QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

誠意とぬくもりの朝日新聞

「友愛」みたいなもんかな。

  天声人語 10月18日付 (asahi.com)


 

ご近所を歩くと、回収待ちの古新聞を戸口で見かける。弊紙であればもちろん、他紙でもお宅に一礼する癖がついた。無料の情報があふれる時代、新聞代を払ってくださる読者は社を超えて大切にしたい▼感謝の念はおのずと新聞を配る人にも向かう。日本の新聞の95%は戸別配達されている。「新聞配達の日」のきょうは、日本新聞協会が募ったエッセーから紹介したい▼北海道苫小牧市の亀尾優希さん(9)は、母の新聞配りを手伝う。貧血気味のお母さんは団地の3階まで、娘は4階と5階。「家に帰ったら、お父さんのおべんとうにいれるたまごやきを作ります。こうして、わたしの一日ははじまります」。小さな働き者を真ん中に、固く結ばれた家族が浮かんでくる▼「インターネットでは得られない情報が、伝える人と届ける人の誠意の集大成として新聞になる」。そう書いてくれたのは、東京都文京区の岩間優(ゆう)さん(14)だ。足の悪いお年寄りが新聞を心待ちにしていると知り、単なる「記事の集まり」を超えたぬくもりを感じたという▼人の手で運ぶ新聞が温かいのは自然なことかもしれない。今年の新聞配達の代表標語も〈宅配で届くぬくもり活字の重み〉である。凍える朝でも嵐の夕でもいい。情報の重い束を運ぶ42万人に思いをはせたい▼新聞社はネットでも発信しているが、そこで再会するわが文は心なしか「誠意」を割り引かれている。特にコラムの場合、体裁の違いはそれほど大きい。どうか小欄は、ぬくもりを添えてお届けする「縦書き」でお読み下さい。


記事を読むなら金払え、まで読んだ。

>誠意の集大成
朝日新聞が言うところの「アジア的な優しさ」みたいなもんですか?
まあ「地獄への道は善意で敷き詰められている」などとも申しますしね。

>そこで再会するわが文は心なしか「誠意」を割り引かれている。
誠意(?)を見せるのは金を払うやつにだけ、ということですね。わかります。
その代わり新聞は「真実」が割り引かれているからな。お互い様だろ。

>インターネットでは得られない情報
朝日フィルターですね。よくわかります。
逆にネットで得られて朝日では得られない情報の方が多いような気がするのは気のせいでしょうか。
体制翼賛新聞なんていらねーよ。戦前じゃあるまいし。

>「記事の集まり」を超えたぬくもり
たしかに新聞紙に包まって寝ると暖かい。でもうちには布団も毛布もあるし。
たしかに新聞紙を燃やすと暖かい。でもうちには電気もガスも来てるし。燃やすとCO2も出るし。
無くなるとキャベツとかを包むのに困るけど。あとシーズンオフに靴をしまうときとか。

>特にコラムの場合、体裁の違いはそれほど大きい。
つまり、コラムがカスな場合は大差ない、ということですね。大変よくわかりました。
たしかにこの程度のカスなコラムを読むために金を出すのはいやだなあ。
身をもって実例を示してくださるとは、さすが誠意とぬくもりの朝日新聞(笑)。

つまり朝日新聞にとっては「誠意」だの「ぬくもり」だのいう曖昧なものが優先で情報の質とか正確さは二の次と。
つか、新聞に情報以外の、その朝日新聞言うところの「誠意」とか「ぬくもり」とかを求めて購読してる人間がどのくらいいるのか訊いてみたい。

そもそも朝日新聞がそれだけ「誠意」や「ぬくもり」に溢れているのなら、まず配達で9歳の子供まで働かずに済むように業務/賃金改定してやれよ。年収数千万の偽善者どもが。
何が「小さな働き者」だ。児童労働を推奨すんのか「誠意」と「ぬくもり」朝日新聞はよ。

やっぱりネットで十分だわw。キモ過ぎるだろこのコラム。新聞屋が末期症状だってのがよくわかるわw。
  1. 2009/10/19(月) 13:04:26|
  2. メディア - マスコミかカスゴミか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


故人献金は一子相伝の秘儀>> | ホーム | <<まだ一割強も

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3339-5f7d2f59
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。