QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

チップセット事業は死亡、Quadroも苦境に

さて、昨日のチャーリーの記事だけど、早速NVが否定したという記事が。

  Nvidia denies reports it will soon cancel GTX 200 series (The Tech Report)
  (NVidiaはGTX200シリーズをキャンセルするだろうというレポートを否定した)

 

We asked Nvidia to weigh in this morning. Is the GTX 200 series really doomed? Nvidia spokesman Ken Brown responded quickly and told us flat out there is "no truth" to the discontinuation rumor. Ostensibly, then, the company intends to keep using current-gen products to compete with AMD's DirectX 11 parts until its own DX11 GPUs arrive.
(我々は、GTX200シリーズが本当に運命付けられているのかをNvidiaに検討するよう今朝頼みました。Nvidia広報のKen Brownは素早く応えて、生産停止の噂が全く「真実でない」と我々に話しました。そして表面上は、同社は自身のDX11対応GPUが到着するまでAMDのDirectX 11製品と争うために現在の一般製品を使用し続ける予定です。)

While we'd take all of the speculation with a grain of salt, we wouldn't be so quick to discount Charlie entirely―despite his history of badmouthing Nvidia. SemiAccurate got a fairly good estimate of Fermi's release schedule way back in July, and the die-size estimate wasn't too far off from our own. We'll wait and see.
(我々がその推測の全てを話半分で聞く間、CharlieのNvidiaに対するもっぱらの悪口の経歴にも拘らず、我々はすぐさま彼を無視するようなことはしませんでした。。7月にさかのぼればSemiAccurateはフェルミのリリーススケジュールのかなり良い予想を得ていましたし、そのダイサイズの予想は我々自身のものからもあまりかけ離れてはいませんでした。我々は静観します。)


>We'll wait and see.(我々は静観します。)
この締めがなんか意味深だなあ・・・。

そりゃそうだろう。NVとしちゃ、株価とか考えても否定するしかないよな。どっかの国の財務相じゃあるまいし。


そのNVidiaに悪いニュースが2つFudzillaから。


  Nvidia doesn’t plan new AMD chipsets
  (NVidiaは新しいAMDチップセットの計画をしません)

It is not only that Nvidia canceled its DMI chipset projects and won’t have its Lynnfield, Nehalem refresh chipset, it doesn’t want even to make a new AMD chipset.
(NVIDIAは、DMI対応チップセットの計画をキャンセルしてLynnfield、Nehalem用の新たなチップセットを持たない予定だが、AMD用の新しいチップセットさえ作るつもりはないとのことです。)

Mr. Drew Henry has explained us that since AMD's CPU business is doing so badly and since its market shrunk so much, it is simply not economically viable for Nvidia to continue developing chipsets for AMD. They simply cannot make enough money.
(Drew Henry氏が我々にした説明によるとAMD CPU向けビジネスの状態は非常に悪く、市場がとても縮小しているため、今後AMD向けのチップセットの開発を継続してもNVidiaにとって先がないとのこと。単純に採算が取れないということです。)

Nvidia will continue making ION chipsets and Ion 2 is well under development as there is a lot of financial sense for Nvidia as they can make good buck on this chipset. The only obstacle is Intel who doesn’t want this chipset around, but Nvidia has decided to fight Intel on this one, and has HP and Lenovo supporting ION in its netbooks.
(NVidiaはIONチップセットの製造を継続します。そしてIon 2の開発は良好です。それらにはNvidiaのための多くの財政的な感覚があって、このチップセットでは好利益を上げることが出来ます。唯一の障害はこのチップセットの活躍を望まないインテルです、しかし、HPとレノボはノートPCにIONを採用しており、Nvidiaはこれでインテルと戦うつもりです。)

As for AMD, 2010 will be a tough year for selling their own CPUs.
(AMDにとって、2010年は彼ら自身のCPUを売るために厳しい年です。)


最後の一文にワロス。確かにAMDも他人事ではないのだが。
CharlieがNVに辛らつならFuadは割とAMDに辛らつなんだよなあ。

それにしてもAMD向けは採算が取れないのか。最近のNVidiaの言うことは話半分とはいえ不景気だからなあ。それにいまさらどの面下げて「作らせてくれ」というのもね。
しかし残ったチップセット事業がION/ION2だけで、それもAtomがグラフィックスを内蔵したら多分終了なわけだからね。もうチップセット事業は終わったようなもんだ。


もう一つのニュースはGeforceと並んで看板製品であるQuadroの不振。


  Car industry woes hurt Quadro sales
  (自動車産業の苦難はQuadroの販売に損害を与えました)

Nvidia's top workstation chap Mr. Danny Shapiro told Fudzilla that the main reason for a huge drop in workstation business was the economic downturn lead by the fall of the USA car industry.
(Nvidiaのワークステーション事業の最高責任者Danny Shapiro氏は、ワークステーション事業の大幅な下降の主要な原因が米国自動車産業の凋落によって導かれる景気の失速であるとFudzillaに語りました。)

These guys were always buying the latest, greatest hardware and since Q4 2008 they have decided to dramatically reduce their spending. This hurt Nvidia a lot, as in the last nine months they didn’t really sell many Quadro-based products.
(これらの人々は常に最新最大のハードウェアを買っていました、そして2008年の第4四半期から彼らは出費を激減させることに決定しました。実際にこの9ヵ月で多くのQuadroベースの製品を彼らに売ることが出来ず、これは非常にNvidiaに損害を与えました。)

Nvidia also said that in they see a big increase of demand in this month and that the situation can only get better when they release a workstation version of GT300, Fermi based products.
(Nvidiaはこうも言いました。今月彼らは需要の大きい増加を予想していると、そしてこの状況が改善できるのは彼らがFermiベースの製品であるGT300仕様のワークステーションをリリースしたときだけであると。)

Q4 2008 was the first hiccup for Nvidia's workstation business and despite the fact Nvidia has around 90 percent of workstation market it didn’t do well. ATI didn’t gain any serious market share, with recession Quadro / Workstation Total available of market (TAM) simply dramatically shrunk. Let’s hope it will grow again in 2010.
( 2008年の第4四半期はNvidiaのワークステーション事業のための最初のつまづきでした。そしてNvidiaがワークステーション市場およそ90パーセントを持っているという事実にもかかわらずそれはうまくいきませんでした。市場(TAM)で利用できる全体が単純に劇的に縮小したQuadro/ワークステーションの不況時にATIはまったく市場占有率の成長がありませんでした。それが2010年に再び成長することを望みましょう。)


というわけで、QuadroもまたFermi頼りと。苦しいねNV。

>ATI didn’t gain any serious market share,
こちらもこの辺がFuadっぽいな(笑)。
もともとAMD/ATIはワークステーションのグラフィックは今のところ主戦場じゃないし。
CPUの方は同様に損害を蒙ってると思うけど。


しかしそんなNVidiaにも(AMDにも)ちょっと明るいニュースが。


  Oak Ridge National Laboratory、NVIDIAの「Fermi」アーキテクチャ搭載のスーパーコンピュータを計画 (NVidiaサイト)

ORNLのスーパーコンピュータ、NVIDIA GPUコンピューティング・テクノロジーを採用し、現在最速のスーパーコンピュータの10倍もの性能を目標

2009年9月30日 - カリフォルニア州サンタクララ- NVIDIA(本社:米国カリフォルニア州サンタクララ、社長兼CEO: ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)、Nasdaq:NVDA)は本日、Oak Ridge National Laboratory(ORNL)がNVIDIA®の次世代CUDA™ GPUアーキテクチャ(コードネーム:Fermi)を使用して新しいスーパーコンピュータを作る計画であると発表しました。完成後は、エネルギーや気候変動に関する研究に利用するこのスーパーコンピュータは、現在最速のスーパーコンピュータの10倍もパワフルなものとなる予定です。

NVIDIAのCEOで共同創立者、ジェンスン・フアン(Jen-Hsun Huang)がNVIDIAのGPU Technology Conferenceにおいて基調講演を行った際、ORNLのComputing and Computational Sciences担当アソシエイト・ラボディレクター、ジェフ・ニコラス(Jeff Nichols)氏も壇上にあがり、1,400人もの研究者や開発者を前に、「Fermi」は今まで不可能だった大きな進歩を科学分野にもたらしてくれるはずだと次のように語りました。


Oak Ridge国立研究所からスパコンのGPGPU用にFermiの大量発注が。
仕様から考慮して使用するFermiの個数は数千個と思われ、一般向けと違ってこちらは単価も高いだろうからこれはかなりのビジネス。
またCPUにはAMDのOpteronが採用されてるようなのでこちらもまたビッグビジネス。
どっちもある意味ある意味公金注入?


  科学技術計算向け演算能力が引き上げられたGPUアーキテクチャ「Fermi」(マイコミジャーナル)

Oak Ridge国立研究所は、スパコンランキングのTop500で現在2位のJaguarを保有する研究所である。Jaguarは2.3GHzクロックの4コアOpteronを使用するCrayのXT5スパコンであるが、現在、同研究所は、この4コアOpteronを最新の6コアIstanbulに取り替えるアップグレードを推進しており、これが完了するとピーク性能は2.3PFLOPSとなり、2009年11月のランキングでは現在トップの Roadrunnerを抜いてトップの躍り出ると見られている。

このXT5はOpteron 2ソケットの計算ノードをSeaStar2+と呼ぶCray開発のスイッチチップを使い3次元トーラス構造で接続するシステムであるが、6コア Istanbullへの変更の次のステップとして、一方のソケットには12コアのMagny-Coursを入れ、もう一方のソケットにはNVIDIAの GPUを入れるというアップグレードを計画している。


ただ、いずれにせよNVidiaの社運がFermiの性能と登場時期にかかっているのは間違いの無いところだろうな。
我々も静観しましょう(笑)。
  1. 2009/10/08(木) 13:26:28|
  2. インテルと愉快な仲間たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


公約とは時間によって変化するものだったんだよ!>> | ホーム | <<大東亜共栄圏キター

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3309-78490b58
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。