QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

加湿器改造

加湿器+1リットルペットボトル・・・というかぶっ壊しというか。
今年の1月に買ったこの加湿器、最近ドンキとかあちこちで見かけるね。
だいたい2000円弱ぐらいで売ってるのでCPはなかなかいいと思う。
ただしこいつ、MAX500ccのペットボトルで4時間程度の加湿時間。ちょっと短い。
部屋の湿度はすぐに下がるわけではないが、ちょこちょこ給水するのが面倒なので2シーズン目突入ということもあり大容量化を図ってみた。


 
こいつ、500cc以上のボトルをつけようとするとカバーが邪魔で奥まで入らない。
サワー割り用のレモンなどの首が長い700ccのボトルとかだと無改造で付きそうだけど+200ccじゃ何だかイマイチ恩恵薄いし第一オレサワー飲まないしね。
そこで大容量のボトルが付くように、ボトル周りのカバーをぶっちした。カバー開口部を切って広げる手も考えたんだけど、きれいに加工できる自信が無いしいっそはずしてしまった方が潔い。

ただしこのカバーは先端が輪っか状になったタブを本体に挿し込んで内側からかんぬき留めされているので、分解しない限りきれいにはずせない。
しかしここは強引にカバーを上方に引っ張る。そうすると、ぶちっとタブ先端の輪っかが引きちぎれてカバーが取れる。
タブ自体は残っているのでカバーを再度挿して使うことも出来ないことはない。乗っかってるだけだから上に引くと当然すぐ抜けるけど。

元の状態だと500ccまでのペットボトルしかつかないが、今付いてるのはローソン100のコーラの1リットルボトル。
立ち上がっている本体吹き出し部にボトルの外面が接触しているので装着可能なボトルの直径的にはもうこれが限界っぽい。
でもまあ、2倍の容量があれば一晩持つだろう。

大容量のボトルで安定はどうかというと底面が広いせいか思ったより安定している。倒れても一応転倒スイッチがあるしね。
ボトルをただ乗せるだけの構造の機種もあるけど、こいつは一応ボトルの口に取り付けたアタッチメントを本体にねじ込んで固定するようになっているから結構がっちり止まってるし。
まあなんにせよ規格外の使い方なのでもちろんお奨めはしないけど。

いじったついでに清掃をしてみたのだけど、1シーズン掃除していなかったので案の定フィルターは水道水のスケールでカチカチ。蒸発皿にもこびりついていた。
これだけはまめに掃除するか使い捨てにするかしか手は無いんだよなあ。


【追記】
実際これだと7時間半ぐらいは持つようなので、とりあえず満足。
  1. 2009/12/27(日) 17:27:04|
  2. ゲーム/おもちゃ/ガジェット
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


冬のソナタ仕様microSD>> | ホーム | <<今日の晩飯

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3528-9917501f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。