QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「とにかく何ができるか考えるように」

ミスター年金の話題ばかり申し訳ないが、これは藤井の「だめだったらごめんなさい」ばりの名言だと思ったので(笑)

  「新制度」ハードル高く、厚労相も苦戦(YOMIURI ONLINE)

 

 民主党政権にとって、後期高齢者医療制度の廃止は単なる医療保険制度の転換にとどまらない。

 後期高齢者医療制度に対する国民の反発を自公政権批判に活用して衆院選に勝利しただけに、「廃止は『新政権が信用に値するかどうか』の試金石」(党幹部)なのだ。ただ、廃止から新制度実現までの道のりは険しい。

 17日に初登庁した長妻厚労相は、制度廃止に向け、さっそく事務方に指示を出した。元の老人保健制度に戻した場合と、新たな制度を創設した場合のそれぞれの影響の調査だった。

 民主党の政権公約(マニフェスト)では、新制度について、「被用者保険と国民健康保険を段階的に統合し、将来、地域保険として一元的運用を図る」とうたう。長妻氏も「地域保険」が念頭にあるようだ。

 健康保険組合や各種共済などの被用者保険が国保と統合すれば、保険料引き上げや福利厚生の縮小につながる可能性があり、被用者側の反発は必至だ。民主党の最大の支持団体である連合も、「医療費の適正化、医療の透明化に重要な保険者機能の強化に逆行する」と一元的運用には反対だ。

 このため、後期高齢者を先行的に国保と統合する案も浮上しているが、この案でも国保財政が一気に悪化するため、地方自治体の反発が予想される。長妻氏は19日、厚労省担当者からこうした説明を受けたが、「とにかく何ができるか考えるように」と求めるのが精いっぱいだったという。

 省内では「地方の声を実際に聞けば、廃止の悪影響がいかに大きいか、大臣も分かるはずだ」といったささやきが漏れている。


>長妻氏は19日、厚労省担当者からこうした説明を受けたが、「とにかく何ができるか考えるように」と求めるのが精いっぱいだったという。
あれーおかしいなー。民主党政権の売り物って確か「脱官僚依存」じゃなかったっけ?(棒
「とにかく何ができるか考えるように」ってそれなんて官僚への丸投げ?

それ考えるのがアンタたちの仕事だろ?そのために高い歳費もらってんだろ?
後期高齢者医療制度にしろ保険統合にしろ、結局最終的に誰が払うかって話だから、今より負担が増えるところから文句が出るのは当然。予めわかってたことだよなあ。でも相変わらず「準備してませんでした」かい?

オレ自身は後期高齢者医療制度はありだと思っているけど、廃止するってんなら負担が増えるところからの反発はちゃんと受け止めろよ。いい顔ばっかりしてられるわけねーだろ。
まあぶっちゃけ連合なり自治労なりから横槍入ってぐちゃぐちゃになるのが目に見えてるけど。

いやー投げたブーメランが続々戻ってくるね。
御託を並べるのが政治家の仕事じゃなくて、それを現実にどう落とし込むかが政治家の腕の見せ所なのにな。
自分のアイデアを現実に沿って立案し実行できない政治家に存在価値は無い。
口先だけならオレでも言えるわ。
  1. 2009/09/25(金) 21:11:29|
  2. 国民が選んだ政権です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


機密は漏れ放題!>> | ホーム | <<ムルギランチ@ナイルレストラン

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3242-5de85dea
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。