QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

真田さんのことかー!

エンジン故障で帰還が危ぶまれていた探査機はやぶさが帰って来れるらしい。やったね!

  探査機「はやぶさ」、奇跡の復活…予定通り帰還へ (YOMIURI ONLINE)

 

 奇跡の復活――。4台あるエンジンのうち3台が停止し、小惑星イトカワから地球への帰還が危ぶまれていた日本の探査機「はやぶさ」について、宇宙航空研究開発機構は19日、故障していた2台のエンジンを組み合わせて、1台分のエンジンの推進力を得ることに成功したと発表した。

 もう1台のエンジンの温存が可能となり、予定通り来年6月に地球へ帰還できる見通しとなった。

 はやぶさは、2003年5月の打ち上げ直後に1台のエンジンがトラブルで停止。その後も様々な機体のトラブルに見舞われたが、05年11月に地球から約3億キロ・メートル離れたイトカワに着陸した。07年4月には、もう一つのエンジンの部品が劣化して、運用を中止した。

 満身創痍(そうい)の機体は、残る2台のエンジンを交互に運用して地球への帰還を目指した。しかし、うち1台が、今月9日に故障していた。

 エンジン復活に向け、宇宙機構は、故障した3台のうち、早い段階で運転を中止したエンジン2台に着目。正常に動く部品同士を電子回路でつなぐ「離れ業」で、互いの故障を補う形でエンジン1台分の推進力を出すことに成功。電子回路は、万一に備え、「エンジン間をつないでおいた」ものだった。

 復活したエンジンは、順調に作動している。電力、燃料の消費は、2倍になるが、電力は太陽電池によって補給できる見通し。燃料にも余裕があるという。

 宇宙機構の川口淳一郎プロジェクトマネージャは「動いている方が奇跡的だ。予断を許さないが、万一に備えた回路が功を奏し、電力補給できるという幸運にも恵まれた」と話している。


メロンジュースさんの情報提供から。

>万一に備え、「エンジン間をつないでおいた」ものだった。
「こんなこともあろうかと思って」か。
バイパス回路を用意してたか、あるいはプログラマブルな構成にしてあったか。なんにしても日本の技術者素晴らしすぎる。
無誘導での衛星軌道投入とか、ロボットアームで掴んでのドッキングとか、どうしてこう日本のエンジニアの発想と技術は代々変態的(もちろん褒めてます)で素晴らしいんだ。これぞ継続は力なり。

>動いている方が奇跡的だ。予断を許さないが、万一に備えた回路が功を奏し、電力補給できるという幸運にも恵まれた
奇跡的に復活したとはいえ未だ満身創痍のはやぶさ。なんとか無事帰ってこれるといいね。
「トップをねらえ」のラストシーンを思い出した。


  【事業仕分け】最先端科学技術が次々削減 「科学技術立国」どこへ (MSN産経ニュース)

 17日の事業仕分けでは、文部科学省所管で官民共同で開発が進められてきた中型ロケット「GX」(概算要求額58億円)が俎上に載せられた。

 「ロケット開発自体、ビジネスになる見通しが立っていないのに税金を使うのはどうか」

 統括役である民主党の枝野幸男元政調会長がこう切り出すと、「米国、欧州、中国が成功したら日本のロケットは海外に売れなくなる」と、ビジネスとして将来性がないとする意見が相次ぎ、GXロケット計画は「廃止」、液化天然ガス(LNG)を使った新型エンジン開発も来年度予算計上が見送られた。

 LNGエンジンは長期間の運用が可能で、軌道間輸送機や惑星探査機に適する。世界でも日本が最先端を走り、「中国の宇宙開発をにらみ、優位性を確保することが日本の技術安全保障になる」(防衛省筋)との擁護論もある。しかし、仕分け作業でこうした観点の議論はなかった。


前も書いたけど、スパコンや宇宙開発というような技術は、ある意味ビジネスになりにくい部分もあるが、それは逆に外国から買い難い、ということでもあるわけで、そのことがそのまま国の安全保障や競争力に直結する。そして「継続は力なり」の分野なので、一度止めてしまうとそこで道が絶たれてしまう。
子供向けの劇や映画には「夢」を見るが、日本の技術立国やこうした「夢」は否定する民主党政権。
絶対許さない。


【追記】
詳細が松浦晋也さんとこに書いてあったよ。
長いので詳細はリンク先を読んでもらうとして、簡単に言うと、もともとはやぶさに4つあるイオンエンジンABCDのうち、故障したエンジンABの中で生きているAの中和器とBのイオン加速器を同時に使うという裏業らしい。
現在はエンジンAの中和器とエンジンBのイオン加速器、それにエンジンCで予定通りエンジン2基分の加速を得ているのだそうだ。

  はやぶさリンク:はやぶさ、帰還に向けてイオンエンジン再起動 (松浦晋也のL/D)

異なるエンジンのイオン加速器と中和器を使用する状況は想定済で、そのため電源回路が異なるエンジン間で結合できるように設計してあったのだということ。しかも厳しい重量制限の中、ダイオード1個の追加でその回路を実現してたらしい。

川口:ちょっと盛り上げるなら、これは電気回路にダイオードが一つが入っていないとできない。あらかじめそういう回路を組み上げ、搭載して打ち上げたということを注目してもらいたい。

國中 はやぶさは、設計時の重量制限が厳しかった。色々考えた末にダイオードひとつを追加するだけで今回のような運転が可能な電源回路を組んで搭載した。

毎日 こういったトラブルを想定して回路を積んだのか。

國中 そうだ。


「ちょっと盛り上げる」とかそういうレベルじゃねえぞ。マジすげー。
以前若田光一さんが語っていた「トラブルを想定したシミュレーションの大切さ」というのはこういう状況で生きてくるのだね。

川口 ここまで打ち上げや運用費用も含めて計画遂行の総額は約210億円。事業仕分けされないようにしなければいけない。運用費は年1億円程度なので、3年伸びると3億増える。


つまり事業仕分けの状況によってはこの帰還劇が見られなくなるかもしれないと。
ホント民主党はガンだな。


【追記11/21】

  

はやぶさの「こんなこともあろうかと」動画がニコ動に来てた。すげーな。
もし無事に帰還したらNHKは特集で2時間番組を作るべき。
  1. 2009/11/20(金) 12:53:59|
  2. 国内ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


親衛隊の憂鬱>> | ホーム | <<数字は正直

コメント

夢も希望も無い民主党

v-115 事業仕分けは必要であるが、その成果は仕分け人の能力に依存している。
次世代スーパーコンピューターやロケットなどの科学技術関連予算が事業仕分け(税金10億円投入)で見送られるようでは、民主党政権には夢も希望もない。
民主党の蓮舫や枝野のような科学技術に無知で、日本の将来に無関心な人物が仕分け人では、致し方ないこと。
毎年2.5兆円の税金を使う高速道路無料化は、無駄な予算であるから、事業仕分けによって廃止してもらいたい。
民主党には成長戦略が無く、成長のための投資と無駄を区別する能力も無いことが見えてきた。
蓮舫が世界一になる必要があるのかと言ったスーパーコンピューターの現在の性能順位は、1~3位は米国、4位はドイツ、5位は中国、6~10位は米国そして日本は30位以下。
民主党を衰退させなければ、日本が衰退することとなりそうだ。
  1. 2009/11/20(金) 18:03:07 |
  2. URL |
  3. 馬鹿まるこ姫 #-
  4. [ 編集]

>>馬鹿まるこ姫 さん
民主党に成長戦略が無いことは選挙前からわかっていたことですから、今さら感は否めませんね。
今やってるのは利権の付け替えだけですから。茶番です。
不調なときはリソースを必要な部分(今の日本にとっては経済成長)に集中させるのが物事のセオリーですが、初めて国家権力を手中にして浮かれまくる彼らには理解の外のようですし。
  1. 2009/11/20(金) 19:18:13 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3441-e8e4f556
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。