QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

がんばれムラタセイサクくん

とうとう村田がサムスンを訴えたらしい。

  日本の村田製作所、三星電気を相手に特許侵害訴訟 (WWW.ニュース)

 

日本電子業社の村田製作所が三星電気を相手に特許侵害訴訟を提起しました。

村田製作所は三星電気が自社のセラミックコンデンサ製造部門特許を侵害したとして、三星電気製品が米国内で生産、販売されることがないよう訴訟を提起したとロイター通信が報道しました.

セラミックコンデンサは電子製品の電流量を調節する装置で、携帯電話やゲーム機など小型電子製品からTVや個人用コンピュータのような大型製品にも漏れなく使われる必須部品です。

村田製作所は積層セラミックコンデンサ市場で世界1位の占有率を走る業社ですが、最近では三星電気や台湾のYAGEOなど後発走者たちの激しい追撃を受けて来ました。

■ロイター(英語)2009/10/02 3:10
Japan's Murata sues South Korea's SEMCO on patents
http://www.reuters.com/article/rbssTechMediaTelecomNews/idUST29203020091002



世界一抱える訴訟が多いといわれる"被訴訟王"サムスン。
訴訟には逆提訴でクロスライセンスに持ち込むとかそういう姑息な技でこれまで逃れてきた。

先日もシャープの特許侵害が認定されたばかり。
この件はシャープの特許が基礎的なもので適用範囲が大きすぎて得意のクロスライセンス戦術は使えない。
以前サムソンはこの特許に関するシャープのライセンス契約提示を蹴っており、この件の賠償金は数千億円になるともいわれている。

  サムスンによるシャープへの特許侵害を認定、液晶テレビやモニターの販売禁止の可能性―ITC (WWW.ニュース)

9月9日(ブルームバーグ):米国際貿易委員会(ITC)は9日、韓国のサムスン電子が液晶ディスプレーに関するシャープの特許を侵害しているとの判断を下した。これによりサムスン電子は米国での液晶テレビやコンピューターのモニターの販売を禁じられる可能性が出てきた。

http://www.bloomberg.com/apps/news?pid=infoseek_jp&sid=aLvkE9UdX87I


ましてやセラミックコンデンサなんて基本素子中の基本なので、その範囲はPCや携帯をはじめ電気製品全体に渡る。
村田には個人的に思い入れがあるので絶対勝って欲しい。
サムスンに引導を渡してやれ。
  1. 2009/10/03(土) 22:54:23|
  2. 海外ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


はい、やっぱり根拠の無い数字でした。>> | ホーム | <<東京地検はじまったか

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3282-49e93f7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。