QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ここが秘書の稼ぎどころw

不祥事が露見したら議員の分まで全部引っかぶってトカゲの尻尾切りって政党だし、これぐらいのうまみがないとやってらんないってかw。

  仕分けしろ!民主議員秘書“兼職”パラダイスでウハウハ(ZAKZAK)

 

国会議員を支える公設秘書の兼職が横行している。公設秘書181人が民間企業や労働組合などと兼職し、うち民主党系が7割に上る“兼職天国”の実態が、衆参両院に提出された資料で分かった。公設秘書の兼職は国会議員秘書給与法で原則禁止。ところが、議員の許可で兼職できる「抜け道」があるのだ。公設秘書の給与は国費から支払われており、兼職先との「給与の二重取り」批判は避けられない。

 国会議員は議員1人に対し、政策、第一、第二の公設秘書3人を雇用できる。秘書給与は年齢や在職期間にもよるが、年収ベースで522万円から1000万円強。一方、兼職については、総選挙や参院選があった時点で、兼職が解消されたとみなされ、選挙後に衆参両院議長あてに兼職届を提出する必要がある。

 衆参両院に提出された資料によると、兼職の内訳は次の通り(衆院は10日、参院は8日現在)。

 兼職している公設秘書181人で衆院105人、参院76人。このうち民主党系が7割の127人(衆院84人、参院43人)に上り、自民党29人、公明党8人、みんなの党6人-と続く。兼職先から給与など何らかの報酬を受けている公設秘書は、衆参合わせて100人近くで、残りは無報酬だ。民主党の樋口俊一議員の公設秘書のように、7つも兼職し、1年で計1020万円の報酬を受けているケースもある。

 また、兼職を許可した国会議員は衆院91人、参院68人の計159人。政党別でみると、民主党議員が117人の73%を占める。次いで自民党27人、公明党4人、みんなの党3人-の順だ。

 昨年夏の総選挙で民主党議員が大幅に増えたのに伴い、秘書兼職の割合も高まった格好だが、問題視されているのが民主党系秘書の労働組合との兼職で、労組出身の民主党議員9人が兼職を許可。「政労癒着の温床になりかねない」(野党議員)との指摘があるのだ。

 通常国会における衆院予算委員会でも、公明党の富田茂之議員が労組兼職秘書問題を追及。公設秘書2人が全トヨタ労組連合会などを兼職している直嶋正行経産相をやり玉に挙げて、こう指摘した。

 「秘書がトヨタ労組などからの月収を合わせて年600万円ももらっている。原則と例外が完全に逆転している。不況下、中小企業の経営者がみたらどう思うか」

 「自動車産業も監督する大臣として、職務の透明性や公平性に疑念も出てくる。大臣在任中は兼職をやめたらどうか」 

 対する直嶋氏。「組合活動へのアドバイスや政府の資料提供など、秘書の仕事に差し支えないところでやっている」とする一方で、「率直に言って秘書給与以外の報酬は多い」とも。閣僚在任中の秘書兼職の解消については、「少し考えさせてほしい」と述べるにとどめた。

 富田氏は夕刊フジの取材に対し、「直嶋氏が言うように、情報提供しているだけで報酬がもらえるなんて勤務実態がほとんどないのに等しい。国民の視点からみておかしい」と首をかしげる。

 政策担当秘書経験のある、政治ジャーナリストの安積明子氏もこう指摘する。

 「不動産賃貸収入を会社組織にして得ている場合などは別だが、議員秘書がまともに仕事をしていれば、兼職のヒマはない。それでも両立しているのならば、兼職を許可した議員が仕事をしていない証拠。兼職先にとって仕事が不十分でも報酬を支払うのは、事実上の『裏献金』と疑われてもやむを得ない」

 ベテラン秘書の1人も、「公設秘書が兼業先の給与を国会議員に寄付している可能性がある。事実上の迂回献金だ。収支報告書に掲載していれば問題ないとはいえ、道義的にズルイやり方だ」と指摘する。


 問題が表面化してから、兼職を解消する書類を提出した議員も見受けられるが、あまりにも国民目線からかけ離れているといえそうだ。


>問題視されているのが民主党系秘書の労働組合との兼職で、労組出身の民主党議員9人が兼職を許可。「政労癒着の温床になりかねない」(野党議員)との指摘があるのだ。
ははは、何を今更。民主党が支持母体の組合、自治労や日教組とズブズブだなんてことは以前から散々指摘されてることじゃないかw。

>道義的にズルイやり方だ
「秘書のやったことは議員の責任」と嘯いていた平成の脱税王が首相の座にしがみついていて、「検察の横暴と徹底的に戦う」と吼えていた平成のマネーロンダリング王が数多ある疑惑のうちの一つでしかない虚偽記載の不起訴が決まったとたん「捜査は適正、疑いは全て晴れた」と幹事長の座にしがみつくような政党で、しかも党内から殆どそのことについて批判が出ないんだから、「塀の内側に落ちなきゃ何やってもOK。道義?何それ美味しいの?」と党ぐるみで考えていたとしても何の不思議もないよね。

それにしても民主党はホント金の話題が絶えないな。金回りが良さそうで羨ましい。
ナチス山岡は「国会は政策を論議する場であり、国民生活と直接関係のない政治とカネの問題をメインにやるわけにはいかない」とか寝言を言ったらしいが、漢字テストやカップ麺の値段当てなら国民生活と直接関係があるとでもいうのかね。
どんだけ金に汚いんだよw。公務員人件費削減する前にまずこいつら仕分けしろ。


  【政治】民主・山岡氏「国会は政策を論議する場であり、国民生活と直接関係のない政治とカネの問題をメインにやるわけにはいかない」(ADON-K@戯れ言)

自民党の川崎国会対策委員長は、民主党の山岡国会対策委員長と会談し、政治とカネをめぐる事件で、民主党の小沢幹事長や関係者の国会招致などを求めるため、与野党の国会対策委員長会談を開くよう申し入れましたが、山岡氏は応じられないと答えました。

自民党は、22日朝の臨時役員会で、鳩山総理大臣や民主党の小沢幹事長の政治資金をめぐる事件で、小沢氏本人や関係者の国会招致などを与党側が確約しないかぎり、予算審議に応じない方針を決めました。
これを受けて自民党の川崎国会対策委員長は、民主党の山岡国会対策委員長と会談し、「国会で政治とカネの問題にきちんと取り組む必要がある」として、小沢氏や関係者の国会招致などを求めるため、与野党の国会対策委員長会談を開くよう申し入れました。

これに対し山岡氏は「国会は政策を論議する場であり、国民生活と直接関係のない政治とカネの問題をメインにやるわけにはいかない」などと述べ、応じられないと答えました。これに先立って、自民党、公明党、みんなの党の国会対策委員長は、横路衆議院議長と会談し、国会招致の実現などを求めたのに対し、横路議長は「与野党で十分に協議してほしい」と述べました。


これに審議拒否で対向しようとする自民党も拙いけどなあ(もう復帰したけど)。
強行採決されたら意味無いんだから徹底的に追及しろよ。
  1. 2010/02/27(土) 23:07:48|
  2. 国民が選んだ政権です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


マニフェスト頑張って>> | ホーム | <<津波くんのか

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3672-2dc9d089
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。