QLOOKアクセス解析

人生は雨の日ばかりじゃない  Ver.2

弱かったり 運が悪かったり 何も知らないとしても それは何もやらない事のいいわけにはならない そんなzak_mustangプレゼンツなblog

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

反射鏡だけに

ものすごい跳ね返り方だw。

  反射鏡:「寝ても覚めても日米同盟」の危うさ=専門編集委員・布施広 (毎日.jp)

 

米軍普天間飛行場の移設問題がらみで二つの記事が気になった。一つは米紙ワシントン・ポスト(4月14日)のコラムだ。筆者のアル・カメン氏は、核安全保障サミットで鳩山由紀夫首相がオバマ米大統領とまともに会談できなかったことを皮肉って「最大の敗者」と呼んだ。

 さらに「ユキオ、米国の盟友だろう? 米軍の核の傘の下で何十億ドルも節約しただろう?」と刺激的な発言もある。何より他国の首相を「increasingly loopy」(ますます頭がおかしい)と形容したのには驚いた。

 人気低迷の政治家をからかうのもいいが、他国民への礼節や品位を欠けば説得力も失われよう。このコラムを日米不信の証左とけん伝する人もいるだろうと気にはなったが、内容自体に学ぶべきものはないと思った。

 本質的な問題を含むのは、琉球新報の富田詢一編集局長が本紙「地方発」(4月6日)欄で語った「政府は米国の代理人か」という意見だ。普天間問題における日本の「勝利」は海外移設であり、「敗北」は県内移設もしくは普天間の固定化である、と。本来なら日本の政治家は県外移設をめざして沖縄頑張れと声を上げ、報道機関がこれを補強していいはずなのに、事態はまるで逆だと富田氏は言う。

 ワシントン発の記事についても富田氏は「現行案(辺野古沿岸)がベスト」とする米政府閣僚、高官のコメント紹介に終始していると批判する。この点はメディア全体の傾向としてうなずけるが、海外移設こそ勝利という主張を実現するのは難しいと私は思う。政治家と新聞・テレビがこぞって海外移設を主張し、米政府に譲歩を迫るような事態は考えにくい。元ワシントン特派員として率直な意見を述べれば、日本の多くのメディアは、時の内閣より日米同盟(日米関係)の権威を重く見る価値観を持っていると思うからだ。

 「これは日米同盟を損なう」「それは日米関係に有益だ」という論法でマスコミが政府をいさめ、督励するのは見慣れたパターンである。鳩山政権発足時から一部の新聞は自民党政治の外交政策を継承するよう求めていたし、最近は「日本は米国の忍耐に甘えている」という論調も見られる。これが「米国の代理人」的な印象を生むのかもしれないが、一つの内閣の方針を超えた長期的視野から日本の針路を考えること自体は、むしろメディアの使命といえよう。

 だが、常に米国との関係で物事を論じる日本特有の構図には、大きな問題がある。試みに「日米同盟」という言葉を含む記事を毎日新聞のデータベースで検索すると、湾岸戦争が起きた91年で29件、93年は7件。それが新たな日米防衛協力の指針ができた97年は170件に増え、米同時多発テロが起きた01年は約230件、イラク戦争に突入した03年は約360件と激増する。政権交代があった昨年は最多の約370件を記録した。

 同じトレンドは他の新聞でも見られよう。一つの目安に過ぎないが、日米の「安保」より強い結びつきを示す「同盟」という言葉が多用され、ここ数年は「寝ても覚めても日米同盟」と形容したくなる状況がある。これが将来的にも続くかどうかはともかく、冷静さを忘れてはなるまい。「同盟とは争わないこと。米国を渋面させないこと」というユニークな同盟観に立って、日本が思考停止に陥ってはいないかと心配になるのだ。

 例えば移設問題で「現行案」を支持するのはいいと思う。だが、「現行案」でないと抑止力が保てないという主張の正当性をうまく説明できるか。米国がそれを望むからという理由で満足していいのだろうか。

 コロンビア大学のジェラルド・カーティス教授は「(普天間問題で自民党が)十数年かかってもできなかったものを民主党が政権とって数カ月で結論出せというのはちょっと酷だ。それに政権が代わって普天間問題をもう一度見直すということはおかしいことではない」と語る(「毎日フォーラム」4月号)。

 そうは言っても首相の言動に問題が多すぎて弁護しかねるという事情もあるが、日米の政権交代を機に、世界と東アジアの安全保障を日米が改めて話し合い、沖縄の負担軽減にも努力するのは、本来なら意義深いことだ。日米関係を報じる視点と足場をどこに定めるかという問題も、私たちには特に重要だ。

 普天間の決着期限(5月末)に向けたカウントダウンの中で、真に重要な問題を埋もれさせてはなるまい。歴史がもたらしたチャンスを大切にしたい。


>日米同盟を損なう
どうでもいいがhotoyamayukioがtwitしたのかと思ったw。

>他国民への礼節や品位を欠けば説得力も失われよう。
自国民への礼節や品位を欠いた記事を英語で全世界に垂れ流してた新聞がどこかにあったねえ。
安倍さんも麻生さんも隣国の新聞から「妄言」とかボロクソ言われてた気がするが毎日が庇っていた記憶は全く無いな。ルーピーには優しいね。


  【政治】 鳩山政権、支持率落ちてるが実はマニフェストの取り組み度はかなり高い。公約85%着手、達成2割…毎日新聞調べ (2ちゃんねる瓦版)

毎日新聞は18日、発足から7カ月を経過した鳩山政権について、民主党の衆院選マニフェスト
 (政権公約)などの実施状況を独自調査する「マニフェスト実行度」(7回目)の結果をまとめた。
 10年度予算成立を受け、公約政策のほぼ2割が達成され、着手した政策は85%に達した。
 内閣支持率が急落し、米軍普天間飛行場移設問題の難航など実現が危ぶまれる政策もあるが、おおむね公約に沿った取り組みをしているといえそうだ。

 調査対象の政策178項目のうち、すでに着手した政策は151項目。このうち「達成」した政策は34項目となった。民主党が目玉公約とした子ども手当、高校授業料無償化、高速道路無料化、農家への戸別所得補償などの関連経費が盛り込まれた10年度予算が3月末に成立。高校無償化など一部事業はすでに実施に移された。

 一方、政策実行が「困難」と新たに認定したのが「緊密で対等な日米同盟関係」。鳩山政権内にも普天間移設問題を巡る日米関係の悪化を懸念する声はあり、「主体的な外交戦略」を構築できない状況にある。
 また、「未着手」の政策は25項目。戸別所得補償制度導入と一対となる「米国との自由貿易協定(FTA)の交渉促進」は、鳩山由紀夫首相が「米国から望まれていない状況だ」として先送りする考えを示している。新たな「公約違反」はなかった。
 民主党は今夏の参院選までに、政権公約の実施状況を検証する予定だ。

 一方、与野党は参院選マニフェスト策定作業に着手。鳩山首相が政府・民主党マニフェスト企画委員会に示した「たたき台」では、非営利組織(NPO)や地域支援を進める「新しい公共」や環境を基軸とした成長戦略などの中長期ビジョンや企業団体献金禁止などを明記した。
 一方、自民党は成長戦略を重視。現行約40%の法人税の実効税率を20%台まで引き下げるほか、国内総生産(GDP)名目成長率目標を年4%に設定する案を軸に調整する方針だ。
 http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100419ddm001010060000c.html


>公約政策のほぼ2割が達成され、着手した政策は85%に達した。
>子ども手当、高校授業料無償化、高速道路無料化、農家への戸別所得補償などの関連経費が盛り込まれた10年度予算が3月末に成立。高校無償化など一部事業はすでに実施に移された。
へえ、これが変態新聞の見解なのか。
議論を始めただけで「着手」ね。高速道路無料化がアレで達成か。まるでヒュンダイだな。
そんなに500億が欲しいのか。
  1. 2010/04/20(火) 22:03:43|
  2. メディア - マスコミかカスゴミか
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
以下、広告です。
 


もうミスター・パワハラでいいんじゃね>> | ホーム | <<これが万博開く国か

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://zakmustang.blog26.fc2.com/tb.php/3811-2afd9136
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。