずです。仮に政権与党から「取材はダメ」と言われたところで、独自に展開すればいいし、情報公開制度もあります。そのような指示を出した政府と闘えばいいのです。こういう質問をして安心しなければならないとは、普段どんな取材をやっているのだと疑いたくなります。
結局のところ情報はネットに「漏洩」しているのに、新聞やテレビで取り上げなければ読者の信頼を落とすだけです。


記者クラブの利権の上に胡坐を書いて、発表記事ばかり垂れ流すことに慣れてしまって、独自取材を怠るからこんな有様になるのではないかな、と思いたくなる。
藤代氏の言うように信頼性を落とすだけだと思うのだが、ネットの力など『糞』並みだ、と舐めているのだろう。


一方会見を禁じられたその官僚の方だが、


  大使の会見中止 海外で相次ぐ (NHKニュース)

鳩山内閣が各省庁の事務次官らによる記者会見を行わない方針を申し合わせたことを受けて、アメリカでは、日本の国連大使と駐米大使の定例の記者会見が外務省の指示で急きょ中止になるなど、海外でも会見中止の動きが出ています。

このうち、ニューヨークにある日本政府の国連代表部では、高須国連大使による毎月の定例記者会見を17日に行う予定にしていましたが、当日になって急きょ中止しました。鳩山内閣は、各省庁の見解を表明する記者会見は大臣ら政治家が行うこととし、これまで行われてきた事務次官らの記者会見は行わないとする基本方針を申し合わせています。今回の件について、国連代表部では「事務次官以外の官僚による記者会見については、まだ対応を決めていないことから、当分の間は自粛するよう外務省から指示があった」としています。また、ワシントンにある日本大使館も、同じく17日に予定されていた藤崎大使の定例記者会見と懇談を急きょ中止し、その理由について、「事務方による記者会見などの取り扱いについては、現在、外務省で議論が行われており、当面の間は見合わせるよう本省から指示を受けたため」と説明しています。さらに、北京の日本大使館は、当初、来週予定していた宮本大使の定例の記者懇談について、「予定どおり行うかどうか検討中だ。本省の指示を待っている」としています。


あはは。確かに各国大使も「官僚」なわけで。外務大臣は官僚に頼らず、会見を開いていた各国向けにそれぞれ資料を用意して日本から会見でもするのかな。岡田が100人ぐらい必要なんじゃないの。
まあ、がんばって。「脱官僚」だしね。

海外各メディアも藤代氏の言うとおり個別に取材したらいいとは思うけど、これに対してどう論評するのかは興味があるな。
  1. 2009/09/19(土) 22:00:03|
  2. 国民が選んだ政権です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


DX11なんて飾りです。エロい人にはそれがわ(ry>> | ホーム | <<(スペース)ガンダム(V)内閣ですね、わかります。

コメント

何やら、気象庁長官の3カ月予報も今後行うかどうか検討中になったそうで。

http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/090917/stt0909171910016-n1.htm

馬鹿ですね。
  1. 2009/09/19(土) 23:22:36 |
  2. URL |
  3. あ #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

>あ さん
着々と情報統制国家への足がかりを築いてますね。
そう上手くいくかどうかはわかりませんが。
  1. 2009/09/19(土) 23:58:20 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3222-408514bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。