QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

不思議不思議

いや、この事件なのだけどね。

  米国で3歳少女が銃を発砲して死亡、「Wiiリモコンと間違えた可能性」と地元紙報道 (痛いニュース)

 

米国のテネシー州ウイルソン郡で、3歳の少女が拳銃を自分に向かって発砲し、死亡するという事故が起こりました。保護者の証言によると、少女は銃型のWiiリモコンアタッチメントと本物の拳銃を誤って使用した可能性があるそうです。

地元紙の報道によれば、事件があったのは先週日曜日の夕方、Noreneにある自宅でニンテンドーWiiをプレイしていたCheyenne Alexis McKeehanさん(3)は、義父のDouglas Robert Cronbergerさんが所持する38口径の拳銃を自らの腹部に向かって発砲。付近の救急センターへすぐに運ばれたものの、死亡が確認されました。

拳銃は近所の犬を追い払うためにCronbergerさんが使用していたもので、その日リビングルームのテーブルに置いてあったとのこと。 CheyenneさんがWiiリモコン用のアタッチメントと拳銃を誤って使用したと話しているそうですが、目撃者がいないためはっきりしていません。


米国じゃ初弾を薬室に装填したまま銃を保管するのがデフォなのか?

いや、あまりコメントでも言及されていないようなので。3歳の幼児がスライド引くか?
で、上記の疑問を銃に詳しく無い人向けに説明すると、自動拳銃というのは弾倉(マガジン)を装着しただけでは引き金(トリガー)を引いても弾は出ない。遊底(スライド)を引いて初弾を薬室(チェンバー)に送り込む必要がある。
薬室に弾薬が送り込まれて初めて発射出来る状態になるのだ。
ちなみに2発目以降は発射時の反動、あるいは火薬ガスの圧力を利用して(この辺はいくつかの方式がある)スライドを動かし、発射済みの薬きょうを排出すると同時に次の弾薬が薬室に自動的に装填される。ここが自動拳銃の自動拳銃たる所以だ。
弾薬が薬室に装填されていれば(多くの場合)引き金を引くだけで弾が出てしまうので、極めて物騒な状態ということになる。

オレが銃でそれなりに知っているのは米軍にベレッタが正式採用された辺りまでなので、最近の銃はあまりよく知らない。この銃もちょっと調べた程度ではわからなかったので少し悶々としていたのだが、


  「米国で3歳幼女が銃をwiiリモコンと勘違いし死亡」の海外反応 (誤訳御免!!)

この画像の上にあるのがスミス&ウェッソンのセミオート・ピストル


とある。こちらの記事ではコメント欄で上記の件に言及してる人がいるね。
そこでもう少し調べてみると、

  S&W .380シグマ (ベビーシグマ)(銃ブログ ~TRIGGER☆HAPPY~)

これだ。なぜか本家S&Wのサイトにもないんだけどねこの銃。シグマシリーズは40口径のやつしか載ってない。
なぜセーフティをかけていなかったのかも不思議だったんだけど、この銃にはマニュアルセーフティがないらしい。
一昔前の自動拳銃にはほぼ必ず引き金を引けないようにメカ的にロックする安全機構が付いていて明示的に撃てない状態にすることが出来たんだけど、この銃はダブルアクションオンリーで、その動作自体がセーフティという考え方のようだ。

ここでまた解説すると、薬きょう内の火薬を激発させて弾丸を撃ち出すには、薬きょうのケツの雷管を撃鉄(あるいはそれに連動する撃針)で叩いてやる必要がある。ダブルアクションというのはこの撃鉄を、①撃鉄を起こす(コッキングという)、②撃鉄を落とす、という一連の2つの動作を引き金を引くことで行う機構のことだ。撃鉄を落とすスプリングの力に逆らうコッキング動作を引き金操作で行うため、後述のシングルアクションの銃よりもトリガーを引く距離(トリガーストロークという)もトリガーを引くのに必要な力(トリガープルという)も共に大きくなる。

これに対してシングルアクションの銃の引き金は予め起こされた撃鉄を落とすことしかできない。撃鉄を起こす動作は別に必要になる。自動拳銃ではないがたとえば西部劇で早撃ちの際反対側の手で撃鉄を起こす動作がそれだ。
多くの自動拳銃の場合スライドの動作に連動して同時にコッキングが行われる。この場合ダブルアクションの銃でも不発でもない限りシングルアクションと同等の動作で予めコッキングされた撃鉄を落とすことになる。そして当然ながらこのような場合はダブルアクションの銃であってもトリガーストローク、トリガープルはシングルアクション並になる。

しかしこの銃はスライドの動作ではコッキングされず、あくまでも引き金の操作だけで撃鉄を起こして落とすダブルアクション動作のみの銃で、そのため常にトリガーストロークは長くトリガープルは重い。
つまり明確に引き金を引き切る意思が無ければ弾は出ないということだ。

ここでもう一つ疑問が生じる。
上の記事によるとこの銃のトリガープルは5.4kg。拳銃でもかなり重い部類に入る。
こちらに主要な銃のトリガープル一覧の資料がある。

  トリガープル / Triger Pull(MEDIAGUN DATABASE)

この5.4kgという数字はコルトパイソンなどダブルアクションのリボルバー並の数値だ。
オレ昔MGCのパイソン持ってたけどトリガーえらい重かったぞ。モデルガンだけど。
例えば5kgの鉄アレイに紐をつけてそれを指先で引っ張る場面を考えて欲しい。そんなことが3歳児に可能か?

幼児の手の届く範囲に弾の詰まった銃を置きっぱなしにするということだけでも論外だけど、任天堂が叩かれるとかそんなこと以前にどうも腑に落ちんことが多いよなあ。
  1. 2010/03/13(土) 18:02:51|
  2. 海外ニュース
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


カブの浅漬け風>> | ホーム | <<ローコストな晩飯

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3734-09fe3cc9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。