QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ガバナンスが緩いってレベルじゃねーぞ

変態新聞意味不明すぎるw。

  NYタイムズの記者クラブ廃止についてのインタビューに毎日新聞の記者が「誰か自殺したら誰が責任とるの?」と意味不明な回答 (デジタルマガジン)

 

日本特有の悪しき制度、記者クラブ。日本の大手マスコミしか基本的に加入できない会員制度を設けており、会員以外を記者会見からシャットアウトするこの制度を、ニューヨーク・タイムズが記事として取り上げていた。

 記事の主な内容は、この制度のために亀井金融相が週に2回連続して記者会見を開いているというものだが、この中で記者クラブの廃止について聞かれた毎日新聞の古田信二記者が、驚きの回答をしていた。

 「(記者クラブは)そんなに閉鎖的ではありません。ケース・バイ・ケースで非会員の参加も認めています。(仮に廃止したとして)もし偽ジャーナリストが記者会見中に自殺や焼身自殺をした場合、一体誰が責任を取るのですか?


いったいお前は何を言ってr(ry
元記事はこれらしいのだが、


  New Leaders in Japan Seek to End Cozy Ties to Press Clubs (The New York Times)

“What if someone tried to commit suicide or burn themselves to death at a press conference? Who would take responsibility for that?” Mr. Furuta asked.


あーほんとに言ってるね(笑)。
なぜそこに焼身自殺が出て来るんだw。変態新聞はから下まで逝っちゃってるな。
「テロリストが記者に化けて入り込んだら不味いだろ」みたいな回答ならまだわかるんだけど。
それにしたって、基本的にオープンな海外の会見でも参加記者の身分照会は事前に行うようだし、セキュリティチェックを厳しくすればいいだけの話なんだけどね。

まあ、毎日新聞の記者が「記者クラブの特権を奪われたのでかんしゃく起こる。着火!」とかだったらわからないでもないんだけどw。
  1. 2009/11/26(木) 00:33:20|
  2. メディア - マスコミかカスゴミか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


サンマのトマトグラタン ver.2>> | ホーム | <<Geforce 310登場

コメント

某国であった僧侶の抗議焼身自殺でも連想させようとでもしたのでしょうかね、いかにもジャーナリストでございという顔でもしてw

まぁポッポ婦人なら、笑いながら「人間バーベキューでしょアレ」とかいって旦那と笑ってそうですが。

本会議中に気化爆弾でも放り込んでやろうかしらん。
アカヒ、ゴミウリ、売日新聞もついでにやってしまいたいものです。

心穏やかにzakさんとイヤホン話が出来るようになるのはいつの日になるのでしょうね~

(~^)〉
  1. 2009/11/26(木) 02:38:15 |
  2. URL |
  3. Jackey #-
  4. [ 編集]

>>Jackey さん
>某国であった僧侶の抗議焼身自殺
オレは国旗とかなにかしらにすぐに火をつけたがる民族を連想しました。
とっさに"焼身自殺"が出てくるとはいったい何なんだと(笑)。

>心穏やかにzakさんとイヤホン話が出来るようになるのはいつの日になるのでしょうね~
とりあえずオレは収入源をまず確保しないと心穏やかには・・・・・orz
少なくとも4年間は無駄になったことが確定ですからね。そのあといったい失われた何年になるのか・・・・・。
  1. 2009/11/26(木) 10:11:18 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3458-d507e13e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。