QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

SS1620でSDHCカードを使う

SDHCカードは2006年に策定された2GBを超える容量のSDカード上位互換の規格。
そのためそれまでに発売されたPCのカードスロットはSDHCの使用を想定していない。
2005年に発売されたDynabook SS 1620のSDカードスロットもSDHCには対応していないと思っていたが、なにやらSDHC策定以前のPCでもSDHCカードを認識する可能性があると知って試してみた。

 
まずSDHCカードを確保するため、先日買ってきたBUFFALOのUSBメモリ8GBからSDHCカードを取り出す。

SDHCカードの取り出し取り出し方法の詳細はRadioSiozさんの記事で。

  再び発掘! マイクロSD・8GBが980円。(RadioSioz)

簡単に言うと画像のように"BUFFALO"ロゴの最初の"F"の下半分辺りに慎重に穴を開け、針状のもので中に入っているmicroSDカードを押し出すのだ。
オレは0.8mm径ぐらいの極細精密ドライバでかりこりと開けた。
穴の位置的には画像の白の0.3mm上方辺りがベストと思われ。白はやや下でピンクはやや右過ぎた。
でもまあ、これくらいずれてもカードと電極を傷つけないよう浅く作業すればOK。

古いノートPCのSDカードスロットでのSDHCカード認識の条件は次の2つ

1.PCのOSがWindowsXPのSP3であること。
2.Panasonic純正のSDカードフォーマッタを使い、SDHCカードを「論理サイズ調整ON」でフォーマットしていること。

なぜWindowsXPのSP3が必要かというと、下記のページで紹介されているが、SDHC対応の修正プログラム「923293」がSP3には含まれているかららしい。

  ただのSDカードスロットでSDHCカードを使えるかもしれない方法 (ITmedia Biz.ID)

なんらかの理由でSP3にはしたくないがSDHCは使いたい、という人はこのホットフィックスだけ読み込めば対応するようになるかもしれない。

またこの2つ以外に、USBなどで接続するSDHC対応のカードアダプタが必要になる。
なぜカードアダプタが必要かというと、フォーマット前のカードをPCに認識させるため。
フォーマッタ起動時に対象のカードが認識されていないとフォーマットそのものが出来ないからだ。
オレははずしたガワをそのまま使うので問題無いが。

1はすでにSP3なので問題無い。
2のフォーマッタは次のページで配布している。

  SD/SDHCメモリーカード フォーマットソフトウェアの配布 (Panasonicお客様サポート)

ダウンロードしたsdfv2003.exeを実行してSDフォーマッタをPCにインストールする。
インストール後、アダプタで対象のSDHCカードを認識させておいてからSDフォーマッタを起動する。

SDフォーマッタまずDriveの項でカードが認識されていることを確認する。カードが認識されていない場合、この項がグレーアウトする。
認識されていれば[オプション設定]のボタンをクリックして、




オプションの論理サイズ調整をONにする[論理サイズ調整]の項をONにする。
何故ONにするとよいのか理屈までは調べなかったが、過去記事を調べるとONにした方がよい結果が出ているようなので。
[OK] → [フォーマット]とクリックしてしばらく待ち、フォーマットが終了したらアダプタの接続を切って取り外す。
そしてアダプタから取り出したSDHCカードをPCのSDカードスロットに挿す。

認識された結果は・・・というと、無事認識された。
別にすぐさま何か使う用があるというわけではないが、使えるようになっただけでなんかうれしい。
ちなみに、当然ながら元のアダプタに挿しても問題無く使える。
7.48GBと容量が減っているように見えてなんか損したような気分だが、これは数え方の問題なので仕方が無い(笑)。

しかし、あとから策定された規格にも関わらず、ソフトウェアのアップデートで対応とはやるなー、って感じ。ちょっと見直した(誰を
  1. 2009/11/24(火) 23:15:29|
  2. PC/携帯/ソフトウェア
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


急遽りんごジャム作ってみた。>> | ホーム | <<続・続・続・外国人はわかってる。

コメント

こんにちは。再びご紹介有難うございます。
うー、私のと較べると、理想的な穴サイズですね。位置決めは、やはり数をこなして、と言いたいところですが、もうタマは尽きたみたいですね<<99。

さて、私も元祖SS1600使ってるので、同じSSシリーズならと思い、ホットフィックスとPANAのフォーマッタを導入してみました。
が・・・、認識ならずでした。

考えてみれば手元のSS1600は上限1GBで、標準SD2GBのカードさえ認識しませんから、SDHC化以前の問題かも。出直します、トホホ。
  1. 2009/11/25(水) 01:38:26 |
  2. URL |
  3. RadioSioz #-
  4. [ 編集]

>>RadioSioz さん
こんにちは。穴あけに記事参考させて頂きました。ありがとうございます。
うちもドリル刃はφ1.5mmまでしかなかったのですが、工具を漁っていたら極細の精密ドライバが見つかってラッキーでした。ただドライバだと先端がフラットなので回すときに位置がずれやすいのが難点ですね。

>SS1600は上限1GBで、標準SD2GBのカードさえ認識しません
いろいろぐぐってみると、2GBが使えてるという記述があったりカードの相性が厳しいという記述があったりとなんかいろいろですね。あるいは個体差か経年劣化でしょうか。
SS1620はいろいろと熟成されているのか今のところトラブルは皆無です(まだ使用1ヶ月半ですが)。使い勝手もいいし軽いし液晶もLetsと較べるときれいで、いいですねこれ。無線LAN無しモデルだったのだけが残念ですがお買い得でした。
  1. 2009/11/25(水) 10:12:55 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3454-2772465e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。