QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

さあ皆さん考えてください。

ぽっぽのCO2排出量25%削減放言の続き。

  “成果 国際公約として表明” (NHKニュース)

 

鳩山総理大臣は国連の気候変動サミットで演説し、主要な排出国の合意などを前提に、温室効果ガスを西暦2020年までに1990年と比べ25%削減することを目指すとする日本の新たな中期目標を国際公約として表明しました。これに関連して、鳩山総理大臣は記者団に対して「日本は世界から非常に期待されている。日本の産業界は、これから厳しいと思うが技術力というものが絶対に必ず解決する」と述べました。そのうえで鳩山総理大臣は「ニューヨークでの成果は、やはり気候変動だ。世界の皆さんから、日本が変わったというメッセージが伝わった。削減目標は日本の皆さんの知性が必ず解決する」と述べました。


>削減目標は日本の皆さんの知性が必ず解決する
こいつどこまで他力本願なんだ?やっぱり切り札はボランティアか?
案の定閣僚からもこんな発言が。


  「25%削減」の具体化指示=国民、産業界の理解求める-直嶋経産相 (時事ドットコム)

 直嶋正行経済産業相は24日の記者会見で、2020年の温室効果ガス排出量を1990年比で25%削減するために必要な対策を早急に検討するよう指示したことを明らかにした。25%削減の政府方針は鳩山由紀夫首相が国連で表明しており、負担を求められる国民と産業界の理解を得るため、対策の具体化を急ぐ。
 また、小沢鋭仁環境相が2011年度を目指している国内排出量取引制度の導入時期に関しては、環境相と協議を行った結果、「議論する中で決めていく」ことになったとした。
 さらに、10月2日が期限の09年度補正予算の点検作業について、直嶋経産相は現地調査なども実施しながら精査すると強調した一方、「どれが削れるかはまだ決めていない」と述べた。


>「必要な対策を早急に検討するよう指示」「議論する中で決めていく」「負担を求められる国民と産業界の理解を得るため」
"うん、とりあえずかっこつけたいから25%削減って言っちゃったけど、実は何の根拠も無い数字なんだ。
で、どうすればいいかも全然考えてないんだけど、みんなでこれから検討して議論すればいいよね?みなさんの知性なら何とか出来るでしょ?負担も増えるけども理解してね。ヨロシク。"
意訳するとこういうことか。なんという無責任。国民舐め腐っとるなこの内閣。

オマエラ国民に負担を求める前にそもそもにやるべきことがあるだろが。
経済対策も何もほっぽらかし放しで、勝手に自分たちの手を縛って国民に負担を強いるようなことばかり先に決める。
コイツラの政策優先度は全くもっておかしいよ。


検討は必要。でも国会は開きません、っと。それなんて独裁者


  鳩山首相、IOC総会出席に前向き (asahi.com)

 10月の臨時国会への対応については「開くとはまだ決めていない。提出法案も決めていない。臨時国会を開く必要があるのか、これから考えていきたい。二つの補選もあるから、それをどうとらえていくかだ」と述べた。10月25日投開票の参院神奈川・静岡両補欠選挙に勝利することを優先して国会日程を検討する考えを示したものだ。


>これから考えていきたい。
オマエラ何訊かれてもこればっかじゃねえか。
他人の意見は聞いたふり、自分たちは考えるふり、その挙句丸投げ、かよ。たいした政権交代だな。
そもそも国内経済ほったらかしでオリンピック総会に出掛けるとか何考えてんだ。

野党時代は審議拒否で与党の経済対策の足を引っ張りまくった民主党だが、与党になったら今度は国会を開かない、と来た。
開けば開いたでぽっぽの献金疑惑やら政策ブレまくりな部分やらをつつかれまくるのが目に見えてるからな。
政権交代のこの期に及んで政局しか考えてない民主党はホントにクソだ。何が「国民の生活が第一」だ。


案の定産業界からも反発が出てきた。


  排出権取引や環境税は国際競争力を阻害、反対する=鉄連会長 (REUTER)

 日本鉄鋼連盟の宗岡正二会長(新日本製鉄(5401.T: 株価, ニュース, レポート))は25日の会見で、排出権取引市場と環境税の導入は国際競争力を阻害するため、反対との立場を明らかにした。温暖化対策の議論については、公開の場で議論し、国民的な合意を得ることが必要と強調した。

 鳩山由紀夫首相は、2020年に温暖化ガスを1990年比25%削減すると表明している。宗岡会長は「日本経済、国民生活、産業活動に対して誠に厳しい」と述べた。そのうえで「具体的な削減手法や国民負担、経済への影響などについて、開かれた議論をし、国民的な合意に努力して欲しい」とし、産業界や国民を巻き込んだ議論の場の設置を求めた。

 また、温暖化対策は世界中の問題であり、日本だけが突出した目標を掲げることで、工場などが海外移転を余儀なくされる可能性にも言及。「(日本だけが高い目標を掲げても)地球規模の解決にはならない。全ての主要国の参加による意欲的な目標の合意が、日本の国際社会への約束の前提」と指摘した。

 日本の鉄鋼業界は、すでに世界最高水準のエネルギー効率を誇っており「削減目標が高ければ高いほど排出権を購入せざるを得ない。そうなれば、技術開発のための貴重な資金が海外に流出する」との懸念も示した。

 排出権取引や環境税の導入についても反対の姿勢を明らかにした。排出権取引については「大きなコスト増で、国際競争力を大きく阻害する。工場の閉鎖、生産縮小、海外への生産移転を考えざるを得ず、国民経済、地域経済、雇用に大きな影響を与える」と、従来からの考えを繰り返した。

 <10―12月期の粗鋼生産は前期比微増、先行きは見通せず>

 鋼材需要について、宗岡会長は「国内は今の(厳しい)状況がしばらく続くことになる。生産を押し上げているのは、中国や東アジアの需要」と述べた。そのうえで、10―12月期の粗鋼生産は「7―9月期比伸びると思うが、どの程度伸びるかははっきりしない」とし、1―3月期については「10―12月期がどうなるかはっきりせず、様子が分からない」と慎重な見方を示した。

 特に、国内の鋼材需要については「かなり厳しい状況が続いており、予断を許さない。自律的な回復、着実な回復の足取りと言うには早過ぎる」と、慎重な見方を示した。自動車や家電など政策に支えられた部分は明るさが出ているものの、民間設備投資関連には回復が見られないという。


まあ、言ってることの要点は以前オレが書いたこととだいたい同じ。
つまり、多少なりともぽっぽの発言の問題点がわかってる人はおよそ同じ結論に達するということだな。
さらにアホの藤井のアホな発言のせいでまた円は上がってるし。


  NY市場でドル/円が7カ月超ぶり安値、藤井財務相の発言で (REUTER)

 [ニューヨーク 25日 ロイター] 25日のニューヨーク外為市場では、ドルが下落。対円で90円を下回り、7カ月超ぶりの安値をつけた。藤井裕久財務相が自国通貨安を目指す政策に反対を表明したことが要因となった。

 共同通信が報じたところによると、訪米中の藤井財務相は、24日午後(日本時間25日未明)にガイトナー米財務長官と会談し、円安誘導のための市場介入に否定的な見解を示した。

 INGキャピタル・マーケッツの外為部門ディレクター、マット・カッセル氏は「藤井財務相の発言を受け、投資家は節目を下回る水準までドルを売り円を買うことをためらわなくなった。中銀の動きを心配する必要がなくなったためだ」と指摘した。

 報道機関が入手したG20の声明草案で、G20首脳は持続的な回復が確実になるまで景気刺激策を維持すると表明することが明らかにり、金利は当面、低水準に据え置かれるとの見方が広がった。ゼロ近辺の低金利ではドル建て資産を保有する理由が薄れるため、これもドルを圧迫した。

 ドル/円は1.7%安の89.71円。一時、2月中旬以来の安値である89.52円をつけた。


あーあ、とうとう90円切っちまったよ。どこまで続くのかね円高。
こうやって、民主党政権のせいで企業はますます潰れ、国民の負担はますます大きくなると。
この経済危機時に火に油を注ぐようなことをしていったい何がしたいのかねえ?

でもまあ、民主に入れた人たちは自民党政権にお灸を据えたかったんだから仕方が無いよね。
背中に乗せたモグサが予想外に多すぎてぼうぼう燃え出したってところかな。
こっちはとんだとばっちりだが。
  1. 2009/09/27(日) 02:32:52|
  2. 国民が選んだ政権です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


擬態カッター>> | ホーム | <<うはwww欲し過ぎるwwwww

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3247-0c3f1256
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。