QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

とあるCeBITの厳戒態勢

今週ハノーバーで開催されているCeBIT 2010でNVidia GeForce GTX 480のデモが行われているらしい。

  CeBIT 2010会場で“厳戒態勢”。「GeForce GTX 480」に関するベンダー各社の反応から,状況を整理してみた(4games.net)

 

 ドイツ,ハノーバー市のハノーバーメッセで開催されているCeBIT 2010で,NVIDIAは,パートナーであるグラフィックスカードベンダーのブースを一部間借りして,Fermiアーキテクチャを採用した次期フラグシップGPU「GeForce GTX 480」の「Sneak Peek」を実施中だ。
 Sneak Peek(スニークピーク)とは,「こっそり覗く」意だが,現地で行われているのは,クローズドのシステムで,GeForce GTX 480――正確にはGF100――のためのデモである「SuperSonic Sled」を見せるだけというもの。現場でデモを実施しているNVIDIAのスタッフは,製品の仕様や発売時期などについて「ノーコメント」という立場を貫き,システムに近寄っての撮影にも応じない状況である。

 ……NVIDIAが,GeForce GTX 480のSneak Peekを実施すると決定したのは,CeBIT 2010開催の直前だったようだ。
 そのため,パートナー企業の一部では,当初行う予定だった別製品のデモを急遽中止して,NVIDIAのためにスペースを空ける必要に迫られたところもあり,実際,デモ用のディスプレイを用意できていないベンダーもあった。

GIGABYTE TECHNOLOGY製GeForce GTX 480搭載グラフィックスカードの製品ボックス。グラフィックスメモリ構成が1536MBのGDDR5で、HDMIのミニコネクタと7.1chサウンド出力に対応すると分かる
 ある意味,ピリピリしたムードが漂うGeForce GTX 480のお披露目に,スペースを提供しているパートナー企業の関係者も,「“アレ”については何も言いたくない。ほんの少しでもウチから情報が漏れたと思われれば,痛いしっぺ返しを食らう」と,製品名すら口にするのをはばかるほどの厳戒態勢だ。



  【CeBIT 2010レポート】【GeForce/Tesla編】各社ブースでGeForce GTX 480のデモ(PC Watch)

 今回のCeBITでは、ビデオカードメーカーの各ブースに、GeForce GTX 480を搭載したシステムが設置されNVIDIAのSuperSonicを流すというデモが行なわれたに留まる。ビデオカードそのものの展示がなかったほか、製品スペックについても堅く口を閉ざしている。

NVIDIAがパートナーブースに設置したGeForce GTX 480のデモ機。中を見せてもらうことも、ボードのスペックも一切不可という状況 GeForce GTX 480の紹介ではおなじみとなっているSuperSonicデモを実施。このシステムには、これ以外のデモも入ってないとのこと

 ちなみにこのデモ。実は、ビデオカードメーカーのブースでNVIDIAが直接デモを行なっている。つまり、NVIDIAが各社ブースの一角を間借りしてデモを行なう格好というわけだ。


3月26日にローンチが決定したFermi、GTX480/GTX470。どうやらデモは展示主であるベンダーではなくNVIDIA自身が行うという厳戒態勢で行われ、また厳しく緘口令が敷かれているようだ。

>ちなみにこのデモ。実は、ビデオカードメーカーのブースでNVIDIAが直接デモを行なっている。つまり、NVIDIAが各社ブースの一角を間借りしてデモを行なう格好というわけだ。
>パートナー企業の一部では,当初行う予定だった別製品のデモを急遽中止して,NVIDIAのためにスペースを空ける必要に迫られたところもあり
弾の無い今回、NVはむしろデモスペースを強奪してATI製品の展示スペースを少しでも削ろうって魂胆なんじゃないの?

>「“アレ”については何も言いたくない。ほんの少しでもウチから情報が漏れたと思われれば,痛いしっぺ返しを食らう」
ほう、これは奇しくも昨日のCharlieの記事の内容を裏付けてしまったか?


  Nvidia threatens it's partners at CeBIT (SemiAccurate)
  (NVidia、CeBITでパートナーを脅す)

葬式スレに訳を上げてくれた人がいたので謹んでコピペさせていただく。

大きな国際トレードショーがあって、そしてパートナーに新製品のパーツを供給することすらままならない時、君ならどうする? 脅迫する、というのが今回のCeBITでのGTX480の件でNvidiaが正にやったことだ。

ショーが始まるその直前に、CeBITで話すことについて何が許可され何が許可されないかについて出来の悪いNDA(秘密保持契約)へのサインを、Nvidiaの幹部が走り回ってパートナー達から取り付けていた。
このような数字(リンク:GTX480のベンチスコア)が漏洩することをNvidiaは極度に恐れている。
たとえ遅すぎるにせよ、Nvidiaはその裏づけを取られたくないので、人々を黙らせなければならないのだ。

先週、いくつかのサイトから、SemiAccurateに、もし上記の話にお前達が関わっているのなら切り捨てるとNvidiaから脅されたという報告があった。
この件では、それが文書に残らないようにするだけの知恵はあったようだが、録音が少なくとも1つはある。これが公に出て来ようものなら楽しいことになるだろう。

CeBITでは、それほどの機転すらも働かなかったようだ。言うまでも無く、これはパートナー達の機嫌を最高に損ねてしまい、筆者にその秘密保持契約を見せてくれるというところが2つもあったほどだ。
コーナーに追い詰められて友人が必要な時に脅迫を始めるべきとは言えない。

秘密保持契約はこんな見た目で、画像の下にテキストを記述する。
(画像:Nvidia RULES & REGULATIONS)


Nvidia 規則および規制条項

許可される活動
・Nvidiaの供与するPCおよび内容を用いての3D VisionでのGF100のデモンストレーションの一般公開
・カラーボックス・テンプレートの表示ならびにNvidiaリテールボックスのテンプレートに入っている情報の通りの機能とブランドネーム情報の一般公開

許可されない活動
・一般公開、非公開を問わず、NVIDIAによって供与されたシステム以外による一切のGF100のデモンストレーション
・一般公開、非公開を問わず、パフォーマンスベンチマークの数値の開示
・一般公開、非公開を問わず、NVIDIAリテールボックス・テンプレートに記載された以外の、周波数その他一切の製品仕様の開示
・価格および入手製についての一般公開
・一般公開、非公開を問わず、GF100についての記者会見。記者からのGF100についての問い合わせは全てNVIDIA広報に回してください。
・GF100の機構サンプルの一般公開


そういう事だ。まったくおとなしそうに見える反面、少なくとも2つの条項には脅迫的な言葉が見て取れる。
よくやってくれた、ATIがもしこんな事をしていれば、Nvidiaにこれほどのダメージは与えられはしなかっただろう。
公開されている製品名を使おうともしないメモについて考えを巡らせる必要がある。

ほとんどの疑問点については少し前に解答が出ているが、概括しておこう。
ベンチマークは、GTX470についてはATIのHD5850と同等であり、GTX480はHD5870よりも5パーセントほど上だが、Nvidiaのどちらのカードもより熱い。周波数は625/1250MHzで、予定された750/1500に届かず、消費電力は天井破りだ。

SemiAccurateの見た2つのボックスサンプルは周波数もスペックも書かれておらず、今月末に発売されるという製品にしては実に意味深である。サンタクララでは少なからずパニックが発生しているのだろう。
SemiAccurateが取材した4つのパートナーの言によれば、価格はまだ決まっておらず、それからハイエンドのパーツの入手性については、少なくとも、Nvidiaが届けると約束している分には、基本的には各ベンダーごとに数百ほどらしい。世界中で。それきりだ。

Nvidiaの広報にもいくつか質問したかったが、彼らにはSemiAccurateと話をする理由は無いと言われてしまった。
最後に、機構サンプルの部分でさらに傷に塩を塗ることになる。
大手ベンダー各社が各自でテストするための「実物」が不足している、という事を深読みすると、つまりそういう事だ。
数ヶ月前、470と480合わせても歩留まりはまだ二桁に届いておらず、とにかく出せるものが無く、売る分は言うに及ばない。

貴方がもし、CeBITで圧倒的に強力なGTX480の勝利発表が行われると思っているなら、なぜNvidiaはベンダーを脅迫し、GTX480のデモを四六時中全て見張って、ブースで展示するカードが何かということについて基本的な情報さえベンダーに出さないのか自問したほうが良いだろう。よくやってくれたNvidiaよ!


三週間後に大々的にローンチ(発表か発売かはわからないが)する期待のGPUが、ベンダーにも触らせず一切のデータを口外せず出て来るのはメーカーが行う紋切り型のデモのみというのはかなり異常な事態。もし性能的に競合を上回っているのであれば普通アドバルーンの一つも上げているところだろう。いよいよCharlieの記事が信憑性を帯びてきたな。
まああと3週間のお楽しみなんだけどさ。

>Nvidiaの広報にもいくつか質問したかったが、彼らにはSemiAccurateと話をする理由は無いと言われてしまった。
嫌われてんなCharlie。まあ仕方の無いところだろうな。正直もんは嫌われるんだよw。
  1. 2010/03/03(水) 22:13:39|
  2. インテルと愉快な仲間たち
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


ソフマップの価値>> | ホーム | <<日帝の苛烈な支配

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3690-9e7f3880
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。