FC2ブログ
QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

シルミド観た。

訓練シーンは過激なマッシュとかフルメタルジャケットって感じで特にどうとも思わなかったけど、作戦を中止されて目的を失った隊員のもどかしさは伝わって来たな。部隊の抹殺命令が下った後の指導兵同士の軋轢とか。そういう人間ドラマな部分はグッときた。やくざのオヤジとチェ二曹がよかったね。飴玉買ってるし(泣)。
北の歌もひとつのモチーフになってたけど、それだけ北のことを叩き込まれたんだなって。

バリケード突破シーンなんて人質にかまわず銃撃ですか?さっすが近代民主国家。ていうかアメリカを見習った(映画「ガントレット」を参照のこと)?

終わり方(報告書が古びたロッカーにしまわれて終わり)は狙った感じだったけど、非人間的な感じでよかったよ。
でも本来軍隊とか政治ってこういうもんだろうし、種死の監督夫妻に見せてやりたいよ。

大筋は知っていたんだけど、いやー想像以上でした。
実際にこんなことやってたんだね。いや今でもやってるのかも。
「他人は自分の鏡」っていうからね。そりゃ日帝の動向も気になるでしょ。
「殺るか殺られるか」の韓国のほうがそりゃよっぽど危険だよなー、と思った一本でした。
  1. 2005/06/05(日) 00:00:00|
  2. 映画/書籍
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


豚のしょうが焼きはどこの料理?>> | ホーム | <<ポルターガイスト・・・・ごっこ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/352-68f9acc8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)