QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

外国人参政権推進派の言うことはわけがわかりません

アホだから民主党に入るのか民主党に入ったからアホになったのか。

  枝野行政刷新相、「傍論といえども最高裁の見解」、外国人参政権めぐる最高裁判決で (MSN産経ニュース)

 

 法令解釈を担当する枝野幸男行政刷新担当相は5日の参院予算委員会で、永住外国人への地方参政権(選挙権)付与に関し、平成7年の最高裁判決が判例拘束力のない「傍論」部分で「憲法上禁止されていない」との判断を示したことについて、「傍論といえども最高裁の見解なのは間違いない。行政府で(傍論と)異なる見解をとることは憲法に照らして許されない」と述べた。

 ただ枝野氏は、この最高裁判決に加わった園部逸夫元最高裁判事が産経新聞の取材に「(同判決には在日韓国・朝鮮人を)なだめる意味があった。政治的配慮があった」ことを明らかにした点について「最高裁判事は法と事実と良心に基づいて判決をしているのであって、政治的配慮に基づいて判決したのは最高裁判事としてあるまじき行為だ」と批判した。

 問題の判決は本論で外国人参政権を否定しながら、主文と関係のない傍論部分で「国の立法政策に委ねられている」とした。永住外国人に地方参政権を与えようという動きは、これを機に強まった経緯がある。

 一方、鳩山由紀夫首相は参院予算委で、地方参政権付与について「憲法違反では必ずしもない」と改めて主張し、「世界の20カ国以上が認めている。そういった国が滅びる方向に向かっているのか検証する必要がある」と述べた。地方参政権付与に反対する国民新党代表の亀井静香郵政改革・金融相は「首相が積極的にやろうとしているわけではない」と、首相を牽制(けんせい)した。


>「傍論といえども最高裁の見解なのは間違いない。行政府で(傍論と)異なる見解をとることは憲法に照らして許されない」
はあ、それで、

  「憲法上、わが国に在留する外国人に対し、選挙の権利を保障したものではない」

とした「(判決の)主文」と何故異なる見解を取るのでしょうね?元のインタビューでも、


  「政治的配慮あった」外国人参政権判決の園部元最高裁判事が衝撃告白 (MSN産経ニュース)

判決は特別永住者に限らず、経済的基盤を日本に持ち10年以上在留など一定要件を満たせば得られる「一般永住者」についても、参政権を付与する案の根拠とされている。この点について園部氏は「(一般永住者に)選挙権を即、与えることは全然考えていなかった」と語った。同法案を政府提出とすることにも「賛成できない」と表明した。


>(一般永住者に)選挙権を即、与えることは全然考えていなかった
と明言しているのにね。まあその前に傍論など所詮判事の感想に過ぎないのだけど。
しかも、

>「最高裁判事は法と事実と良心に基づいて判決をしているのであって、政治的配慮に基づいて判決したのは最高裁判事としてあるまじき行為だ」と批判した。
いや、園部逸夫元最高裁判事が「配慮した」と言っているのは明らかに「傍論」の部分だろ。判決読んでないのか?
政治的配慮について言及するなら、

  「最高裁判事は法と事実と良心に基づいて判決をしているのであって、政治的配慮に基づいて『傍論』を述べたのは最高裁判事としてあるまじき行為だ」

となる文脈だろうに。もうわけがわからない。
首相と大臣がこの程度の認識じゃね。いつものことながら、終わってるわ。


  【政治】テレ朝「TVタックル外国人参政権特集」で推進派の評論家が憲法を捏造?★2 (WWW.ニュース)

2010年3月1日のテレビ朝日系「ビートたけしのTVタックル」では、外国人参政権問題を特集した。

外国人の地方選挙参加は憲法で禁止されていないという、1995年の最高裁判決の傍論は大事なものであると、共産党議員の穀田恵二氏は評価した。

これに対して、政治評論家の三宅久之氏が「あなたは憲法の読み方、知らないの」と応酬。「公務員を選定し、及びこれを罷免することは、国民固有の権利である」と読み上げた。そして、その国民とは日本国民であると最高裁は判断したのだと述べた。

すると、東アジア評論家の張景子氏が「そんなこと言ってません。国民とは国籍保持者のみのことではなく、社会の構成員として日本の政治社会における政治決定に従わざるを得ないものをいう」と反論。どこに書いてあるのかと問われると、「憲法の15条の1項に」と明言した。

この発言を聞いた三宅氏は、「そんなことはどこにも書いてありません、それはあなたが作った憲法だよ」と批判し、張氏は反論できずに顔を歪めた。

ところが、穀田氏が「きちんと載ってるんですよ」と張氏を擁護し、それはどこなのかと問われることに。議論がさらに白熱すると、東海大学准教授の金慶珠氏が「そんな話にカッカとなる必要ないって、大事じゃないんです」と述べた。

しかし、三宅氏は納得できず、「あなたの言ったのは偽造憲法だ、それは」と再び張氏を批判。

すると張氏は、「違う、解釈の余地はいろいろあるってことですよ」と釈明した。張氏の主張は、ビッグス・アランという人物が、参政権について国を相手取って大阪地裁に提訴した内容を読み上げたものだった。

つまり、憲法第15条の一つの「解釈」と言いたいようだ。


  

いつものことながら張景子は酷いね。
こういうクズにも言論の自由が保障されてるわけだから共産党が牛耳るどこかの国と違って日本はいい社会だなあとは思うけども。こいつといいアグネスといい、国に帰ってやってくれよって感じw。
動画の最後の方で戦時徴用者245人の件とかやってる。いくら当時の朝日新聞の記事とはいえテレ朝よくやるなあ、と思ったら、案の定朴一がしゃしゃり出てきて相変わらず根拠の無い適当なこと言いまくり。オマエも帰れ。

外国人参政権推進派は、合憲かどうかについて梯子はずされまくりで根拠が何も無いもんだから、法的な効力の無い「傍論」やら、どこぞの訴訟にて主張された憲法「解釈」やら、無理筋の出鱈目ばかり言って主張を通そうとする。
ある意味、どういう種類の人間がどういう理由で参政権を欲しているのか、というのが非常にわかりやすいが。

そして、重要なのは法治を重んじないこういう無理筋のクズどもに参政権を渡したらどうなるかということだ。
  1. 2010/03/07(日) 01:19:07|
  2. 国民が選んだ政権です
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
以下、広告です。
 


ゴア効果(笑)>> | ホーム | <<そして高速道路は、値・上・げ ♪

コメント

さあ、皆さんご一緒に、

『 バ ル 』

-----------------------------
民主と左翼と在日(朝鮮人)と朝鮮人(韓国・北朝鮮・国外で迷惑を掛けているモノを含む)は天高く運ばれていった、

その後、彼らを見た者はいない、
そして、地上には平和が訪れた。

=== F I N ===
  1. 2010/03/07(日) 07:03:45 |
  2. URL |
  3. メロンジュース #HfMzn2gY
  4. [ 編集]

『 バルス 』じゃなくて?
見ろ!ヒトモドキがゴミのようだ!
  1. 2010/03/07(日) 09:26:01 |
  2. URL |
  3. zak #S/G8Z6W.
  4. [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3700-62d89530
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。