QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

「クローズアップ現代」でHTVの特集やってたね。

非ネットの出先でおととい見た。先日無事ドッキングに成功したHTVの特集をやっていたね。

 

ISSへのドッキング時に姿勢維持クラスタが噴射で予想以上の高温になり、故障が懸念されたためドッキング予定時刻を15分繰り上げた、という話は初めて聞いた。
ゲストの若田光一宇宙飛行士が、「訓練の9割はトラブル対応で、スタッフはあらゆるトラブルに対応するために何千通りもの状況を想定したシミュレーションを行っている」と熱く語っていた。
一見何の問題も無く成功したようにみえる打ち上げやランデブー、ドッキングはこうした訓練の賜物である、と考えるとスタッフの方々の努力に改めて頭の下がる思いだ。

ランデブー・ドッキングに関して、若田さんは「併走する新幹線の窓を開けて握手するようなものです」と例えていたな。
これを聞いてオレは、撤退するともしないともハッキリしない例のインド洋の給油問題を思い出した。
艦の洋上給油も、外洋の荒波の中、波の影響を避けるため補給される艦に補給艦が非常に狭い間隔で併走し、補給菅を渡して行う、という非常に危険で高度な技量を要求する作業だ。よく比喩に出されるガソリンスタンドでの給油などとはわけが違う。
自衛隊の錬度の高さは世界の軍関係者が一目置くところだけど、こういうのは日本人の国民性かね。

そして日本以外にそれだけの機材・人材を持っている国は多くない。
参加各国に望まれていて、日本が非戦闘地域でかつ得意分野で貢献できる部分なのに、それを中止してアフガンに警官送る、とか言ってる我が首相は正直わけわからないけどね。

それ以外には大して目新しい情報はなかったけど、若田さんが「与圧された荷物室のハッチを開けると、地球の香りがするんですよ」と言っていたのが印象的だった。HTVのハッチを開けた元同僚の飛行士には「スシはどこだ?」と言われたそうだが(笑)。
CGを使ってHTVをリアルスケールで見せていたのは、実際の大きさを感じる上でよかったし、20人以上の海外関係者が来日して現場で打ち上げを見守っていたこと、スペースシャトルが引退すると世界唯一の大型補給機になることもきちんと言っていたので最近のNHKの番組としてはまともなつくりだったと思う。

若田さんが「日本はHTVをベースに有人飛行の研究も行っているが、これは多分持ち出しになっているはずなのできちんと予算が付くようになって欲しい」と言っていたが、


  日本も有人ロケット、前原国交相が検討表明 (WWW.ニュース)

 宇宙開発担当の前原国土交通相は29日、「日本も自ら有人打ち上げができる能力を開発していかなければならない」と述べ、日本独自の有人ロケット開発に向け検討を進める方針を明らかにした。

 宇宙開発を担当する大臣が、日本独自の有人宇宙開発に踏み込んだ発言をしたのは初めて。

 表敬訪問した宇宙飛行士の若田光一さん(46)が「日本が世界に貢献するには独自の有人打ち上げ能力、有人宇宙船が必要」と呼びかけたのにこたえた。
前原国交相は「有人打ち上げはどうしたら可能なのか。一つの大きな目標ができた」と語った。

 日本独自の有人宇宙活動については、政府の「月探査に関する懇談会」が来年6月をめどに、月探査に関連して、その是非について報告書をまとめる。数兆円ともいわれるコストや、人命をかけることの意義が課題とされている。

読売新聞 2009年9月29日19時20分 読売新聞
http://www.yomiuri.co.jp/space/news/20090929-OYT1T00969.htm


ワロタ。この番組でも前原さんと会談したことを話していたから、そこで感化されたんだろうね。
いきあたりばったりなのはいつものことだが。
実際「財源はどうやって?」というところに相変わらず疑問符は付くが、もし予算化されるなら素晴らしいことだな。

ちなみに来週のクローズアップ現代は「中国建国60年 “大国”への新戦略」だそうなorz
  1. 2009/10/01(木) 15:18:08|
  2. ノンジャンル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


「国民が選んだ政権です」カテゴリを新設>> | ホーム | <<市場は正直。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3259-8036d08a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。