QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

前なんとかさんのマッチポンプ

JALが潰れそうな話の一件。

  国は急には曲がれない(巡る因果の猫車)

 

『日航の自主再建可能』 国交相信用不安を火消し 政府支援強調

2009年10月1日 朝刊

 前原誠司国土交通相は三十日緊急の記者会見を開き、経営再建中の日本航空について「過度に心配が広がりすぎている。自主再建は十二分に可能だ。万が一の場合は、政府として支援していく」と強調するなど、風評被害の拡大に歯止めをかけようと懸命だ。 (西尾玄司)
(中略)

 風評被害って…誰のせいですか誰の。折角まとまり掛けていた交渉を白紙にしたくせに…

■日航:6800人を削減へ、外資との提携は10月中旬に決定(Update2) [9/15]
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aeElSASkFxX8
(抜粋)  国土交通省の篠原康弘航空事業課長は会合後、日航から報告された経営改善計画について、①国際線を中心とした大幅な路線の見直し②人件費などの聖域なき見直しによる低コスト化の徹底的な追求③事業・機能への外部資本導入などの企業構造の柔軟化と多様化――といった3本柱で構成されていたと明らかにした。

 おそらく、デルタ航空・アメリカン航空との交渉も上記の線で進めてたと思うんですよ。特に②は乱立して会社の体力を削いでいる、労組の再編成なんかも含まれてたんじゃないかと思います。
 とーころがどっこい、ここに登場したのが民主政権。まとまりかけてた話を、いきなり白紙にしてくれました。

■前原国交相:日航への取り組みは白紙に戻す-見極めた上で判断する
http://www.bloomberg.co.jp/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aeo.tLLQDzAc


おなじみ猫車さんのところの記事から。
元記事がよくまとまっているので詳細はリンク先を読んでもらうとして。
要は、外資との提携がまとまりかけて救われるはずだったJALが、鳩山政権による提携撤回で一転大ピンチに。
そしてその張本人の前なんとか国交相はヤバくなったJALの風評の火消しに必死という構図。

それ風評じゃねえだろ。誰のせいなんだ誰の。
そういうのをマッチポンプっていうんじゃねえのか。

おかげで金融機関や保険機関からの取引を切られたり散々なJAL。
もしダメなら公金注入みたいなことを言っているが、その財源はどこからくるんだ?また国民の血税か?
ふざけんなよ前なんとか。そういうのこそ『無駄遣い』っていうんだよ。

しかし、この鳩山政権の自民党政権下の予算や制度は全て悪、白紙にして一から俺様が作り直してやる的なやり方は何とかならんもんかね。まあ無理だとは思うけど。
まるで、前王朝の遺物は全て破壊し尽くす、という某国の伝統に則っているようだ。
  1. 2009/10/02(金) 10:49:10|
  2. 国民が選んだ政権です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


ししとうとナスの味噌炒め>> | ホーム | <<台湾軍かっけー。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3274-66ed0055
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。